2009年10月25日

第十八番 紫雲山 頂法寺(六角堂)【西国巡礼/京都】

 
sai_18_01.JPG

sai_18_02.JPG 



『第十八番 紫雲山 頂法寺』

わが思う心の
うちは
むつのかど
ただまる
かれと
いのる
なりけり

西国第十八番
六角堂



京都にある西国さんを自転車で巡ろうツアーで一番最初にお参りした六角堂さん。街中にあるのでこれまでも何度も参拝したことがありました。周辺にはオサレ若人が集う新風館やレトロな外観の京都文化博物館など、四条河原町界隈とは違う京都なお洒落さ。
阪急烏丸駅を降りて北上してちょっとお散歩しよか〜というときには六角堂さんに寄るのがこの界隈を歩くときの基本になっています。

いけばなの池坊発祥の地なんだそうで、お隣のビルにはいけばな資料館があり、生け花が飾られていたりととても綺麗です。

なんといっても六角堂さんの良さは周りのビルに取り囲まれている中で、境内の中だけはのんびりとしているそのオアシスのような雰囲気だと思います。
京都の真ん中!といわれる「へそ石」というのがあったりお地蔵さんが並んでいたり、境内をのんびり見て周るのも楽しいです。

お隣の池坊さんのビルにある展望エレベーターから六角堂を見下ろすと、ほんまに六角やな〜というのがわかってとても楽しいですので、お参りに行かれるときにはぜひ!

ご詠歌が入り、六角堂の屋根が描かれ鳩さんが飛び交う六角堂の手ぬぐい、六角堂界隈のオシャレさに負けないオシャレな一枚に仕上がっていると思います。




ご詠歌
わが思う 心のうちは 六の角 ただ円かれと 祈るなりけり

ご朱印(平成十九年九月十七日)

syu_18.JPG



所在地:京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町







西国三十三所HP→(http://www.saikoku33.gr.jp/
六角堂HP→(http://www.ikenobo.jp/rokkakudo/




18rokkaku01.JPG
鳩さんが仲良さそうに。ほんわかした雰囲気です。[AGAT18K撮影]




18rokkaku02.JPG
境内のお地蔵さんたち。[AGAT18K撮影]



18rokkaku03.JPG
池坊ビルの展望エレベーターから六角堂を上から眺めることができます。[AGAT18K撮影]






<寺院/西国三十三ヶ所>
(西国18/118)
 



posted by なこんぶ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

第十七番 補陀洛山 六波羅蜜寺 【西国巡礼/京都】

 
sai_17_01.JPG

sai_17_02.JPG


『第十七番 補陀洛山 六波羅蜜寺』

空也上人立像

西国第十七番霊場
六波羅蜜寺



六波羅蜜寺さんといえば個人的には京都で何度もお参りに行っている西国さんのお寺さんです。四条河原町界隈からふらふらとお散歩していくにはちょうどいい具合に位置しています。

西国巡礼を始める前から売られている手ぬぐいをずっと愛用してきました。

六波羅蜜寺(西国霊場第十七番)【京都】
http://nippontenugui.seesaa.net/article/25784001.html

↑こちらの上下に分かれたデザインのほうも素敵ですが今回紹介している手ぬぐいも六波羅蜜寺さんの本堂と空也上人の絵入りでなかなかいい感じに仕上がっております。

この日は京都市内の西国さんを自転車で巡ろうツアーでしたが、以前に雪の日に京都入りしてお参りにいったときの六波羅蜜寺さんはまた格別の雰囲気で素晴らしかったですね。

またのんびりとお散歩しながらお参りにいきたいなと思っています。




ご詠歌
重くとも 五つの罪は よもあらじ 六波羅堂へ 参る身なれば

ご朱印(平成十九年九月十七日)

syu_17.JPG



所在地:京都府京都市東山区松原通大和大路東入ル







西国三十三所HP→(http://www.saikoku33.gr.jp/
六波羅蜜寺HP→(http://www.rokuhara.or.jp/




17rokuhara01.JPG
2008年雪の六波羅蜜寺にお参りに行ってみました。[AGAT18K撮影]




17rokuhara02.JPG
雪の日もとても素敵な雰囲気でした。[AGAT18K撮影]



