2010年12月08日

坂の上の雲<秋山好古・秋山真之>松山 【愛媛】

 
202_sakanoue01.JPG

203_sakanoue01.JPG

202_sakanoue02.JPG   203_sakanoue02.JPG

天地無私
熟慮断行

 天地無私 秋山好古
 熟慮断行 秋山真之

 秋山哲兒氏所蔵 子規記念博物館所蔵




湯築城手ぬぐいの記事のときにも書きましたように、日本百名城巡りのひとつ目のお城になった松山城と湯築城巡りなどなどゆっくりと周ってみたくて、2010年2月に4日間松山市内探索しまくってみました。松山城に朝から元気に登って見学したあと、ロープウェイの乗り場で貸してくれる松山観光レンタサイクルを借りてみることにしました。歩いて巡るのももちろん楽しいのですが、自転車を借りるとぐんと行動範囲が広がるので近年は公共交通機関で旅に出た先でレンタサイクルがあると借りて走り回るのが楽しみです。

愛媛県護国神社にお参りしたり、種田山頭火の終焉の地「一草庵」へ行ってみたりしながら四国遍路第五十一番札所石手寺まで走ってみました。松山城で話しかけてくれた観光ボランティアのおじいちゃんが石手寺の奥にある洞窟に行ってみてと教えてくれはったので行ってみたのですがなかなかすごい雰囲気でした。さらに奥の院があってそちらの雰囲気がまた不思議空間でした。
今年の秋に四国遍路の区切り打ちを第一番札所から始めたので、またいつかお参りすることになる石手寺に行くのがちょっと楽しみではあります。

石手寺から戻って道後温泉周辺へ。すでに暗くなり始めていたので少しだけ周辺を散策して、道後温泉本館は次の日のお楽しみにしてこのときは椿の湯へ。こちらの湯は地元の方が入りにいくようでのんびりしていて良かったです。

レンタサイクルの返却地が松山の繁華街・大街道の中にもあるので、伊予鉄道の路面電車を眺めながら夜の松山市内を走っていると、「秋山兄弟生誕地」の観光案内看板が。
おぉ!あの坂の上の雲の秋山好古さんと秋山真之さんですな!!

すでに夜やったので真っ暗やったんですが、お隣の道場からお稽古してはる様子がちらちらと見え、好古さんが騎乗している銅像と真之さんの銅像が暗い中で光っていました。

そして、柵の向こうの受付に見えたのが・・・「和タオル」発売!の文字。

おぉおおお!?
こ、これはっ!!和タオルって手ぬぐいのことですやろ。たぶん手ぬぐいやで!!!!!
でもよく見えないわ!


そんなわけでわくわくどきどきしながら次の日、早速朝から秋山兄弟生誕地へ再び。
やっぱり和タオルって手ぬぐいのことでした。残念ながらプリント物ではありますが、秋山好古さんが書いた「天地無私」と秋山真之さんが書いた「熟慮断行」の文字が光る熱き二枚の手ぬぐい。
二人の文字の書き方の違いが、司馬遼太郎の小説で読んだイメージとドラマで見たイメージに重なります。
良いですね!実に良いです!!
思いがけず熱い手ぬぐいに松山で出会えて旅テヌグイスト的に素敵な出会いでした。


前回掲載の「記念艦 三笠 皇国興廃在此一戦 横須賀 【神奈川】」(http://nippontenugui.seesaa.net/article/169418822.html)手ぬぐいの戦艦三笠に秋山真之が乗艦していたつながりで今回こちらの二枚を掲載することにしました。
NHKのドラマ「坂の上の雲」も放映中で次回も楽しみです。




◎参考手ぬぐい↓
俳句の里巡り 坊ちゃん列車 松山城 【愛媛】」(http://nippontenugui.seesaa.net/article/153715671.html
松山 湯築城 道後公園 【愛媛】」(http://nippontenugui.seesaa.net/article/152740284.html



202akiyama03.JPG
嬉しがって一枚。秋山好古さんバージョンを掲げて。カッコイイ手ぬぐい作ってくれはって常磐同郷会さんありがとうなのです。和タオル、って表現はわかりにくいんで「手ぬぐい」って書いて欲しいなぁと思います。




入手場所:秋山兄弟生誕地受付にて
入手年:2010年







松山市観光産業振興課HP→(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/
愛媛県観光協会・いよ観ネットHP→(http://www.pref.ehime.jp/izanai/kankou.html
財団法人松山観光コンベンション協会HP→(http://www.mcvb.jp/
「坂の上の雲」のまち松山HP→(http://www.sakanouenokumonomachi.jp/
秋山兄弟生誕地・公益財団法人常盤同郷会公式HP→(http://www.akiyama-kyodai.gr.jp/
※こちらで手ぬぐいを通販することもできるようです。

