2009年08月29日

第十番 明星山 三室戸寺 【西国巡礼/京都】

 
sai_10_01.JPG

sai_10_02.JPG

sai_10_03.JPG


『第十番 明星山 三室戸寺』

夜もすがら
月をみむろと
わけゆけば
宇治の川瀬に
立つはしらなみ

京都宇治




私にとって西国巡礼のスタートとなった紀三井寺さんにお参りをしてから1年半ほど西国さんのお寺さんにお参りをしていませんでした。
二番目のお寺になったのが三室戸寺さんで、さぁこれからもっと頑張って巡礼をしよう!と思うようになったお寺さんでした。

5月の爽やかな陽気の中、愛車で出発。古いツーリングマップには載っていない新しい道路ができていて、すんなりと三室戸寺さんに着いてしまいました。

色々なお花で有名な三室戸寺さんなので庭園がとても綺麗でゆっくりと散策するのがとても気持ちが良かったです。
だいぶ昔に先達さんになっている実家の母に電話をすると、母にとっては初めて西国さんのご朱印をいただいたのが三室戸寺さんだったそうで、お花がとても綺麗だったことをよく覚えているそうです。
ツツジ、シャクナゲ、アジサイにハス、と季節季節にいろいろなお花が咲くようですのでまたお参りに行ってみたいと思います。

さて手ぬぐいです。色とりどりのお花たちの咲き誇る三室戸寺さんなのでお花が入ってくれたらいいなぁなんて少し思ってしまいますが、描かれている橋は想像では宇治橋かと思うのですが、わかりません。三重塔と山、そしてご詠歌。シンプルなつくりの手ぬぐいです。
こちらの手ぬぐいを使うたびに、目にした庭園の鮮やかなお花たちのことが心の中に浮かぶのではないかと思います。





ご詠歌
【夜もすがら 月を三室戸 わけゆけば 宇治の川瀬に 立つは白波】

ご朱印(平成十九年五月十三日)

syu_10.JPG



所在地:京都府宇治市莵道滋賀谷







西国三十三所HP→(http://www.saikoku33.gr.jp/
明星山三室戸寺HP→(http://www.mimurotoji.com/




06420014.JPG
山門。受付から入ってしばらくすると見えてきます。[AGAT18K撮影]



06420016.JPG
本堂に向かう階段前にて。[AGAT18K撮影]



06420017.JPG
手水所にて。はい、おててを綺麗に清めましょう。[AGAT18K撮影]



06420018.JPG
本堂。ご本尊は平成二十一年十月〜十一月にご開帳のようです。[AGAT18K撮影]



06420019.JPG
三重塔。新緑が綺麗でした。[AGAT18K撮影]



06420022.JPG
アジサイ寺といわれる三室戸寺さんですが私のお参りした5月はツツジなどが綺麗に咲いていました。[AGAT18K撮影]





<寺院/西国三十三ヶ所>
(西国10/110)
 



posted by なこんぶ at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 西国三十三ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日巡礼で行ったわけではないけれど三室戸寺行ってきました!手拭いゲット〜!
巡礼の方もいましたが、手拭い買わずに行ってしまいました。

ブログへのアップはいつになるやらですw

最新記事のうみまる&うーみんのhonourさんのコメントにあった関谷醸造の手拭いですが、持ってます!でも2種類あったなんてorz
Posted by 原色局長 at 2010年04月12日 12:53
ゲットされましたか原色局長さん!
原色大好きさんにしては、、三室戸寺の手ぬぐいは地味だと思いませんでした・・・?
ぜひガシガシ使いこんでよれよれにしてください。
よれよれになったら愛おしくってたまらなくなっちゃいますから〜。

関谷醸造さんの手ぬぐい持ってはるんですか〜〜
それは羨ましい!
東海地方の手ぬぐい探索隊長は原色局長さんですね!!

あ〜〜〜、ゆっくりと愛知県探索しに行きたいです。。
Posted by なこんぶ at 2010年04月13日 02:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。