17rokuhara03.JPG
紅葉の季節の六波羅蜜寺もやはり素敵なのです。[AGAT18K撮影]



17rokuhara04.JPG
雪の東山を散策するのはなかなかあじわえない良さでした。[AGAT18K撮影]






<寺院/西国三十三ヶ所>
(西国17/117)
 

posted by なこんぶ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

第十六番 音羽山 清水寺 【西国巡礼/京都】

 
sai_16_01.JPG

sai_16_02.JPG


『第十六番 音羽山 清水寺』

西国第十六番霊場詠歌
音羽山清水寺

松風や
音羽のたきの
清水を
むずぶこころは
すずし
かるらん



お寺としての知名度は日本一!といっても過言はないと思う清水寺さん。清水の舞台を知らない日本人はいないんじゃないでしょうか。
しかしながら!この清水寺さんが西国巡礼第十六番札所だということはあんまり知られてないのでは?

かくゆうワタクシめも存じ上げませんでした!
西国巡礼を始めてから、ほーーあの清水寺って西国のお寺さんなんや〜と驚いた次第でございます。

その有名な清水さん、拝観料を納めて参拝に行ったのはもう記憶も薄い若かりし頃。東山周辺にお散歩に行ったことは幾度となくあっても清水寺さんに入ったのは随分と久しぶりのことでした。

いつ行っても観光客がひしめいている清水さんなので、もう少し人の少ない時期をねらって行けばいいものを。何を思ったのかまだお正月気分全開な1月5日に参拝に行くことにしました。

だ、だいじょうぶかね?と心配になってしまうほど清水の舞台には人・人・人。そんな中、西国巡礼のご朱印所に行ってみると・・・あ、あれ?誰もいません。
これだけ人いてるのに西国巡礼で来てはる人は誰もいてへんのんかーと少々寂しくなりながらご朱印を頂戴いたしました。

手ぬぐいには期待どおりに清水の舞台が描かれています。お値段は清水の舞台から飛び降りるほどではございません。ご安心のほどを。
世界遺産手ぬぐいやで〜!と手にした手ぬぐいに浮かれながら、お正月の清水さんを堪能させていただきました。
海外からの観光客の方の皆さんのお土産にぜひオススメしたい手ぬぐいです。



ご詠歌
松風や 音羽の滝の 清水を むすぶ心は 涼しかるらん

ご朱印(平成二十年一月五日)

syu_16.JPG



所在地:京都府京都市東山区清水







西国三十三所HP→(http://www.saikoku33.gr.jp/
清水寺HP→(http://www.kiyomizudera.or.jp/




16iyomizu01.JPG
仁王門。そういえば以前改修工事をされていて見られなかったことを思い出しました。[AGAT18K撮影]




16kiyomizu02.JPG
本堂の清水の舞台。遠くに京都タワーがかすかに。[AGAT18K撮影]



16kiyomizu03.JPG
観音さんにお参りして、この独特な風景を眺めて。やはり素敵だと思います。[AGAT18K撮影]



16kiyomizu04.JPG
またいつかこの風景を眺めにお参りに行きたいものです。[AGAT18K撮影]






<寺院/西国三十三ヶ所>
(西国16/116)
 

posted by なこんぶ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

第十五番 新那智山 観音寺(今熊野観音寺)【西国巡礼/京都】

 
sai_15_01.JPG

sai_15_02.JPG

『第十五番 新那智山 観音寺』


西国第十五番

昔より
たつともしらぬ
いまくまの
佛のちかい
あらたなりけり

今熊野観音寺



京都の市街地の中に西国のお寺さんが5つあります。それぞれを歩いて巡るとちょっと距離があるんです。単車で行って巡るのも味気ないなぁと、思い浮かんだのがレンタサイクルして走り周る方法でした。
しかしながら京都の観光用のレンタサイクルは少々お高いんです。そこで登場したのが阪急レンタサイクル!→(http://rail.hankyu.co.jp/service/rental02.html)一日300円で自転車を借りられます。京都の市街地にいちばん近いところで借りられるのが、阪急西院駅です。

