2010年05月25日

上方落語家一覧 落語みゅーじあむ 池田【大阪】

 
156_ikeda01.JPG

156_ikeda02.JPG

156_ikeda03.JPG

上方落語家一覧

桂米朝一門
米朝|月亭可朝:八方 遊方 八天 八光:ハッピー ハッチ|南光 こごろう|雀三郎 雀喜 雀五郎 雀太|雀松 雀々 九雀|文我 まん我|む雀 紅雀|ざこば:都丸 都んぼ さん都 とま都:出丸 わかば ひろば ちょうば そうば|朝太郎 米蔵|歌之助|小米 米輔 千朝|あさ吉 吉弥 よね吉 しん吉 吉坊 佐ん吉 吉の丞|米八|米二 二乗|小米朝 勢朝 米平 米裕 米左 団朝 宗助 すずめ|橘家円三

桂春団治一門
春団治|福団治 福楽 丸福 福車 福六 福若 七福 福矢 福丸|昇蝶 一蝶 蝶六|春之輔 壱之輔 咲之輔|春若 春駒 小春団治 梅団治 春雨 春菜

露の五郎兵衛一門
五郎兵衛 立花家千橘 慎悟|都 雅|団四郎 団姫|団六 新治 吉次 ききょう

林家一門
染丸 染二 うさぎ そめすけ 花丸 染雀 染弥 竹丸 染左 笑丸 卯三郎 染太 染吉|小染|市楼

笑福亭一門
|仁鶴:仁智 智之介 智六:仁福:仁扇 扇平:仁勇 仁嬌 仁幹 仁昇|鶴光 学光 里光 和光 羽光|福笑 たま|松喬:三喬 喬若 喬介:遊喬:生喬 生喬:喬楽 右喬 風喬|松枝 松五|呂鶴 呂竹|
|鶴瓶:笑瓶 笑助:晃瓶 純瓶 達瓶 恭瓶 瓶太 銀瓶 瓶吾 瓶二 瓶生 由瓶 鉄瓶 瓶成|鶴志 小つる 伯鶴 和鶴 竹林 猿笑 鶴松 岐代松 伯枝 忍笑 福輔|鶴笑 笑子|鶴二|松之助 さんま のんき|森乃福郎 石松

桂文枝一門
|三枝 三馬枝 枝三郎 三歩 三発 三風 三象 三扇 三若 三金 三ノ助 三弥 三幸 三四郎 三段|きん枝 きん太郎|文珍 楽珍 珍念|
|文太 小軽|文福 茶がま 文鹿 まめだ ぽんぽ娘|文喬 文也 小枝 枝女太 枝光|あやめ さろめ|坊枝 文昇 枝曾丸 文華 こけ枝 つく枝 かい枝 阿か枝

平成二十年六月吉日
彦八まつり実行委員会編




2009年の春でした。朝っぱらから「動物園にいきたいねん!」と相方さんからリクエストが。言うたそばから「あかん今日は天王寺動物園閉まってる日やわ・・・」と、いきなりしょんぼりする相方さん。
ど、動物園ですか・・・えーっと・・・
動物園、動物園、と頭の中を検索して思い出しました!
ひらめいたのは大阪北部、池田市にある五月山動物園。無料で小さいながらも色んな動物のいる動物園です。

五月山といえば夜景スポットとしても有名で、まだ私が若かりし頃、そう、、夜景なんかに憧れるうら若き頃、友達と連れ立ってクルマで五月山ドライブウェイを走って日の丸展望台に行ったりしたものです。

そして池田といえばあの日清のインスタントラーメン発明記念館もあります。そういったわけで、よし、池田に行こう!と相方さんと阪急電車に乗って池田へ向かいました。

ラーメン記念館で山のようにあるインスタントラーメンのパッケージにびっくりしてみたり、カップヌードルのパッケージを自分で描いて作ってみる体験をしてみたりしてみました。

頭の中がラーメンでいっぱいになり、つい通りがかりのラーメン屋さん入ってしまってラーメンでおなかいっぱいになったところで本日のメイン、五月山動物園までてくてくと歩いて登ります。
この動物園の一押しのウォンバット、でっかい小太りのネズミのようで以前に見ているはずなのに可愛くて夢中になってしまいました。

大満足で池田駅へ向かっていると、クルマの通る道路から少し入ったところに昔ながらの路地裏が。池田はその昔は全国有数の酒造地として栄えたところで、酒造所の呉春さんの建物があったりしてとてもいい雰囲気です。
おぉ〜こりゃ宜しいわ〜と歩いていたら、見えてきたのが池田市立上方落語資料展示館「落語みゅーじあむ」。池田の猪買いなどの古典落語の舞台になっている池田市ではまちおこしとして資料館を建てたようです。ちょっと見物させてもらおうかと入らせてもらいました。

おぉ!入口の物販コーナーに、この手ぬぐいが置かれているではないですか!

