2008年08月20日

日本三景 天橋立 宮津節 【京都】

 

085_01.JPG


085_02.JPG


085_03.JPG



『天の橋立』

 宮津節

 二度と行くまい
 丹後の宮津
 縞の財布がからになる
 丹後の宮津で
 ピンと出した

 天の橋立
 日本一よ
 文殊菩薩に
 智恵の餅
 丹後の宮津で
 ピンと出した

 天橋立みやげ



入手場所:天橋立近くのお土産屋さんにて
入手年:2008年


まだ寒かった3月、西国巡礼で京都の日本海側にある松尾寺さんと成相寺さんへ参拝ツーリングに行きました。松尾寺ではまだ雪がたくさん積もっていたりしたので、単車は気合いだー!と、震えながらも舞鶴・宮津界隈を走りまわりました。

帰り際に寄った天橋立。これまで何度も来ていますがなぜか手ぬぐいチェックをしていませんでした。日本有数の観光地、日本三景・天橋立だけに手拭いもばっちり取り揃え。他にも2種、絵柄の違うものがお土産屋さんに売られていますが、一番見た目の地味なこちらに惹かれて選んでみました。なかなか味のある一枚です。

これで日本三景、宮島・松島・天橋立、手拭いコンプリート達成です。個人的には宮島の手拭いが一番カッコいいと感じています。景色の素敵さはちょっと甲乙つけがたいかなぁなんて思ってます。美しい日本万歳!


◎参考手拭い→『日本三景 宮島 【広島】
◎参考手拭い→『日本三景 松島 【宮城】



天橋立観光協会HP→(http://www.amanohashidate.jp/
丹後海陸交通株式会社HP→(http://www.tankai.jp/



所在地→京都府宮津市字文珠
地図→



31490027.jpg

天橋立、小天橋側からの海。[AGAT-18K撮影]


31490028.jpg

小天橋。ええ雰囲気です。[AGAT-18K撮影]


31490025.jpg

成相寺さんの奥にある展望所から天橋立を望む。[AGAT-18K撮影]


SBSH0228.jpg

以前から気になっています。125cc以下の単車は天橋立を走ることができるのです。ご迷惑にはならないように、いつか走ってみたいものです。




<観光>
(085)
 
posted by なこんぶ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

歴代総理 伊藤博文〜福田康夫 【東京】

 
084_01.JPG

084_03.JPG

084_02.JPG 
 


明治

伊藤博文 (第1・5・7・10代) 
黒田清隆 (第2代)
山縣有朋 (第3・9代)
松方正義 (第4・6代)
大隈重信 (第8・17代)

大正

桂 太郎 (第11・13・15代)
西園寺公望 (第12・14代)
山本權兵衞 (第16・22代)
寺内正毅 (第18代)
原 敬 (第19代)

高橋是清 (第20代)
加藤友三郎 (第21代)
清浦奎吾 (第23代)
加藤高明 (第24代)

昭和

若槻禮次郎 (第25・28代)
田中義一 (第26代)
濱口雄幸 (第27代)
犬養 毅 (第29代)
齋藤 實 (第30代)
岡田啓介 (第31代)

廣田弘毅 (第32代)
林 銑十郎 (第33代)
近衞文麿 (第34・38・39代)
平沼騏一郎 (第35代)
阿部信行 (第36代)

米内光政 (第37代)
東條英機 (第40代)
小磯國昭 (第41代)
鈴木貫太郎 (第42代)
東久邇宮稔彦王 (第43代)

幣原喜重郎 (第44代)
吉田 茂 (第45・48・49・50・51代)
片山 哲 (第46代)
芦田 均 (第47代)
鳩山一郎 (第52・53・54代)

石橋湛山 (第55代)
岸 信介 (第56・57代)
池田勇人 (第58・59・60代)
佐藤榮作 (第61・62・63代)
田中角榮 (第64・65代)

三木武夫 (第66代)
福田赳夫 (第67代)
大平正芳 (第68・69代)
鈴木善幸 (第70代)
中曽根康弘 (第71・72・73代)
竹下 登 (第74代)

平成

宇野宗佑 (第75代)
海部俊樹 (第76・77代)
宮澤喜一 (第78代)
細川護煕 (第79代)

羽田 孜 (第80代)
村山富市 (第81代)
橋本龍太郎 (第82・83代)
小渕恵三 (第84代)
森喜朗 (第85・86代)

小泉純一郎 (第87・88・89代)
安倍晋三 (第90代)
福田康夫 (第91代)

Prime Minister

歴代総理



入手場所:参議院別館売店にて(憲政記念館売店にもあります)
入手年:2008年


2年前の夏、国会議事堂手拭いがあると聞き欲しいという不純?な動機から、靖国神社に参拝したあと歩いていってみた国会議事堂。そのときは休日で見学ができませんと、いうことで残念ながらしょんぼりしつつ帰る、ということがありました。

そのリベンジで今回向かってみた国会議事堂。東京駅の方向から向かうと正面に出ますが、見学の入口はぐるっと回った裏側にあります。
なかなか厳重なチェックを受けたあとl案内の方がついてくれて小一時間ほどの見学ツアースタート。
小学校の修学旅行で来たことがあるはずですが、まったく記憶にありません。なかなか見られるものでもないので、ほぅほぅフムフムへぇー、ってな感じでじっくりと国会議事堂の中を眺めてきました。
ちなみに衆議院のほうは紹介がないと入れないそうで、参議院は予約もなしでいきなり行っても平日なら見学できます。

さて、今回の重要なミッション。国会議事堂手拭いはいずこに!?

正面入口に向かって右方向にある憲政記念館の横のバス用駐車場のところにある売店、こちらに国会グッズがてんこもりでした。国会グッズ、ツッコミどころもてんこもりでしたが。

ですが、、なんと、国会議事堂手拭いが売り切れ!
売店のおばちゃんが、ついさっき団体のお客さんが買い占めていったと・・・。ガックリする私におばちゃんが教えてくれたのが、参議院会館の売店。実際には参議院別館というところにキヨスクみたいな売店がありました。

無事に手に入れることのできた国会議事堂手拭い。
でも、今回はあえてこちらの「歴代総理」手拭いを掲載しました。おりしも福田改造内閣発足ということで。

見た瞬間にちょっと笑ってしまったインパクトのあった印刷モノのこちらの手拭い。

個人的には懐かしい村山さんの眉毛がしっかり白く描かれているのに、総理大臣といえば中曽根さんと感じる昭和40年代生まれの私には、中曽根さんのあの・・・バーコードな髪型が描かれていないのが残念でなりません!はい。

昭和の子の私には千円札でおなじみの伊藤博文さんから、誰だかぜんぜん知らない歴代総理、小泉さんから福田さんまでずらりと。よく見るとバックに国会議事堂の絵柄が入っていたりする上に、お値段も210円と庶民価格でなかなか面白い一枚です。

そして。国会議事堂見学をしなくても手ぬぐいは買える、ということが今回判明しました。
でも機会があればぜひ国会議事堂見学をされることをオススメいたします。


参議院HP→(http://www.sangiin.go.jp/


所在地→東京都千代田区永田町1丁目
地図→



89610036.jpg

法務省。こちらも資料室を見学できます。でも、小難しいのでなにがなにやらですが。[AGAT-18K撮影]
 

89610037.jpg

国会議事堂。見えてくるとなかなか興奮します。[AGAT-18K撮影]


89610039.jpg

国会議事堂正門前から。見学入口は裏からですが、帰りはこちらから出てくることができます。[AGAT-18K撮影]

 
 


<歴史/社会見学/観光>
(084)
 
posted by なこんぶ at 18:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。