2009年07月23日

第六番 壷阪山 南法華寺(壷阪寺)【西国巡礼/奈良】


sai_06_01.JPG

sai_06_02.JPG

『第六番 壷阪山 南法華寺』

妻は夫を
いたわりつ
夫は妻に
したいつつ
ころは六月
中の頃
夏とは言へど
片田舎



つぼさかさーん!つぼさかさーん!
とご機嫌で単車で向かいました壷阪寺さん。
入山してみると、不謹慎な言い方のようではありますがまるでテーマパーク!インドやシルクロードを思わせる石造や壁画がいっぱいです。
ゆっくり見て周ればまる一日くらい要りそうなほどの濃いお寺さんでした。
圧巻だったのはご本尊らしい十一面千手観世音菩薩様。どことなく異国風のお顔立ち。吸い込まれるように見とれてしまいました。

壷阪寺さんは壺坂観音霊験記という浄瑠璃や浪曲で有名なのだそうで、盲人である沢市さんと妻お里さんのお話というのがあります。
「妻は夫をー」はその浪曲の語り出し部分なのだそうです。
目の見えない沢市さんと妻お里さんのお話はせつないものなのですが、最後はハッピー!観音様が助けてくれるというお話です。二人が身を投げたという谷を境内から見下ろすことができます。ぜひどんなお話か、どんな谷なのか壷阪寺さんに行ってみてほしいと思います。

入山すると「め」と書かれたおせんべいをいただけたのもとても嬉しかったです。

西国さんのお寺ではご詠歌の入っている手ぬぐいがほとんどなのですが、壺坂観音霊験記の語り出しが入り、つつじ?が咲き誇る中に広がる壷阪寺さんの建物が描かれていて美しい境内を思い出させる素敵な一枚です。



ご詠歌
【岩をたて 水をたたえて 壺阪の 庭にいさごも 浄土なるらん】

ご朱印(平成十九年五月二十日)

syu_06.JPG



所在地:奈良県高市郡高取町







西国三十三所HP→(http://www.saikoku33.gr.jp/
壷阪山南法華寺HP→(http://www.tsubosaka1300.or.jp/




06420032.JPG
多宝塔のあたりの建物にちょこんと置かれたお地蔵さま。可愛いです。[AGAT18K撮影]



06420033.JPG
壷阪さんの境内からの風景。[AGAT18K撮影]



06420035.JPG
本尊・十一面千手観世音菩薩様。異国っぽさを感じさせる珍しい観音様です。[AGAT18K撮影]



06420036.JPG
まよけばしと鬼さん。なかなか楽しいお寺さんです。[AGAT18K撮影]



06420038.JPG
釈迦如来大涅槃石像。寝てはります。[AGAT18K撮影]






<寺院/西国三十三ヶ所>
(西国06/106)
 



posted by なこんぶ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。