そういったわけで自転車を借りゴキゲンで出発して京都市内を走りまわりました。
西院から六角堂→行願寺→六波羅密寺→今熊野観音の順で巡り、今は移転してしまった京都でいちばんお気に入りだったカフェ・さらさ富小路がちょうど最後の営業日!だったので惜しみつつご飯を食べたり、運良く京都国立博物館が無料開放日やったので風神雷神の絵を眺めに入ってみたり、のんびりと一日中寄り道をしながらの巡礼サイクリングでした。(清水寺さんだけは坂と観光客の方が多いので別の日にお参りにいくことにしました。)

今熊野観音さんへ自転車で行くには東大路通りから泉湧寺道に入り、すごい坂が待ち受けています!!自転車を降りてしまうと負けてしまうような気がして(?)気合い一発、一気に駆け上がりました。

あたたかく迎えてくれた朱色塗りの鳥居橋と本堂の絵柄とご詠歌の入った今熊野観音寺さんの手ぬぐい。
チャリンコで駆け上がった思い出とともに、自転車で走るときには頭に巻いて使いたいと思っています。

自転車で巡る京都市内西国巡礼、巡り方は色々な方法があるかとは思いますがとてもオススメしたい楽しい方法だと思います。



ご詠歌
【昔より 立つとも知らぬ 今熊野 ほとけの誓い あらたなりけり】

ご朱印(平成十九年九月十七日)

syu_15.JPG



所在地:京都市東山区泉涌寺山内町







西国三十三所HP→(http://www.saikoku33.gr.jp/
今熊野観音寺HP→(http://www.kannon.jp/




15imakuma01.JPG
参道をあがってくると見えてくる朱塗りの鳥居橋。手ぬぐいにも描かれています。[AGAT18K撮影]




15imakuma02.JPG
平成21年11月1日〜30日、平成22年5月1日〜31日、十一面観世音菩薩・結縁御開帳とのことです。[AGAT18K撮影]



15imakuma03.JPG
本堂と後ろ手に見える医聖堂。[AGAT18K撮影]






<寺院/西国三十三ヶ所>
(西国15/115)
 

posted by なこんぶ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

第十四番 長等山 園城寺(三井寺)【西国巡礼/滋賀】

 
sai_14_01.JPG

『第十四番 長等山 園城寺』

西国第十四番御詠歌

いでいるや なみまの月を 三井寺の かねのひびきに あくるみずうみ

総本山三井寺


平成十九年の年末、クリスマスに西国巡礼ツーリング!と滋賀の西国のお寺さんを巡ったとき、一番最初にお参りに行ったのが三井寺さんでした。夕方やっとの思いで到着してなんとか参拝の時間に間に合いました。

ぎりぎりの時間だったのであまりのんびり参拝できずに残念でしたが、紅葉のなごりの赤い落ち葉を踏みしめて、夕暮れ時の琵琶湖を眺めながら静かに参拝させていただきました。

手ぬぐいはいたってシンプルなつくりでご詠歌のみが入っています。
せっかく美しい琵琶湖の玄関口にあるお寺さんなのですから琵琶湖をもっと感じられる手ぬぐいを作ってくださったらなぁなんて思いましたが・・・こちらの手ぬぐいを使うたびに美しい琵琶湖の風景を思い浮かべながら使おうかなと思っています。

また時間のあるときにゆっくりと参拝してみたい三井寺さんでした。




ご詠歌
いで入るや 波間の月を 三井寺の 鐘のひびきに あくる湖

ご朱印(平成十九年十二月二十三日)

syu_14.JPG



所在地:滋賀県大津市園城寺町







西国三十三所HP→(http://www.saikoku33.gr.jp/
天台寺門宗総本山園城寺・三井寺HP→(http://www.shiga-miidera.or.jp/





14mii01.JPG
仁王門。さぁ到着しました。一礼してこんにちは。[AGAT18K撮影]




14mii02.JPG
赤い落ち葉の階段をわくわくしながら登りました。[AGAT18K撮影]



14mii03.JPG
平成21年10月3日〜11月30日、平成22年3月17日〜4月18日ご開帳とのことです。[AGAT18K撮影]



14mii04.JPG
琵琶湖を一望できる境内にて大津の街と琵琶湖を眺めて。年末の静かな時間が流れていました。[AGAT18K撮影]






<寺院/西国三十三ヶ所>
(西国14/114)
 

posted by なこんぶ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。