道後温泉旅館協同組合HP→(http://www.dogo.or.jp/
松山観光レンタサイクル案内→(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/1181818_1021.html




所在地→愛媛県松山市歩行町2丁目
地図↓






202akiyama10.JPG
松山城に登りました。松山城見学の最後のほうにある甲冑をつけることができるコーナーが楽いですよ。




202akiyama01.JPG
レンタサイクルで夜に通りかかった秋山兄弟生誕地。秋山好古大将像。すでに真っ暗でした。[AGAT18K撮影]




202akiyama02.JPG
秋山真之中将像。お隣の常磐同郷会の道場ではお稽古をしてはりました。[AGAT18K撮影]





202akiyama05.JPG
伊予鉄道の路面電車車内から坊ちゃん列車。[AGAT18K撮影]





202akiyama06.JPG
坊ちゃん列車後方から路面電車を。[AGAT18K撮影]





202akiyama04.JPG
坂の上の雲ミュージアム前にあった観光地名物顔出し。[AGAT18K撮影]




202akiyama07.JPG
四国遍路第五十一番札所石手寺より自転車で戻ってきた頃には道後温泉は暗くなっていました。[AGAT18K撮影]




202akiyama08.JPG
北山軒。松山の繁華街大街道にあります。(松山市二番町2丁目2−10→)。通りかかって入ってみたのですが、とても優しいおばちゃんが美味しいものをたくさん出してくれました。居合わせた地元のナイスミドルのおじ様にお酒をご馳走にもなりました。松山の夜にとってもオススメしたいお店です。松山に再び訪れるときにはまた必ず食べに行きます!





202akiyama09.JPG
愛媛県美術館のある公園から眺望する松山城。北山軒のおばちゃんが美術館の招待券をくれたので行ってみました。おかげでとてもあったかい松山の旅になりました。ありがとうございました。







<観光/歴史>
(202/203)
 


posted by なこんぶ at 01:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回は文字なんですね。
拝見した中では熟慮断行の文字がいいと思いました。
荒々しく男らしくそれでいて整った文字、
自分には書の心があまりありませんので「カッコいい!!」って思いました。
四国、一度も足を踏み入れたことの無い日本で唯一の地方。なこんぶさんの写真・文面からすると見所が沢山ありそうで、タイムスリップが楽しめそうで・・・。
なんとか高速料金のお安いうちに行かなくてはと思う気持ちがさらに強まりました。
Posted by honour at 2010年12月08日 07:23
ついに お遍路さん になってしまいましたか。
「死ぬまでにはもう一度」と思っているんですが、はてさて、次はいつになることやら…?
文字の手拭いもいいですね。
自分も「カッコいい」と思ってしまいました。
日本人のくせに「漢字ってカッコいいよな」と思います。
Posted by lewalewa at 2010年12月08日 18:18
>honourさん

そうなんです。今回は文字の書の手ぬぐいなのです!
どちらも味があっていいですよね。坂の上の雲を見ていてモックンよりなぜか阿部寛のほうが気になっちゃう私には天地無私のキッチリ感がイメージに重なって好きです。

四国いいですよ〜!ぜひ行ってください。
どこの県も見どころがいっぱいあるので忙しいとは思いますが。
高速道路が安いのもわかるんですが、、ぜひ船を使っていってみてください。宇高国道フェリーなんて瀬戸内をぬうように進むのでお勧めです。高速ならしまなみ海道で!
Posted by なこんぶ at 2010年12月12日 23:58
>lewalewaさん

はい。ついにお遍路さんになっちゃいました。先々月に第十七番札所まで巡ってきました。最初の感覚をつかむのにはちょうどよかったです。
これからlewalewaさんのブログのレポートを参考にさせてもらいます。
しばらく高知県には走っていってないので次回の区切り打ちで行けるかな〜と思いますが、楽しみです。
しかしバイク遍路の方っていらっしゃいませんね。ぜんぜん会いませんでした・・・

確かに漢字ってカッコイイです!今回のこの手ぬぐいはなんともいえないカッコよさがあるなぁと思ってます。
それから最近ちょっとお写経なるものも始めてみました。子供の頃にお習字をしていたので毛筆の感覚を取り戻す作業が楽しくて。写経を納経するほどの根性は入ってませんけど、、。せめて次回は納め札は筆で書いていこうかななんて思っています。
Posted by なこんぶ at 2010年12月13日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。