2011年03月11日

法興山中宮寺 斑鳩 【奈良】

 
207_chugu01.JPG

207_chugu02.JPG

『中宮寺』



わくわくしながら向かった秋の遠足、奈良の斑鳩。
かの有名な法隆寺さんには実に20年ぶり以上の参拝へ。目の前の国道25号線は何度も単車で通ったことがあっても、拝観料1000円也の壁は厚く・・・ゆっくりのんびり時間をかけて参拝できるときにでないともったいない!というわけで、電車で行くことにして国鉄法隆寺駅からてくてく歩いて向かってみることにしました。

法隆寺の金堂と五重塔をゆっくりと拝観して、たくさんの仏像を見学しました。正直なところ、仏像については不勉強も不勉強。これまでほぉーへぇーはぁ〜と見ているだけでしたが、同行した相方が仏像に詳しく、この時代の仏像さんは柔らかい優しい感じなんやでとかなんとか教えてもらい、ほんまやなぁと思いつつじっくりと見てきました。

そして夢殿へ。子供の頃に来たとき、夢殿の記憶だけが残っていて再び見たくてしかたなかったところ。嬉しくて嬉しくて夢殿のまわりをぐるぐる周ってしまいました。

法隆寺ゆうたら聖徳太子さんやで!聖徳太子ゆうたら一万円札やで!と、古いことを言っていたら、同行した相方は聖徳太子の一万円をリアルに使ったことがないらしい。えっ!そうなん・・・と、ちょっとショック。個人的には一万円札は聖徳太子さんに戻してほしいと思っているくらいやのに。

そんなこんなで、やっと今回の手ぬぐいの中宮寺さんへ。夢殿のお隣にある尼寺さんです。この日はなにかの集まりでもあったのか尼さんがたくさんいらっしゃいました。
境内に黄色いお花が咲いていました。手ぬぐいの柄のお花なのか、調べてみると中宮寺さんの山吹は有名なようです。

そして民家の間をぬけ、斑鳩神社にお参りしてから田園地帯をぬけ、法輪寺から法起寺へ。
秋も深かったこの時期、散策している方も少なく、日が落ちるのも早くて法起寺にたどり着いた頃にはもう夕日が沈みかけておりました。

法起寺といえばコスモスです!
奈良出身のバンド、ジッタリンジンの曲に「コスモス」という歌があるのですが、まさのこの曲はこの斑鳩界隈を舞台にしている歌でドラマのひとつもできそうな歌なのでございます。
「法起寺まで歩いても心がわりはないでしょう〜♪」と、ipodで聴きつつ歌いながら歩きたい!と思っていたので実践できてご満悦。

ちょっと遅すぎてしもたな〜というくらいちらほらとしかコスモスの花は残っていませんでしたが、夕焼けの法起寺の塔を眺めて帰途につきました。


秋の斑鳩の思い出の染み込んだ山吹の中宮寺手ぬぐい、大事にしようと思います。





※近くのお寺さんでも以前素敵な手ぬぐいを見つけました↓
◎参考手ぬぐい→『ぽっくり寺 清水山吉田寺 斑鳩 【奈良】』(http://nippontenugui.seesaa.net/article/141554947.html





入手場所:中宮寺売店にて
入手年:2010年秋




中宮寺公式HP→(http://www.chuguji.jp/
奈良県観光情報大和路アーカイブHP→(http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/
太子ロマン斑鳩(いかるが)の里 観光案内所 法隆寺iセンターHP→(http://www4.kcn.ne.jp/~ikaru-i/





所在地→奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺北
地図↓







207ikaruga09.JPG
山吹の花でしょうか。中宮寺にて。[PENTAX W90撮影]




207ikaruga08.JPG
聖徳太子のお母さん穴穂部間人皇女・間人皇后のお寺、中宮寺本堂。[PENTAX W90撮影]





207ikaruga01.JPG
法隆寺、金堂と五重塔。法隆寺には手ぬぐいは残念ながらありませんでしたが、売店の方にたずねると直接お寺に言ってくれたらひょっとするかも的お答えが。リクエストしてみましょうかね。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]




207ikaruga02.JPG
法隆寺から夢殿、中宮寺に向かって。紅葉していました。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]




207ikaruga03.JPG
夢殿![旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]




207ikaruga04.JPG
素敵な土壁です。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]




207ikaruga05.JPG
中宮寺宮墓地の石標を見つけました。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]




207ikaruga06.JPG
夕日が沈みかけています。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]




207ikaruga07.JPG
法起寺とコスモス。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]








<仏閣寺院・観光>
(207)
 


posted by なこんぶ at 00:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
福沢諭吉の萬券が発行されたのは1984年。
………。
いやぁ、お若い奥方様でうらやましい。
Posted by lewalewa at 2011年03月11日 19:03
聖徳太子に伊藤博文、板垣退助。
圧倒的な存在感はやっぱり太子だったよね。
一万円札を持つと震えたもんね!
財布の中に一万円札が入っていると何でも買えそうで、
恐いものなしって感じで!安心感があって!頼りがいがあって・・・。

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺
幼い頃に買ってもらったペナントに書いてあった句。
ノスタルジッくに陥ってしまうのが私の中では法隆寺、
夕焼け小焼けの法隆寺は私の心象風景。

入場料、1000円とはちょっと・・・。世界最古の木造建築物で世界遺産を守るためにフンパツしなさいって所なんでしょうか。
Posted by honour at 2011年03月12日 07:11
>lewalewaさん

お返事が遅くなってしまってすみません。
静岡でも大きな地震がありましたが大丈夫でしたか・・・?
あまりにもすごい事が起きてショックでしたね。。

えぇと、福沢諭吉さんが登場したんが1984年ですか。なるほど、、そうなると確かにわたくし自身は使ってたことになります。
相方は・・・(ちなみに奥方ではないです。はい。えぇまぁ。そのう・・・なんとなくお察しください。笑)まだ生まれてさえいませんわ!
聖徳太子の一万円札のカッコよさを知らへんなんて、ねぇ。

ぜひ機会があったら奈良・斑鳩の里にもお越しくださいませ。のんびりしたいいところです。
Posted by なこんぶ at 2011年03月20日 01:58
>honourさん

お返事が遅くなってしまってすみません。
三重は大丈夫かとは思いますが、ご家族ご親戚みなさん大丈夫でしたか?

行ったことあるところが色々と被害を受けていてすごくショックでした。
気持ちは落ち着きませんができるだけ普段どおりに動いていこうと思っています。

法隆寺、とてもいいお寺さんですね。世界最古の木造建築!って思うとほんまにすごいと思います。
手ぬぐい作ってくれはったらまた参拝に行かせてもらうんですけど・・・。でもたった1000円で世界最古の建築物を見られるんやと思えば安いのんかもしれませんね。

懐かしい気持ちになりにまた斑鳩にもお出かけください。バイクで来てる方もいらっしゃいましたよ。
うちはまた門前をバイクで通り過ぎることになりそうですが・・・。
Posted by なこんぶ at 2011年03月20日 02:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。