2012年07月11日

祇園祭山鉾手ぬぐいE 平成二十三年 長刀鉾〜四条傘鉾〜黒主山〜木賊山〜芦刈山〜油天神山

 
naginata2011.JPG

長刀鉾。
お稚児さんが描かれた一枚。


sijyoukasa2011.JPG

四条傘鉾。
以前に手に入れた水色が綺麗な一枚も素敵ですがこちらもなかなか素敵です。


kuronushi011.JPG

黒主山。
一挙に掲載した一昨年の記事に登場している浴衣のオネエサン・手ぬぐい友達クロコちゃんのお気に入り。
額に入れて飾っていていいなーと思っていました。別に作られている黒字に赤で「黒」と書かれた黒い手ぬぐいは山鉾手ぬぐいとしては異色でインパクト大ですが、この手ぬぐいも桜が散りばめられて山鉾そのままの姿でとても美しいです。


tokusa2011_01.JPG tokusa2011_02.JPG

木賊山。
うさぎの描かれた手ぬぐいが代表格かと思いますが、こちらの木賊山さんは手ぬぐいに力入れてはんな〜〜って思います。他にも数種類作られていてどれにしようか迷ってしまいます。今回載せた二枚以外にも猫の描かれた一枚もあって猫好きさんなら要チェックです。


ashikari2011.JPG

芦刈山。
こちらの芦刈山さんもいくつか手ぬぐいを作っておられます。以前に載せた手ぬぐいに続いて昨年はこちらを。可愛らしい一枚やなぁと思います。個人的にはこちらの山鉾の方はとても感じがよくて好印象。また違う手ぬぐい買いに行きますね!


aburatenjin2011.JPG

油天神山。
こちらも以前手に入れたものとは違う手ぬぐい。祇園祭らしさがよく出ている一枚。天神さんらしい型も入っていて素敵です。額に入れて飾りたい!




コンチキチン。

『手ぬぐい、どうどすか〜?』


さて今年もやってまいりました。手ぬぐいの祭典祇園祭!
勝負は山鉾巡行の日ではなく宵々々山〜宵々山〜宵山、この三日間がてぬぐいすと的に熱いのでございます。

まる3年以上かけて全山鉾(売り物の手ぬぐいを作っていない北観音山を除く)の手ぬぐいを集めて掲載して2年。昨年からはのんびりと新作を探しつつ宵山の山鉾を見て歩いてきました。
昨年は山鉾巡行の日が休日だったおかげで久しぶりに動いている山鉾を晴天に恵まれた中で見ることもできました。

一昨年に凄い勢いで手ぬぐいを一気にコンプリートするという荒業をやってのけた友達が、祇園祭は手ぬぐいフェステイバル=「てぬフェス」と言ってましたが・・・昨年一緒に巡って次から次へと見つかる新作の手ぬぐいを見て、こうつぶやきました。「祇園祭はてぬフェスちゃうわ。手ぬぐい地獄や!!」
これを聞いて大笑い。確かに!!
せやけど幸せな地獄やと思うワタクシ。こんな地獄になら喜んで!

そうなのです、毎年新たに手ぬぐいを作られる山鉾さんもちらほらあるので毎年行ってチェックしてみないとわからへんのです。それがまた祇園祭の手ぬぐいへの気持ちを熱くさせるわけなのでございます。

そんなこんなで昨年の祇園祭の宵山も楽しく巡らせてもらいました。
また今年行って新たな手ぬぐいと出会いたいなぁと思っております。

さぁ!祇園祭へ。


「オレの夏は祇園祭で始まる。」

阪急電車に揺られてほな行きまひょか。



◇手ぬぐい記事まとめ↓

祇園祭山鉾手ぬぐい@ 長刀鉾〜孟宗山〜木賊山〜油天神山〜函谷鉾〜霰天神山〜四条傘鉾〜太子山→(http://nippontenugui.seesaa.net/article/155551746.html

祇園祭山鉾手ぬぐいA 菊水鉾〜伯牙山〜山伏山〜郭巨山〜鶏鉾〜白楽天山〜綾傘鉾〜蟷螂山http://nippontenugui.seesaa.net/article/155641597.html

祇園祭山鉾手ぬぐいB 月鉾〜芦刈山〜保昌山〜放下鉾〜岩戸山〜船鉾http://nippontenugui.seesaa.net/article/155734059.html

