2010年07月09日

祇園祭山鉾手ぬぐいC 橋弁慶山〜役行者山〜八幡山〜黒主山〜鈴鹿山〜浄妙山〜鯉山〜南観音山

 
25hashibenkeiyama.JPG

橋弁慶山


26ennogyoujayama.JPG

役行者山


27hachimanyama.JPG

八幡山


28kuronushiyama.JPG

黒主山


29suzukayama.JPG

鈴鹿山


30jyoumyouyama.JPG    31koiyama.JPG

左・浄妙山                 右・鯉山


32minamikannonyama.JPG

南観音山





『手ぬぐい、どうどすか〜?』





今年(2010年)の巡行順で25番から32番となる、橋弁慶山〜役行者山〜八幡山〜黒主山〜鈴鹿山〜浄妙山〜鯉山〜南観音山、計8枚の手ぬぐいの登場です。




橋弁慶山はその名のとおり、五条の橋の上に飛び乗った牛若丸と弁慶の描かれた雄雄しい一枚。細かい描写の染めが素敵で躍動感がのある手ぬぐいだと思います。

役行者山はシンプルながら祇園祭そのものを感じさせてくれます。八幡山は色合いが美しく祇園祭を絵物語風に描いていて可愛らしいです。
黒主山は手ぬぐいには珍しい真っ黒な染めで赤く黒の文字が入ってインパクト抜群!渋いです黒主山。

鈴鹿山は「雷除・安産・厄難消除」と書かれ京都の名所と祇園祭の山鉾の地図の入った可愛い一枚。こちらはお土産に買うにはぴったりなんではないかと思います。私にとって山鉾手ぬぐいを買い集めて最後の最後に買うことのできた一枚でした。

浄妙山は宇治川の合戦での一来法師と僧兵・浄妙が描かれていてこちらもとても格好の良い一枚。絵柄の細かい染め具合がとても素晴らしいです。

鯉山は4年前手ぬぐいを買い集めだした年に『祇園祭 鯉山鉾 登龍門【京都】』という記事で紹介させてもらっていますが、祇園祭の山鉾手ぬぐいの中ではかなり秀逸な一枚です。鯉が力強く滝を登っていく姿がたまらないですね。4年前に買った手ぬぐいには判子を押していただいたので洗って使ってしまうわけにいかず部屋に飾っていますので、新たに普段使い用に昨年購入しました。

そして最後の一枚になりました南観音山。巡行の殿をつとめる南観音山、龍王渡海の見送りの龍が染め抜かれ、素晴らしく熱い手ぬぐいです。いやもうほんまに文句なしに素敵な一枚!
この手ぬぐいを使っていれば女子も男子も龍の如くカッコイイこと間違いなしです。




祇園祭直前、4夜連続計31枚の手ぬぐい掲載はこれにて終わります。
どれもこれも素敵な手ぬぐいばかりで甲乙つけがたく、一枚一枚眺めてはハァ〜〜かっこええなぁこれもええなぁってうなるばかりでうまく手ぬぐいの説明ができなかったのが申し訳なかったですが、簡単な説明と感想を色々と書かせてもらいました。

一回目の掲載の時にも書きましたが、祇園祭を維持していくのに手ぬぐいを買うことで少しでも寄与できるのであればええことやなぁと思います。実用になる手ぬぐいですからぜひどちらかの山鉾で手ぬぐいを見かけたら一枚お土産に買うてみてはいかがでしょうか。

熱い京都祇園祭の宵山の雰囲気を汗を拭き取るたびに思い出すことのできる素敵なお土産になりますよ。




橋弁慶山HP→(http://www.hashibenkei-yama.com/
八幡山HP→(http://www.hachimansan.com/
鯉山HP→(http://www.koiyama.com/




京都・祇園祭ボランティア21事務局HP→(http://www.gionmatsuri.jp/
京都新聞祇園祭特集→(http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gion/gion.html
財団法人京都市観光協会HP→(http://www.kyokanko.or.jp/




かっこいい龍の手拭いの南観音山はコチラ↓







gion04_01.JPG
橋弁慶山にて。[AGAT18K撮影]




gion04_02.JPG
役行者山にて。[AGAT18K撮影]





gion04_03.JPG
黒主山にて。[AGAT18K撮影]





gion04_04.JPG
下から見上げる山鉾。[AGAT18K撮影]




gion04_05.JPG
鈴鹿山にて。[AGAT18K撮影]





gion04_06.JPG
どちらかの山鉾の会所の通路にて。[AGAT18K撮影]





gion04_07.JPG
鯉山の会所にて。鯉のご神体がありました。[AGAT18K撮影]





gion04_08.JPG
鯉山の提灯。[AGAT18K撮影]





gion04_09.JPG
南観音山にて。[AGAT18K撮影]






gion04_10.JPG
また行こうね祇園さん。[AGAT18K撮影]










<観光/祭/祇園祭>
(184/185/186/187/188/189/190/191)
 



posted by なこんぶ at 01:57| Comment(9) | TrackBack(0) | 祇園祭山鉾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい!ノックアウト!ですね。
31枚でおいくら万円になるんでしょうか?
Posted by honour at 2010年07月09日 06:32
honourさん

