2010年02月08日

灘五郷(魚崎郷 御影郷)灘の酒蔵 白鶴 浜福鶴 【兵庫】

 
138_hamahuku.JPG

139_hakuturu1.JPG

139_hakuturu2.JPG

『浜福鶴』

『白鶴』

 七ツ梅 六甲の雫 空蔵
 全国新酒鑑評会金賞受賞蔵
 株式会社浜福鶴銘醸

 灘の地酒
 登録商標 浜福鶴
 名水魚崎郷

 酉元(もと)すり唄
 目出度目出度が 重なるときは
 鶴がご門に 巣をかける
 鶴がご門に 巣をかけますりゃ
 亀がお庭で 舞いを舞う
 米治



 清酒 白鶴 ハクツル
 白鶴



前回の龍馬手ぬぐいにて紹介した伏見の酒造どころ。関西の酒造どころでもうひとつ有名なのが、灘五郷!
お酒つながりということで今回は灘の酒どころの紹介でございます。

以前から一度ゆっくり歩いて巡ってみたいと思っていました酒蔵が点在する灘五郷のうちの魚崎郷と御影郷。
国鉄の駅に置いてあるパンフレットを見て行きたいなぁと思っていたのに国鉄でなく阪神電車に乗って向かいました。阪神間は山側から阪急、国鉄、阪神と並走して走っているのですが、灘の酒蔵群が点在する魚崎郷〜御影郷を歩くには阪神電車が便利です。
お酒のほとんど飲めない私ですが、酒蔵群を見てみたくて行ってみました。

魚崎駅から歩き出して、まず見えてくるのが櫻正宗、そして福浜鶴の工場です。
どこかかしらで手ぬぐい作ってくれていたらいいなぁと期待しながらの売店チェックでしたが、まずは「福浜鶴」さんの売店で手ぬぐいを発見しました。紺色の前掛けを思い出すような作りの手ぬぐい熱いです!

住吉川を越えて見えてきたのは「菊正宗」さん。残念ながら手ぬぐいは作られていませんでしたが、昔からの資料が並んでいるところに昔に作られていた手ぬぐいが置いてあるのを発見して、試飲させてもらったお酒でちょっと酔っ払い顔を赤らめつつ期待してみたり。

西へ西へ進路をとりつつ次に見えてきましたのは「白鶴」酒造さん。
入口に置いてくれていたアルコール消毒薬の下に敷いてある手ぬぐいをいきなり発見!おぉっ!こ、これは売り物ですかー!と興奮して売店に入ると、日本酒を包んでお酒を贈りましょう、と一升瓶の包み方の紹介とともに鶴の描かれた可愛い手ぬぐいが売られていました。

白鶴酒造さんでも試飲させてもらってさらに酔っ払いつつ、資料館を出ると、歩いていて気になっていた工場間を無数に結ぶパイプ群について相方さんが白鶴の社員さんにたずねていました。
パイプに流れているのはやはりお酒なんだそうです。酒飲みにはたまりませんね〜。
さらに教えてもらったのですが、六甲の水を地下の専用パイプで結んで引いていらっしゃるんだそうです。すごいですねびっくりです。

きくぅまぁさ〜むぅね〜〜、はくつぅる〜〜〜♪とゴキゲンさんで歌いながらさらに西へてくてくと。「剣菱」「瀧鯉」「灘泉」、そして「福寿」の神戸酒心館などなどの酒蔵を眺めながら歩きました。
残念ながら「沢の鶴」さんへは時間切れで行くことができませんでした。

いろいろな酒造所を見て歩きましたが、お酒があまり飲めなくても昔からの酒造りの様子や資料の展示を見るのが面白かったです。
神戸観光のときには灘を歩くのはとてもオススメです。

福浜鶴さんの熱い手ぬぐいも、白鶴さんの素朴な手ぬぐいもどちらもいい感じです。お酒好きへのお土産にもぴったりな灘の手ぬぐい。大事に使っていこうと思います。




入手場所:浜福鶴売店、白鶴酒造資料館売店にて
入手年:2009年



灘五郷HP→(http://www.nadagogo.ne.jp/
浜福鶴HP→(http://www.hamafukutsuru.co.jp/
白鶴HP→(http://www.hakutsuru.co.jp/
灘の郷ガイドマップ(沢の鶴)HP→(http://www.sawanotsuru.co.jp/guide/gogoh/gogoh.htm
にぎわいネット(魚崎散歩魚崎の文化)HP→(http://www.nigiwai-net.jp/walk/culture.html


所在地→兵庫県神戸市東灘区
地図↓(白鶴酒造資料館)





138nada01.JPG
浜福鶴さん。


138nada02.JPG
樽が干してあるのが見えました。



138nada03.JPG
菊正宗酒造。きぃくまぁさーむぅねー♪と歌わずにはいられません。



138nada04.JPG
こ、これはっ!昔作られていたてぬぐいのようです。菊正宗さん、復活熱く期待しています。



138nada05.JPG
工場間を結ぶパイプ群。お酒が流れていますよ〜〜。



138nada06.JPG
手ぬぐいで一升瓶を包むなんて素敵。で、できるかな、やってみようと思います。



138nada07.JPG
白鶴!の酒樽。



138nada08.JPG
白鶴酒造資料館。はい、もう頭に流れるのは「はくつぅるー♪」のあのCM。


138nada09.JPG
灘泉。素敵な酒蔵の建物をたくさん見ることができました。





<観光/企業>
(138/139)
 



posted by なこんぶ at 00:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほとんどのお酒が飲めない
↑もし逆なら大変でしたね!。
Posted by honour at 2010年02月08日 06:43
酒造・・・ よく考えればありそうな場所。
でも行った時は手ぬぐい収集前でした。日本酒は苦手なのでスル―してましたorz
今度行ったら絶対ゲットです!
菊正宗も作れば私たちが買うのにw
Posted by 原色局長 at 2010年02月08日 21:22
honourさん
ほんまですわ〜。酒飲みだったら手ぬぐいどころじゃなくなってしまいそうですもんね。
でも飲めなさすぎてオチョコ1杯飲んだだけでうはぁ〜ってなってしまって大変でした。
このあたりは神戸のオシャレさとまた違った雰囲気で歩いていて楽しかったです。honourさんは行かれたことありますか?お酒好きな方かは謎ですが、ぜひ灘の酒をあじわいに行かれてみてほしいです。


原色局長さん。
そうなんですよ!酒造所は手ぬぐい好きには要チェックな場所なんです。前掛けやお酒を入れる袋・・・なんとう名前なのか忘れてしまいましたが、そういった独特のグッズもあるのでチェックしてみると、カッコいいものが見つかったりするんです。
あと以前に載せましたが焼酎の蒸留所も要チェックです。
ほんまにねぇー菊正宗さん作ってくれはったら、喜んで買ってその上宣伝させてもらうのに。笑
原色局長さんも灘にぜひぜひ行って手ぬぐいゲットしてきてくださいね。
あぁ、行けなかった沢の鶴さんで作ってはったらどうしましょう。。
Posted by なこんぶ at 2010年02月11日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。