祇園祭山鉾手ぬぐいC 橋弁慶山〜役行者山〜八幡山〜黒主山〜鈴鹿山〜浄妙山〜鯉山〜南観音山http://nippontenugui.seesaa.net/article/155830826.html

祇園祭山鉾手ぬぐいD 平成二十二年 南観音山〜月鉾〜船鉾http://nippontenugui.seesaa.net/article/213586418.html


京都・祇園祭ボランティア21事務局HP→(http://www.gionmatsuri.jp/
京都新聞祇園祭特集→(http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gion/gion.html
財団法人京都市観光協会HP→(http://www.kyokanko.or.jp/



gion2011_01.JPG
綾傘鉾。実家へ買って帰るちまきはこちらで買いました。[AGAT18K撮影]


gion2011_02.JPG
山鉾巡行。御池通と柳馬場通のあたりにて。[AGAT18K撮影]


gion2011_03.JPG
次から次にやってくる山鉾。とても綺麗です。[AGAT18K撮影]


gion2011_04.JPG
大好きな船鉾。動いてる姿もかっこいいなぁ![AGAT18K撮影]


gion2011_06.JPG
黒い手ぬぐいを作っている黒主山。今回掲載の手ぬぐいの姿そのままです。[AGAT18K撮影]


gion2011_07.JPG
暑くて熱い山鉾巡行。また見たいです。[AGAT18K撮影]


gion2011_08.JPG
山鉾の大きさが隣のビルと比較するとよくわかります。[AGAT18K撮影]



gion2011_001.JPG
長刀鉾の手ぬぐい販売の様子。たぶん一番人気の山鉾やと思います。最終日の宵山に行くと手ぬぐいが売り切れてしまっているかも。以前売り切れていて泣きましたわ。[PENTAX Optio w90撮影]


gion2011_002.JPG
山鉾の装飾を見て歩くだけでも楽しいものです。美しいですな〜。[PENTAX Optio w90撮影]


gion2011_003.JPG
烏丸通あたりで遭遇できました。浄妙山。手ぬぐいがめっちゃカッコいい!この山鉾そのままの手ぬぐいです。[PENTAX Optio w90撮影]


gion2011_004.JPG
山鉾巡行の日、夜の四条通りで遭遇したお馬さん。山鉾巡行の日は、六角堂にお参りして六曜社の珈琲&ドーナツ食べて六波羅蜜寺にお参りして、夜はBAR「ろくでなし」へ。そんな「ロク」でもない?一日を過ごしました。楽しい一日でした。[PENTAX Optio w90撮影]



◎おまけ◎
---------------------------------

四条通の鴨川を東へ行ったあたりで祇園祭手ぬぐい展という催しが開かれていたので行ってみました。
いや〜〜〜!素晴らしい。
好きな方がいらっしゃるのですね。見たことのない手ぬぐいも色々見られて嬉しかったです。

gionten2011_01.JPG


gionten2011_02.JPG


gionten2011_03.JPG


gionten2011_04.JPG

復活するらしい大船鉾の手ぬぐいも飾られていました!!
わくわくします!




naginata2011_02.JPG


aburatenjin2011_02.JPG


平成二十三年の祇園祭もとても楽しませてもらいました。
これからも大好きなひとと一緒に行けたらいいなと思っています。

ありがとうございました。



<観光/祭/祇園祭>
(224/225/226/227/228/229/230)
 

にほんブログ村 旅行ブログ 名物・お土産へにほんブログ村 コレクションブログ その他珍しいコレクションへにほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
 


posted by なこんぶ at 23:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 祇園祭山鉾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

日本の手ぬぐいあんなんこんなん展2012<西宮市甲東園古物商ひじり屋さん>

ご無沙汰いたしております。
なんとか元気に手ぬぐいを探す旅にも出られておりました。また追って掲載していくつもりです。

さて、やってまいりました!この季節が。
手ぬぐい好きには手ぬぐい大活躍のこの季節が嬉しいものです。
この時期になると催される古い手ぬぐいの祭典、西宮市の阪急甲東園駅近くにある古物商「ひじり屋」さんの【日本の手ぬぐいあんなんこんなん展】今年で5回目の開催でございます!


