2010年01月23日

番外 東光山 花山院(菩提寺)【西国巡礼/兵庫】

 
bangai_kazan01.JPG

bangai_kazan02.JPG

bangai_kazan03.JPG


『番外 東光山 花山院(菩提寺)』

 ありまふじ
 ふもとの
 きりは
 うみににて
 なみかと
 きけば
 おのの
 まつかぜ

 西国霊場
 中興開山
 花山院



西国三十三所手ぬぐい巡礼、番外も含めて36枚目。とうとう最後の一枚になりました。

車や単車などで参拝に行かれる場合には、
第二十五番 御嶽山 清水寺(播州清水寺)【西国巡礼/兵庫】http://nippontenugui.seesaa.net/article/134448678.html)と一緒に参拝に行かれる方も多いかと思いますが、私の場合は播州清水寺さんにお参りに行ったときには清水寺さんでゆっくりしすぎたのか時間がなくなり花山院さんにはお参りに行かずに帰ってきました。

西国三十三所を巡礼し終えて、最後の最後にお参りに行くことになった兵庫県三田市にある花山院さん。
最後の巡礼は私の基本の巡礼スタイルだった単車でお参りに行くことにしました。
宝塚の山を越えて三田へ。
到着して山門をくぐったときには、これでほんまに三十三所+番外三所、三十六のお寺さんに全部来られたんやなぁって嬉しいようなちょっぴりせつないような色んな思いがまじってじわっときました。
境内から眺める風景がとても良く、のんびりした優しい雰囲気のお寺さんでした。

西国巡礼、中興の祖・花山法皇が隠棲したという花山院。これまで集めてきた手ぬぐいのほとんどに書かれているご詠歌はすべて花山法皇のご詠歌です。
そのご詠歌「有馬富士ふもとの霧は海に似て波かときけば小野の松風」のとおりに有馬富士と松並木の姿と本堂である花山法皇殿が描かれた花山院さんの手ぬぐい。情景が思い浮かぶ素晴らしい一枚です。


半年に渡って続けてきた西国巡礼手ぬぐいの掲載はこれにて終わります。色々なことを想い、考え、感じた西国巡礼でした。
ご朱印帳と手ぬぐいとたくさんの思い出は私の宝物になりました。
ありがとうございました。



ご詠歌
有馬富士 麓の霧は 海に似て 波かと聞けば 小野の松風

ご朱印(平成二十一年六月二十八日)

syuban_kazan.JPG



所在地:兵庫県三田市尼寺







西国三十三所HP→(http://www.saikoku33.gr.jp/
花山院菩提寺HP→(http://sanda-kazanin.com/




ban_kazan01.JPG
山門。こぢんまりとしていました。[AGAT18K撮影]




ban_kazan02.JPG
本堂・花山法皇殿。[AGAT18K撮影]



ban_kazan03.JPG
境内からの展望は素晴らしいです。ベンチに座ってのんびり眺めました。[AGAT18K撮影]



ban_kazan04.JPG
西国手ぬぐい巡礼、無事に巡れて嬉しかったです。ありがとうございました!






<寺院/西国三十三ヶ所>
(西国番外03/136)
 



posted by なこんぶ at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 西国三十三ヶ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
始めるのはわりと簡単で、
続けるのと終わらすのにはパワーが要りますね。
Posted by honour at 2010年01月23日 08:39
ありがとうございます。
なんとか全て掲載できました。

お寺を巡っていたときにはわからなかったことをこちらに載せることで復習できたことが良かったと思っています。

次回からは再びお土産手ぬぐいの掲載に戻ります。
載せたい手ぬぐいがたくさんあるので、これからも是非見てくださいね。

いつもコメントくださって嬉しいです。がんばります!
Posted by なこんぶ at 2010年01月28日 02:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。