2010年06月19日

俳句の里巡り 坊ちゃん列車 松山城 【愛媛】

 
160_matsuyamahaiku01.JPG

160_matsuyamahaiku02.JPG

160_matsuyamahaiku03.JPG

 『俳句の里巡り

 (道後コース)
 
 ふるさとのこの松伐るな竹切るな 虚子
 南無大師石手の寺よ稲の花 子規
 このほたる田ごとの月とくらべ見ん はせを
 色里や十歩はなれて秋の風 子規
 散と見し幻消て花に月 鶯居
 寝ころんで蝶泊らせる外湯哉 一茶
 元日や一系の天子不二の山 鳴雪
 春風やふね伊予に寄りて道後の湯 極堂
 しろ山の鶯来啼く士族町 虚子
 春風や三百年の城乃景 黙禅
 鉄鉢の中へも霰 山頭火
 春風の鉢の子一つ 山頭火
 功や三百年の水の春 鳴雪
 熟田津に船乗りせんと月待てば 潮もかなひぬ今はこぎ出でな 額田王

 (城下コース)

 春や昔十五万石の城下哉 子規
 さくら活けた花屑の中から一枝拾ふ 碧梧桐
 なつかしき父の故郷月もよし 年尾
 城山や筍のびし垣の上 極堂
 風ひそひそ柿の葉落とし行く月夜 朱鱗洞
 わかるるや一鳥啼て雲に入る 漱石
 遠山に日の当りたる枯野哉 虚子
 松山や秋より高き天主閣 子規
 新立や橋の下より今日の月 子規
 薫風や大文字を吹く神の杜 子規


 道後温泉駅
 坊ちゃん列車
 子規記念博物館
 松山城





前日夜に国鉄バスで松山入りして一泊して迎えた朝、松山市内を堪能するで〜〜!と気合いも充分、まず最初に松山城へ向かいました。
松山城は小高い山の上にあるのでロープウェイがあります。とりあえず乗り場に行ってみてしばし悩む貧乏人。

往復500円、片道260円。ロープウェイ乗らんでも登れるんちゃうん?いや勾配きついんかな〜などと相方さんと言い合いながら、結局登りだけ乗ることにしました。ほ、ほら後々疲れた〜ってならんようにせんとねと言い訳しながら。
ロープウェイだと思って乗り場に行ってみるとリフトも並走していました。リフトを見たらこっちに乗りたい!という相方。リフトに乗るなんて久しぶりでちょっとビビってしまう私。えぇ、その昔スキーでリフトを止めたことがありまして。

江戸時代に落雷によって消失したものの1854年に再建されている松山城、とても良いお城です。お城の中を一通り見終わった頃に甲冑を自由に着られるコーナーがあって、わーわー言いながら楽しそうに甲冑を着ている若い男子たちに混じって甲冑を着てみましたがとても楽しい思い出になりました。

のんびりと坂を下りてロープウェイ乗り場の観光案内所でレンタサイクルを借り、種田山頭火の終焉の地である一草庵へ行ってみたり、道後温泉を通り越えて四国遍路の第五十一番札所石手寺へ参拝に行ってみたりしました。松山でレンタサイクルはとてもオススメです。一日300円で借りられて、返却は大街道の商店街の中のサイクルポートにもできるので便利でした。知らない街を自転車で走り回るってとても楽しいです。



前回掲載しました『松山 湯築城 道後公園 【愛媛】』(http://nippontenugui.seesaa.net/article/152740284.html)に続きまして、こちらの俳句の里手ぬぐいを載せることにしました。道後温泉の近くのお土産屋さんで見つけました。

印刷モノならではで、たくさん松山に関する俳句が並べられ、イラストも松山の観光名所たちが満載で描かれています。松山への愛を感じる熱い一枚となっています。子規記念博物館の下のイラストは右から「ホトトギス」って書かれています。道後公園のボランティアガイドのお爺ちゃんが教えてくれました。

有名な正岡子規や種田山頭火などのゆかりの地として、観光俳句ポストが各地に置かれている松山。この手ぬぐいに書かれた句を読んでいると松山の街で見た情景が目に浮かびます。





