2010年07月08日

祇園祭山鉾手ぬぐいB 月鉾〜芦刈山〜保昌山〜放下鉾〜岩戸山〜船鉾

 
17tsukihoko.JPG

月鉾


18uradeyama.JPG

占出山


19ashikariyama.JPG

芦刈山


20housyouyama.JPG

保昌山


21houkahoko.JPG

放下鉾


22iwatoyama.JPG

岩戸山


23funehoko.JPG

船鉾





『手ぬぐい、どうどすか〜?』



今年(2010年)の巡行順で17番から23番となる、月鉾〜芦刈山〜保昌山〜放下鉾〜岩戸山〜船鉾、計7枚の手ぬぐいの登場です。



四条烏丸から西へ行くとひときわ目立っているのが月鉾、手ぬぐいも目立っています。月の中にいるうさぎさんが見つめる月鉾が堂々としていて素敵ですね。私の記憶では昨年また違った手ぬぐいが売られていたように思います。毎年新しく作っておられるのかもしれませんので今年も要チェックです。
日本三景が描かれているという胴掛けのある占出山は、他の山鉾を後ろに従えて行列している姿が描かれていて、他の山鉾の手ぬぐいには見られない他の山鉾と仲良く並んで描かれているところがとても素敵だと思います。

芦刈山は宵山の特徴である提灯が描かれていて宵山を巡って歩いた思い出をほんわりと思い出せるあたたかい雰囲気だと思います。こちらも複数の手ぬぐいを作られていたように記憶していますので違う柄の手ぬぐいもぜひ。
保昌山は胴掛けに描かれている円山応挙画と手ぬぐいに入っていて、個人的には祇園祭山鉾手ぬぐいの中では抜群にカッコイイと思っています。

放下鉾は手ぬぐいの包装紙の裏側に「皆川泰蔵氏作のバクダット図見送の図柄から写された現代的な鉾の名品部分のひとつです」と書かれていて、見送りの図柄のフクロウが描かれています。皆川泰蔵さんというと、菊水鉾の手ぬぐいも船鉾の手ぬぐいも皆川さんの絵が使われています。皆川さん大人気ですね!皆川さんの絵の使われているこの3つの手ぬぐいどれも素敵です。

岩戸山はシンプルで渋い!記憶が正しければ、知り合いの知り合いがこちらの町内の方で祇園祭の山鉾に初めて登らせてもらったのは岩戸山でした。こちらの手ぬぐいはパリっと男性にカッコよく使ってほしいなぁなんて思います。

そして船が好きな私にとって祇園祭の山鉾の中でいちばんお気に入りの美しい姿の船鉾。手ぬぐいは期待どおりに船鉾の姿が描かれています!見たままそのままに美しく染め抜かれた船鉾の手ぬぐい、素晴らしいです!




祇園祭山鉾手ぬぐい連続掲載3回目となりました。縦型の手ぬぐいが多かったのですが、今回は横型のものが4枚あります。縦と横でも印象がだいぶ違うものだなぁと感じるところです。
残念ながら巡行順で24番となる北観音山では手ぬぐいが作られていないのか見つけられていませんので、次回は25番橋弁慶山から32番南観音山まで掲載の最終回になります。






芦刈山HP→(http://www.ashikariyama.org/
岩戸山HP→(http://www.iwatoyama.jp/




京都・祇園祭ボランティア21事務局HP→(http://www.gionmatsuri.jp/
京都新聞祇園祭特集→(http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gion/gion.html
財団法人京都市観光協会HP→(http://www.kyokanko.or.jp/




美しい船鉾の地図はコチラ↓









gion03_01.JPG
芦刈山にて。手ぬぐい友達Kちゃんをパチリ。[AGAT18K撮影]




gion03_02.JPG
放下鉾にて。[AGAT18K撮影]




gion03_03.JPG
とても綺麗な模様ですね。[AGAT18K撮影]





gion03_05.JPG
好きです船鉾。[AGAT18K撮影]





gion03_04.JPG
いちばんお気に入りの船鉾。厄除けちまきを玄関に飾っています。[AGAT18K撮影]





gion03_06.JPG
お兄さん、カッコイイですよ![AGAT18K撮影]





gion03_07.JPG
ちょっと足を延ばして京都の手ぬぐい屋さんではお気に入り「京のてんてん」(http://www.tentenjp.com/)麩屋町三条店へ。
祇園祭のときには特別にB反の手ぬぐいがワゴン売りされていました。[AGAT18K撮影]









<観光/祭/祇園祭>
(177/178/179/180/181/182/183)
 




posted by なこんぶ at 01:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 祇園祭山鉾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実はは僕、関西人なのに生で祇園祭見た事が一度もなくて、今年は土曜日が巡幸なので観に行けたらトライしようかと思ってます。

ところで山鉾巡幸の日は各山鉾の手ぬぐいは買えないって聞いたんですが本当の所はどうなんでしょうか?お教え頂けたら幸いに存じます。

本当、船鉾がかっこいい美しい…
Posted by じゅんいち at 2010年07月08日 13:55
あー祇園祭り・・・(行けないのでキレそうですw)
祇園祭りの時期は私の妻の誕生日が近い時。誕生日だから旅行に行こうと強引に京都に行っていたものです。
で今回紹介されている船鉾の手拭いですが、寝室に何か御利益がありますようにと飾っていました。そして今年見事妻が妊娠したのです!(苦節9年待ちに待った子供です)
調べてみると「船鉾は神功皇后がご懐妊中に出陣されたと言う説話を基にしている鉾」らしいのでそのご利益なのかも!
お礼参りに行きたい!あー京都行きたい・・・ていうか住みたいですぅ
Posted by 原色局長 at 2010年07月08日 21:42
>じゅんいちさん
昨日お返事書かせてもらったのですが、私も巡行当日に手ぬぐいが売られているのかわからないんです…お役に立てなくて申し訳ありません。まだ祇園祭の手ぬぐいを買い集めていない頃に巡行を見に行ったきりなんです。
できたら今年、土曜日ですから私も行ってみたいとは思っているんですけどね。

船鉾ほんまに素敵なのでぜひ見に行かれてみてください!
じゅんいちさん関西にお住まいみたいなのでなんとか宵山のうちに行くのはむりなのでしょか…?
Posted by なこんぶ at 2010年07月09日 02:31
>局長さん
なるほどそんなご利益があったのですね!!
では可愛い娘さんと出歩けるようになったら娘さんを連れて船鉾を見に行かれたら素晴らしいですね。
嬉しくなるようなエピソードを聞かせてくださってありがとうございます。

今年は局長さんのぶんも宵山の祇園祭を感じてきます!
いつか祇園祭でお会いできたらいいなって思っています。
Posted by なこんぶ at 2010年07月09日 02:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。