素人なので、たくさんの落語家さんの名前を見てもどちらがどちら様かぜんぜんわからないのが申し訳ないのですが、知ってる名前の方もいらっしゃいますね。前々回掲載のなにわ探検クルーズの桂きん太郎さんの名前もあります。

前々回掲載の『落語家と行く なにわ探検クルーズ 【大阪】』(http://nippontenugui.seesaa.net/article/149481291.html
前回掲載の『天満天神繁昌亭 大阪天満宮 【大阪】』(http://nippontenugui.seesaa.net/article/150230033.html
の落語つながりということで、今回こちらの上方落語家一覧手ぬぐいを載せてみることにしました。

彦八まつり、というのはなんやろかと思いましたら、上方落語協会のHPに載っていますが、「大阪落語の始祖・米沢彦八が活躍した生國魂神社に彦八の碑を建立したことから始まったお祭」なのだそうです。
毎年一回、楽しいお祭が行われているのだとか。
生國魂神社っていまだにお参りしたことがないのでいっぺん行ってみたいなぁと思いました。

大阪池田での散策はとても楽しかったです。日清のラーメン記念館に時間を割いてしまって池田城跡公園には行けなかったのでまた機会があったら散策しに行ってみたいと思っています。




入手場所:池田市立上方落語資料展示館落語みゅーじあむにて
入手年:2009年




池田市観光協会HP→(http://www.ikedashi-kanko.jp/
社団法人上方落語協会HP→(http://www.kamigatarakugo.jp/
インスタントラーメン発明記念館→(http://www.nissin-noodles.com/
呉春紹介ページ(お酒のひょうたん屋)→(http://www.hyotan.co.jp/cnt/sake/gosyn.html




所在地→大阪府池田市栄本町(池田市立上方落語資料展示館)
地図↓







156ikeda04p.JPG
日清のインスタントラーメン発明記念館にやってまいりました。おや・・・?なにやら銅像が。



156ikeda05p.JPG
どちら様で?と思ったら、日清の創業者・安藤百福さんでした。



156ikeda06p.JPG
年代別にたくさんのラーメンのパッケージが並んでいます。



156ikeda07p.JPG
池田・五月山動物園のウォンバット。小太りな姿でちょこちょこと走り回る姿がとても可愛いです。





156ikeda01p.JPG
呉春の建物。[AGAT18K撮影]




156ikeda02p.JPG
ええ感じの雰囲気を醸し出しています。[AGAT18K撮影]




156ikeda03p.JPG
一歩中へ踏み込めばとても素敵な路地裏に出会えます。[AGAT18K撮影]




156ikeda09p.JPG
旧能勢街道沿いに建つ池田市立上方落語資料展示館(落語みゅーじあむ)。



156ikeda08p.JPG
落語みゅーじあむ内にて。落語では手ぬぐいが大活躍!



156ikeda10p.JPG
サカエマチ商店街にて。ウォンバットは池田のマスコットキャラクターなのですね。





<観光/落語>
(156)
 



posted by なこんぶ at 00:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上方落語家一覧!すっばらしい手拭いです!
しかも色が違うということは2種類!?平成20年なら毎年出てる?ぴゃーーー!集めたい〜!!

こういうのがあるという事は相撲も歌舞伎もあるって事ですね〜!
欲しいなぁ、でも今外出が出来ない!子供が生まれたのでしばらくは(歩けるようになるまでなの?)遠出できません。近場でなんとか新しい手拭いをゲットしなければ・・・ あ〜もうすぐ祇園祭、行きたいです(ToT)

ご当地手拭いは現地でゲットが絶対ですが、しばらくは通販物のご当地系に手を出します
Posted by 原色局長 at 2010年05月30日 16:05
またまたちょこっと旅に出ておりましたものでお返事遅くなってしまいました。すみませんです。

こちらの手ぬぐいは上方落語協会のHPで入手できるようですね。HPには平成二十一年モノが掲載されているので毎年作られてるんやと思います。
原色局長さんいまはあんまりお出かけできはらへんご様子ですので、通販でもOKということで!
それからココに載せてるのは同じ一枚です。撮影で色飛びしてしもて拡大版の色が薄くなってしまっています。一枚目に掲載してる写真が現物に近い色合いです。

あんまりお出かけできないって言うてはるときに空気も読まずにまた出かけてましたなんて、ごめんなさい!今回は北陸方面ちょっとええのん見つけてきましたのでまた掲載しますね〜。
Posted by なこんぶ at 2010年06月01日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。