入手場所:道後温泉近くのお土産屋さんにて
入手年:2010年




道後温泉旅館協同組合HP→(http://www.dogo.or.jp/
松山市役所HP→(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/
財団法人松山観光コンベンション協会HP→(http://www.mcvb.jp/
伊予鉄道HP→(http://www.iyotetsu.co.jp/
松山城HP→(http://www.matsuyamajo.jp/
松山市役所HP内レンタサイクル案内→(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/1181818_1021.html


所在地→愛媛県松山市伊予鉄道道後温泉駅
地図↓







160_matsuyama01.JPG
松山城へロープウェイとリフトが並走しています。開放感のあるリフトに乗ってみました。[AGAT18K撮影]




160_matsuyama02.JPG
わくわくしながら石垣を眺めつつ登っていきます。[AGAT18K撮影]




160_matsuyama03.JPG
遠足かな?小学生がたくさん歩いていました。[AGAT18K撮影]




160_matsuyama04.JPG
松山城天守。[AGAT18K撮影]




160_matsuyama05.JPG
天守から松山の街を眺めて。[AGAT18K撮影]




160_matsuyama08.JPG
正宗寺内にある子規堂にて。



160_matsuyama066.JPG
種田山頭火終焉の地、一草庵。こちらの近くのお土産屋さんで種田山頭火の手ぬぐいを売っているらしい情報をネットで見つけたのですが、お店が閉まっていたので見つけられませんでした。[AGAT18K撮影]




160_matsuyama09.JPG
道後温泉駅。坊ちゃんに扮したお兄さんとマドンナに扮したお姉さんがにこにこしながらお相手してくれます!




160_matsuyama07.JPG
伊予鉄道の路面電車と坊ちゃん列車。整理券をもらって坊ちゃん列車にも乗ってみました。[AGAT18K撮影]




160_matsuyama10.JPG
坊ちゃん列車の車掌さん。一生懸命に色んなことを説明してくれて坊ちゃん列車をもっと好きになっちゃいました。笑顔が素敵なお兄さんでした。どうもありがとうございました。




<観光>
(160)
 



posted by なこんぶ at 00:51| Comment(4) | TrackBack(1) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん・・・
わたくし四国という土地に一度も足を踏み入れたことがないんです、羨ましい。
Posted by honour at 2010年06月19日 04:11
こんばんは!
おっと、四国に行かれたことないのですか。
ぜひぜひ行ってみてくださいませ。ええところ盛りだくさんです四国は。

うちもなぜか最近は単車ではまったく行けていなくてもっぱらバスでですが、以前は単車でぐるぐる走り回りました。現在は高知へ行くフェリーが廃航になってしまったので高知方面には行きにくくなってしまいました。
また単車で行こうと思ってます。
honourさんも単車で行ってみてはいかがでしょう。和歌山から徳島へのフェリーがありますよ。
Posted by なこんぶ at 2010年06月20日 01:51
プリント物だからてんこ盛りの内容!でも好き〜こういうの大好き!緑の使い方が上手すぎ!
ちなみに私も四国行った事ありません。九州も!

あと城巡り・・・私も行きたい。(家の近くの岩崎城は何もありませんでした)
ワールドカップ手拭いの新しいのアップしましたよ!
Posted by 原色局長 at 2010年06月21日 23:22
染物でお願いしたいといつも書いてはおりますが、プリント物でこれくらいの勢いでてんこもりな感じで作ってくれてはるなら良いですよね〜〜!!
私もこの手ぬぐいの緑色の使い方がとても良いなぁと思います。
いったいぜんたいいつ頃作られたものなのかわかりませんが、昭和の香りがぷんぷんしているところがたまりませんわ。

おっと局長さんも四国行かれたことないのですか。
ぜひぜひ旅ができるくらいまでお子様が大きくなられたら家族旅行に行かれてみてください。
坊ちゃん列車なんてチビッコに大人気でしたよ!

お城めぐりも長〜い目でのんびり行きましょうよ。お城はドーンと構えて待ってくれてますから。
ワールドカップ手ぬぐい見に行きます!
ワールドカップのグッズで手ぬぐいってたしかに日本だけのグッズでしょう!!外国人さんに自慢しましょう。笑
Posted by なこんぶ at 2010年06月22日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

 3 天皇  (1)
Excerpt:          ブログ小説                夕陽・少年隊    
Weblog: ブログ人
Tracked: 2010-06-23 02:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。