お、おいくら万円か…考えるだけでふらふらしてきちゃいます。(笑)
地味にためたお小遣ですねん。

こんなにようけ買ってどないしますねん、ってな感じですが、こうして紹介することができて満足です。

Posted by なこんぶ at 2010年07月10日 23:53
京都行って来て聞いてみたら、大抵の町内では14〜16日しか出していない、17日の巡幸日はやはりほぼ入手不能との回答でした。

よって今年はムリみたいです(泣)
Posted by じゅんいち at 2010年07月11日 05:04
じゅんいちさん。

やはりそうなんですか・・・
しょんぼりですね。なんだかワタシもしょんぼりです。

この間もう一回ひじり屋さんへ行かせてもらったのですが、お店のご主人と奥さんにじゅんいちさんのお話を聞きました。ものすごーく手ぬぐいに詳しい方やったっておっしゃってましたよ。
同じ関西にお住まいのようですのでいっぺんお会いして手ぬぐい話してみたいなぁなんて思っています。

祇園祭の手ぬぐいの件は残念ですが・・・元気だしてください!!

Posted by なこんぶ at 2010年07月12日 21:59
いえいえ、僕なんてまだまだ駆け出しの手ぬぐいオタクです(笑)

まだわからない事だらけですから。

で、山鉾手ぬぐいの代わりと言っては何ですが、京都東山の料亭「土井」さんの手ぬぐいが入手出来ました。

土井さんの本館でお食事すると「おひざかけ」としてもらえるそうで…じゃあ洗って落ちたけどシミになっていたのってお食事の名残?(笑)

で、その手ぬぐいがここにアップされている鈴鹿山の手ぬぐいと良く似てるんですよ、まるで兄弟。

画像アップしてますので観比べて頂けたら面白いかと。
Posted by じゅんいち at 2010年07月13日 04:09
じゅんいちさん。

おっと!土井さんの手ぬぐい、買われたんですね〜。
ひじり屋さんで見てこれは鈴鹿山の手ぬぐいにそっくりやなぁって思ってたんです。
買うかどうかとりあえず積んでた中に入れてたんですが、悩んだ末にはずした一枚でした。
あの一枚をじゅんいちさんが買ってはったとは。

なるほど、おひざかけとしてもらえるものなんですね。なんという素晴らしいサービス。
手ぬぐいを手に入れた記念にご飯食べにいってみるっていうのはどうでしょう?ってお高いんでしょかね・・・

作ってはるとこが一緒なんやろうと思うんですけど、土井さんのも鈴鹿山のも京都をアピールしてて可愛いですね!
じゅんいちさんにもらわれた土井さん手ぬぐいが幸せな余生が過ごせますように〜〜
Posted by なこんぶ at 2010年07月14日 00:46
普通はごちそうを頂いた記念に手ぬぐいなんですが(汗)

明治40年築の本館での2万円〜のお食事コースにコレが付いてくるようです。

検索すれば料亭のHPだけでなく土井さんちのお食事体験リポートを挙げてるブログ等もありますので観て雰囲気を楽しんでみて頂きたいです。


自腹切ってでもいいからちょっと行ってみたくなりました←ぇ

手ぬぐい、現在額に入ってます、何しろ本来なら2万円〜ですから(爆)
Posted by じゅんいち at 2010年07月14日 22:09
じゅんいちさん。

にっ、にまんえん・・・・・
冗談でその手ぬぐいっておいくら万円?とか言ったりしますが、リアル2万円ですか。

手ぬぐいのためなら2万円でも!!

ご、ごめんなさい。むりです。むり。。

わかりました。雰囲気だけでも楽しんでみます。でもいつか行けるような大人になりたいもんですなぁ〜〜

2万円様ですからね!額に入れる気持ちもわかります。

いやでもほんま優秀な手ぬぐいやと思いますよ。鈴鹿山のも祇園祭に行った記念にどの手ぬぐい買ったらええやろ〜って聞かれたら、特に女子にですが、オススメする3本の指に入るんやないでしょうか。

いつの日か、もし土井さんに行けるような大人になったあかつきには土井さんで手ぬぐいオフ、できたらいいなぁなんて妄想する夢を見るといたします。
Posted by なこんぶ at 2010年07月15日 00:29
いえいえ、決してそんな意味で額装してる訳ではなくて純粋に鑑賞するためなんすよ。

やはりね、額使うと画面がシマるっていうか…

こうして見ると土井さんのは確かに優秀なデザインではあると思います。

(余談、口コミによると土井さんでのお食事は本館に限るようです、別館レストランはゴニョゴニョ…笑)

現在、額は3つ所有していて1〜2ヶ月位で中身入れ替えてます
、しまいっぱなし、出しっぱなしも良くないと思ってまして。

現在そのうちひとつはあの赤胴鈴之助が入っていたりして(壊)
Posted by じゅんいち at 2010年07月15日 07:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。