2009年12月01日

第二十五番 御嶽山 清水寺(播州清水寺)【西国巡礼/兵庫】

 
sai_25_01.JPG

sai_25_02.JPG

『第二十五番 御嶽山 清水寺』

 あはれみや
 普き門の
 品々に
 なにをか
 なみの
 ここに清水

 西国二十五番
 播磨国清水寺

 淡路
 六甲


清水寺といえば京都の清水寺を思い浮かべてしまうのですが・・・
播磨の国にも清水寺がございます!
西国さんのお寺さんの中で同じ名前なので少しややこしいのですが、二十五番札所も清水寺さんです。

どうやって行こうかと2001年発行のツーリングマップルを開いてみたら、由緒正しき西国巡礼のお寺さんであるのに、清水寺の表記が「卍」マークさえも記載されていませんでした!えぇー??頼んまっせ、ツーリングマップル。
なんだかちょっぴりショックを受けつつ、ネット上の地図から拾ってツーリングマップルに印をつけて向かった3月。
宝塚や三田の山を走り抜けて気持ちよく到着。登山道路の入口で拝観料を払ってくねくねと登って入山しました。

静かな境内の雰囲気と見渡す限りの山々が綺麗であたたかな春のひとときを過ごすことができました。
天気がとても良いときなら淡路島まで見えるんだそうですが、行ったときにはかすんでいて見えませんでした。また参拝に行くことができたら淡路島まで見えたらいいなぁと思いました。


さて手ぬぐいです。大きな屋根は大講堂でしょうか、屋根と山なみに浮かぶ雲海が描かれ、左に六甲、右に淡路島の文字、そして赤く大きく入った梵字が浮かび、立体感のある素敵な一枚です。
もう一枚、仁王門の大きく染め抜かれた手ぬぐいもあるのですが、悩みに悩んだ末、うちは淡路島まで見渡せるんやでー!という清水寺さんの熱い思いの伝わってくるこちらの一枚を選んで掲載することにしました。


昔は登山道路もなく参拝するのにとても難所だったそうですが、今は登山道路のおかげで参拝しやすくなっています。大阪から神戸、阪神間にお住まいの方ならドライブがてらに参拝に行くのにとてもいいお寺さんではないかと思います。
私もバイクで参拝に行かせてもらいとても楽しかったです。



ご詠歌
あはれみや 普き門の 品々に なにをかなみの ここに清水

ご朱印(平成二十年三月一日)

syu_25.JPG



所在地:兵庫県加東市平木







西国三十三所HP→(http://www.saikoku33.gr.jp/
御嶽山播州清水寺HP→(http://kiyomizudera.net/
播州清水寺ブログ→(http://blog.kiyomizudera.net/



25kiyomizu01.JPG
仁王門。登山道路を登ってやってまいりました。




25kiyomizu02.JPG
播州清水寺の文字の入った四駆車。カッコイイです。[AGAT18K撮影]




25kiyomizu03.JPG
手水舎。こちらも正しい手ぬぐいの使われ方でございます。手ぬぐいのかけてある手水舎にうっとり。ありがとうございます。[AGAT18K撮影]



25kiyomizu04.JPG
燈籠と大講堂。平成22年3月1日〜5月31日に結縁ご開帳とのことです。[AGAT18K撮影]





25kiyomizu05.JPG
大阪からの参拝ツーリングにもちょうどいい距離でした。






<寺院/西国三十三ヶ所>
(西国25/125)
 



posted by なこんぶ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。