2010年03月24日

世界遺産 吉野山 千本桜 【奈良】

 
148_yoshino01.JPG

149_yoshino01.JPG

149_yoshino02.JPG

『吉野山 桜』

 これはこれはとばかり
 花の吉野山

 世界遺産探勝記念
 吉野山



全国各地でいつもより早い桜の開花情報が流れる今日この頃。私も桜の時期が楽しみでわくわくしながら待っております。
そんな桜の季節に満を持して、奈良の誇る世界遺産吉野山の手ぬぐいの登場です!

とは言えワタクシめ、吉野山の桜を見たことがございません。毎年行こう行こうと思いながらもチャンスを逃してきました。
今年こそは下千本・中千本・上千本・奥千本と咲く時期が移動していくという吉野の桜を見てみたいと思っています。

吉野山の北側に東西に流れている吉野川沿いはこれまで何度か走ったことがありましたが、そもそも吉野山自体に行ったことがありませんでしたので、昨年秋に紅葉の吉野山に期待をして単車で行ってみました。
桜の季節は交通規制がかかって走れないようですが、秋も深かった11月にはあまり交通量もなく、桜の季節はどれだけ綺麗なんやろうなぁと想像しつつ、見事な紅葉の風景を楽しみながら吉野山を時計回りに一周することができました。

蔵王堂周辺のお土産屋さんで吉野本葛を両親へのお土産に買い求めたりしながら少しお散歩したのですが、神社仏閣の点在する吉野山の中で一番すごいなぁと思ったのは金峯山寺蔵王堂でした。この山の上にようこんなでっかい建物建てはったなぁ〜ってただ驚くばかりの大きなお堂で感動しました。

さて、私の手ぬぐい探し。
今回の手ぬぐい、以前に手ぬぐい友達に見せてもらったことがあったものです。もう数年前に買い求めたものらしく見つかるのかどうか・・・。
お土産屋さんを覗いても覗いても一向に見つかりません。あかん、もう今は売られてへんのかもしれへん。と、しょんぼりしながら蔵王堂を出発して帰路につきました。蔵王堂から北へ坂を下りると、何軒か連なっているお土産屋さんが。おぉっ!!手ぬぐいが店先に飾られてますやん!

もう諦めて帰ろうとしたときだったので嬉しさもひとしおでございます。
安原貞室さんの句という「これはこれはとばかり花の吉野山」の文言に桜が散りばめられた素敵な吉野山観光土産手ぬぐい。
特に2枚目に載せた手ぬぐいは、吉野山に咲き誇る桜の中に点在する社寺仏閣が描かれていて吉野山の雰囲気を伝える素敵な手ぬぐいだと思います。

買い求めたお土産屋さんでは他にも2種類作られていましたが、悩みに悩んでこの2枚を選びました。

この手ぬぐいを見れば見るほど吉野山の桜のお花見に行きたくてたまらないです!
でも紅葉の季節の吉野山もとても美しかったので、是非行ってみて欲しいと思いました。





入手場所:吉野山・金峯山寺蔵王堂北側のお土産屋さんにて
入手年:2009年




吉野山観光協会HP→(http://www.yoshinoyama-sakura.jp/top.htm
財団法人吉野山保勝会HP→(http://www.yoshino.ne.jp/yoshinoyama/
総本山金峯山寺HP→(http://www.kinpusen.or.jp/




所在地→奈良県吉野郡吉野町(金峯山寺蔵王堂)
地図↓








148yoshino01.JPG
11月も終わり頃。見事に紅葉していました。[AGAT18K撮影]




148yoshino02.JPG
金峯山寺蔵王堂。[AGAT18K撮影]




148yoshino03.JPG
どーんとした屋根が圧巻です。[AGAT18K撮影]




148yoshino04.JPG
ほとんど参拝の方がいらっしゃらなかったのでゆっくりと眺めることができました。[AGAT18K撮影]




148yoshino05.JPG
蔵王堂の北側から南側を眺めて。[AGAT18K撮影]




148yoshino06.JPG
吉野川。山の中を流れる吉野川もとても美しい風景です。





<観光>
(148/149)
 

≪平城遷都1300年祭記念奈良シリーズ・九、十枚目≫ 




posted by なこんぶ at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
吉野山!今をさかのぼる事およそ15年ほど前になりますかいやもっとかも知れません、思い立って数人で吉野の桜を見に行こうということになりました。
着いたところが葉桜になっておりまして、行くのが10日いや一週間早かったら見ごろの桜が大勢であったろうに・・・とショボンとしていると、奥の千本なら今が満開ですよと教えてくれた方がいました、「行ってみるか!!」と意を決して出発しました。
野を越え山を越え谷を越え・・・って感じでひたすら歩きました。そのうちに着ている服も一枚もう一枚と脱ぎそのころはへこんでいた腹に巻き歩き続けました。
ふとみると身体から湯気がホワホワと焼き芋を半分に割った時の如く出ていました、そのとき思ったのはこれは花見ではない!スポーツだ!!だ・・!!行くのは良かったのですが行った以上は帰ってこなくてはなりません、あとは想像されているとおりヘトヘトになって車までたどり着きました。
時は夕刻、というより夜のとばりが降りる頃でしたのでそれはそれは早足で・・・、スポーツ!しました。
といった印象の吉野の千本桜、見頃のタイミングでのんびりゆっくりと観賞できたら最高なのかもしれません。体育的ではなく美術的に楽しむのが本来の花見ですもんね、あの頃は若かった、といったところです。
なこんぶさんは花より団子のくちですか!?利き手は!?

それとこの間名古屋に行った時、例の「彩華ラーメン」の看板が目に入りました。
ん!?大阪の方のラーメンではないのか!?
同姓同名!?よくわかりませんが兎に角入ってみました。
彩華ラーメンの大盛、たしか830円だったか否かを食べました。貴方の言っている天理の店と違っているかもしれませんが、その店はチェーン店のようで創業昭和43年とメニューだったかに書いてありました。
出されたラーメンは、白菜や野菜を柔らかくなるまで煮て味付けしラーメンにからめ(かけてある!?)たものでした。
なによりだったのはそのスープからはニンニクの香りが強烈にしておりました。私はニンニクが嫌いではなく、いやその逆でまだ物足らなかったのでしょう前にあった擂りニンニクを足していただきました、初めて食べる味で美味しかったです。
Posted by honour at 2010年03月24日 21:35
honourさんお返事遅くなってしまってすみません。
またまたちょっと旅に出ておりました!

吉野でえらい頑張らはったんですね〜。どんなことでもそうなんですが思いがけないようなことが起こって頑張ったことってその後にすごく思い出に残るものですよね。
体力派の花見っていうのもいいと思います!
うちは・・・できる自信はありませんが・・・平坦な道なら頑張れそうですが、山登り系は重力に逆らうのが厳しいです。あはは〜。

彩華ラーメンはたぶん天理のラーメンと一緒のお店だと思います。野菜がたくさん煮込まれたラーメンなので私も好きなんです。白菜がおいしい〜〜って食べると思うんですわ。
にんにくって美味しいですね〜〜次の日なにもなければうちもガッツリいっちゃいます。すごく元気がつきますので可能であればできるだけ食べたいなぁと思います。

そろそろほんまに吉野も桜本番なので、今シーズンは本気で狙ってます!行けたらいいなぁ。
Posted by なこんぶ at 2010年03月31日 03:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。