iphone/image-20120708234157.png

わくわくそわそわ。
早く行きたいけど行けなくてどきどきしながらやっと6日の金曜日に行ってまいりました。
…でもたどり着いたのは閉店30分前。
すごい勢いで手ぬぐいチェック。毎度のことながらマイ手ぬぐいで汗を拭きつつ。

なんとか数枚の手ぬぐいを選び出しました。
昨年は見なかった手ぬぐいが続々見つかって大興奮。
いまはもう作られてへんやろうなぁと思う観光地のお土産もの、この神社のんは売ってるものやろか?なにかの記念で作って配ったものかなと想像したり。
巡ったときにはすでになかった西国巡礼三十三ヶ所札所のもの。区切り打ちで続行中の四国遍路八十八ヶ所のもの。おっ!ここのお寺さん作ってんねや!とわかった関西各地のお寺さんのもの。
もちろん昭和の香り漂う各企業の記念品なども今年もてんこもりです。

選びに選んだ数枚の手ぬぐいの一部を紹介します。


image-20120708230250.png
第三十四回大阪さくら祭り 主催新大阪新聞社。全国民踊大会。
OBPのツインタワーに挟まれて大阪城が描かれているナイスな一枚!大阪城が描かれてる手ぬぐいには初めて出会いました。


image-20120708230814.png
東海道五十三次大尾 京都 広重。三条大橋ですわ!
お土産ものかなぁ、売られてるの見たことないねんけど、比較的新しそうです。綺麗でよろしいですなぁ〜。



image-20120708231024.png
昭和四十七年新春 三越。干支のねずみ年の絵が入っています。この手ぬぐいが作られて40年!!
百貨店さんはこうして記念手ぬぐい作ってるところ多かったんやろうなぁと想像いたします。
こういう文化を残してくれたらいいのにな、と切に願うところです。


image-20120708231051.png
みんな読んでるサンケイ新聞。
とにかくイラストが可愛い!この可愛さはイマドキの若者にも通ずるはず。
大好物の新聞社や銀行の手ぬぐいやっぱりええですなぁ。


image-20120708231106.png
片倉の肥料、片倉チッカリン株式会社。現在も現役の会社です(→http://www.chikkarin.co.jp/
お野菜の絵が可愛いですなぁ〜。肥料だけに農家さんに配ってはったんやと思うのですが、この手ぬぐいかぶっているおばあちゃんが畑にるのを見たらわたくしは嬉しくて泣くでしょう。


image-20120708231122.png
かぎりなく与えて求めぬ太陽を 己が心に学べもろ人。解脱会。
うわっものすごう右な手ぬぐいやでこれ!って興奮いたしました。が、調べてみましたら、宗教法人+剣道の道場のもののようです。剣道では手ぬぐいのことを面タオルと呼ぶそうですが、面タオルとして使ってはったものなのかなぁと思いました。
手ぬぐいに右も左も上も下?もないと思ってますが、こういうの熱くて好きです。


iphone/image-20120708234216.png

iphone/image-20120708234237.png

iphone/image-20120708234254.png

iphone/image-20120708234312.png

iphone/image-20120708234334.png

そんなこんなで楽しませてもらった今年の「日本の手ぬぐいあんなんこんなん展」。
時間がなくてゆっくりチェックできていませんのでもう一回行こうかなと思っています。

古い手ぬぐいって本当に魅力的です。
日本が誇る庶民の文化、古手ぬぐいの世界にどっぷりはまりに行きませんか?

今年もありがとう!!ひじり屋さん。


大きな地図で見る

兵庫県西宮市上大市1丁目8−16 古物商ひじり屋→http://www.hijiriya.com/

今年は7月15日(日)まで開催とのことです。


過去の開催の模様を紹介している記事はコチラです↓

vol.4(2011年)→「ひじり屋」古布に遊ぶ〜日本の手ぬぐい・あんなんこんなん展vol.4 2011
vol.3(2010年)→古布に遊ぶ〜日本の手ぬぐい・あんなんこんなん展2010
vol.2(2009年)→「古布に遊ぶ」-日本の手ぬぐい あんなんこんなん展-
vol.1(2008年)→古手拭いとの出会い



<古手ぬぐい展のご案内>


にほんブログ村 旅行ブログ 名物・お土産へにほんブログ村 コレクションブログ その他珍しいコレクションへにほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ


posted by なこんぶ at 23:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 記念・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。