2009年08月31日

第十一番 深雪山 上醍醐 准胝堂 【西国巡礼/京都】

 
sai_11_01.JPG

sai_11_02.JPG


『第十一番 深雪山 上醍醐 准胝堂』

逆縁も
もらさで救う
願なれば
准胝堂は
たのもしきかな

西国第十一番上醍醐寺





西国巡礼の中で一番難所の上醍醐寺准胝堂さん。参道の登山口から1時間以上の登山を要します。
そんなこともわかっていなかった私、2007年の年末に滋賀の各寺を巡った帰り、夕方近くにのん気に醍醐寺さんへ行くと、准胝堂まで要登山ということを知りました。ごめんなさい、今から行くのはとてもむりです・・・と、すごすごと帰ってきてしまいました。

改めて挑戦しよう!と考えていたら、思いがけずすぐに挑戦の機会がやってきました。お正月明けに京都を散策したあと、一晩過ごしてから青春18切符で違うお寺さんへ行こうともくろみましたら、肝心の青春18切符を持ってくるのを忘れていることに気づきました。

そこでよし行こう!と向かいましたのが上醍醐でした。朝早くから京都市内から地下鉄で醍醐駅まで向かいまして、てくてく歩いて醍醐寺さんへ。

女人堂の前で杖を借りて出発です。
ふとっちょに登山。はい、私、かなり太っています。重力に逆らうのはきつく、ちょっと泣きそうになりながらも一歩一歩登ってゆきました。たくさん登ってる方たちとすれ違ったり追い越されたり、苦しくとも元気に挨拶をすることを忘れずに。
准胝堂の姿が見えたとき、本当に嬉しく登ってよかったと思いました。


残念ながら准胝堂は平成二十年八月に落雷により焼失してしまったそうです。先達さんの友人から聞いたときにはショックでした。
現在は女人堂にて納経が行われているそうですが、上醍醐への入山も可能になっているとのことです。

ご詠歌と寺紋の桐紋、上醍醐寺の文字の入ったこちらの手ぬぐい、上醍醐への登山の思い出の詰まった熱い一枚です。苦しいときもこの手ぬぐいを持っていれば頑張れるのではないかと思っています。

そしていつかまた上醍醐への登山に挑戦してみたいです。それまでには少しは痩せておかないとですが。

准胝堂さんがはやく再建されることを祈っています。



ご詠歌
【逆縁も もらさで救う 願なれば 准胝堂は たのもしきかな】

ご朱印(平成二十年一月六日)

syu_011.JPG



所在地:京都府京都市伏見区醍醐醍醐山







西国三十三所HP→(http://www.saikoku33.gr.jp/
醍醐寺HP→(http://www.daigoji.or.jp/




60390045.JPG
登山口にて。さぁ頑張っていこう。[AGAT18K撮影]



60390046.JPG
准胝堂。こちらにたどり着くまでカメラを構える余裕もありませんでした。[AGAT18K撮影]



60390048.JPG
准胝堂前の階段にて。[AGAT18K撮影]



60390049.JPG
振り返って一枚。またお参りに行けますように。[AGAT18K撮影]



60390050.JPG
下山しながら一休み。頑張れば素敵な思い出になることをしみじみ感じました。[AGAT18K撮影]






<寺院/西国三十三ヶ所>
(西国11/111)
 



posted by なこんぶ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。