2011年11月08日

川湯温泉 大鵬 弟子屈町 【北海道】

 
219_kawayu01.JPG

219_kawayu02.JPG


大鵬

川湯温泉いい気分(温泉)




いよいよ今年の夏の北海道ツーリングで手に入れた手ぬぐいの最後の掲載になりました。
探してみるとあるもんだべ北海道お土産手ぬぐい。

礼文島に渡ってからオホーツク海を南下しつつ2泊。3年前の北海道ツーリングのときと同じようなコースをたどって網走の呼人キャンプ場を出発して女満別→美幌峠→屈斜路湖へと。
美幌峠を越えるときに次々と対向してくる陸上自衛隊の車両におぉーっとなっていたら、初めて我が愛車KLX号と同じ陸上自衛隊仕様KLX2台と行き違いました。もう一回通らへんかな?とわくわくしましたがお会いできず。でも重々しい装甲車もゴーっとやってきたりで峠越えが楽しくできました。

美幌峠から見下ろす屈斜路湖は久しぶり。曇天模様ではありましたが、やっぱりええねぇ!
特になにも考えずに走ってきたのですがここまできたらやっぱり摩周湖は見とかんとあかんやろ〜と思い、昔泊まった和琴半島のキャンプ場を懐かしく思いつつ屈斜路湖畔を北上して川湯温泉経由で行ってみることにしました。

いつ来たときに入ったのか定かでないのですが、川湯温泉の共同湯に入った記憶があります。こういうとこやったかな〜とあやしい記憶をたどりつつ温泉街へ。
温泉街といえばお土産屋ですよ!!川湯温泉には昭和の香り漂うお土産屋さんが数軒。ちょっと手ぬぐい探してみましょうかね〜

店内をくまなくチェックするも手ぬぐいらしき物体は発見できず・・・。そうかぁあらへんかぁ。
しょんぼりしていたところへお店のおじいさんが話しかけてきました。「手ぬぐいってあったりしませんかね?」

手ぬぐいって日本手ぬぐいかね??昔のだったらたしかあったはず・・・。
ごそごそと探してくれるおじいさん。


キターーーーー!!!
現れたのは今回の「川湯温泉・大鵬」手ぬぐいでした!!!!

化粧まわしをつけた大鵬の姿に「川湯温泉」の文字、そしてアイヌ紋様入り。
熱い!!そして素晴らしい。

けっこう黄ばんでいたこの手ぬぐい。いつ頃作られたんですか?と尋ねると、たぶん40年以上前だねぇ。とおじいさん。

まさに昭和の遺産、骨董手ぬぐいの大発見です。
めちゃくちゃ興奮してしまいました。


川湯温泉は昭和の大横綱大鵬が少年時代を過ごしたところ。近くに川湯相撲記念館がありました。
「巨人・大鵬・卵焼き」という言葉を聞いたことはあれど、大鵬さんが活躍してた頃にはワタクシまだ生まれていません・・・。ですから、ほとんど大鵬さんのこと知らへんのんです。
帰ってきてから色々と調べて読みましたが、すごい大横綱やった方なんですね。

ワタクシにとってお相撲さんといえば、やっぱり千代の富士。「体力の限界ーー。」を生で見てた世代です。あまりテレビを見ない父上様が見ていた相撲中継を横に座ってちょこちょこ見ていました。
お母ちゃんは綺麗なお相撲さんといって「北の湖」が好きでしたねぇ。ワタクシは若島津、麒麟児、それから寺尾も好きでした。って男前ばっかりですやん。

そんなわけで昔からお相撲は好きなので、今回の手ぬぐいは大鵬さんをあまり知らなかったとはいえ嬉しい一枚になりました。


千代の富士の手ぬぐいがないかと道南の福島町の千代の富士記念館にも探しに行ったことが何年か前にあるんですがそのときは見つけられませんでした。作ってくれはらへんかなぁ。

今年の西宮の古物商「ひじり屋」さんでの古手ぬぐい展で見つけた昔の大相撲手ぬぐいが一枚あるので、興味のある方は見てみてください↓
「ひじり屋」古布に遊ぶ〜日本の手ぬぐい・あんなんこんなん展vol.4 2011→(http://nippontenugui.seesaa.net/article/209636254.html



新しく建物が建って綺麗になった道の駅「摩周温泉」に大鵬さんの写真が飾られていました。

kawayu08.JPG


精悍でとても素敵な方ですな!!
大鵬手ぬぐい大事にしようと思います。
そして大鵬ファンの皆様、あと数枚重ねられてお土産屋さんに売れ残っています。ぜひ川湯温泉のお土産屋さんで探してみてください。






入手場所:北海道川上郡弟子屈町川湯温泉のお土産屋さんにて
入手年:2011年夏




弟子屈町観光情報ポータルサイト「弟子屈なび」HP→(http://www.masyuko.or.jp/
弟子屈町経済観光課商工観光係HP→(http://www.yac-net.co.jp/masyuko/index.html
弟子屈町役場HP→(http://www.town.teshikaga.hokkaido.jp/





所在地→北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2(川湯相撲記念館)
地図↓








kawayu05.JPG
女満別から美幌峠に向かう道すがら、陸上自衛隊の装甲車とすれ違う。。[PENTAX Optio w90撮影]




kawayu03.JPG
美幌峠から見渡す屈斜路湖。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





kawayu04.JPG
摩周湖から硫黄山方向の景色。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





kawayu06.JPG
ヒグマは3万、エゾシカ10万。であります!手ぬぐいを発見した川湯温泉のお土産屋さんにて。[PENTAX Optio w90撮影]





kawayu07.JPG
川湯相撲記念館。第四十八代横綱大鵬幸喜!![PENTAX Optio w90撮影]





kawayu02.JPG
摩周湖の裏摩周展望台から。霧の摩周湖といいますが、霧の摩周湖をほとんど見たことがありません。2007年撮影。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





kawayu01.JPG
斜里郡清里町にある摩周湖の伏流水でできている神の子池。オショロコマ?が写っています。2007年撮影。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





kawayu09.JPG
宗谷丘陵、ホタテの貝殻を敷いてある白い道にて。
今年の北海道ツーリングもとても楽しかったです。ありがとう北海道。また走りに行かせてもらいます![旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]







<観光>
(219)
 
 


posted by なこんぶ at 22:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。