2012年01月18日

門司港レトロ 関門海峡【福岡】

 
223_moji01.JPG

223_moji02.JPG

223_moji03.JPG

『門司港レトロ』




単車で色んなところへ旅するようになってから数え切れないほどお世話になってきたフェリー航路。単車と船に乗って現地入りして旅したり、旅先で船に乗って移動したり。たくさんの船に乗っているうちに船が大好きになりました。
長距離フェリーから短いフェリー航路まで色々な船がこの数年で運休してしまったり廃止になってしまっていっています。一昨年は明石海峡を渡るたこフェリーが運休してしまいとても悲しい気持ちになりました。
これ以上フェリー航路なくなるのは悲しいしいややなぁなんて思っていました。

そんなとき飛び込んできたニュースが。
下関と小倉を結ぶ「関門海峡フェリー」が2011年11月末で運休(廃止)するとのこと。
これまでに乗ったことはなかったんですが存在は知っていていつか乗ってみたいなぁと思っていたのです。

関門海峡フェリーに乗りにいこう!!
今ならまだ間に合うで!

そういったわけで船に乗りに船に乗っていくことにしました。


大阪南港から名門大洋フェリーに乗船して新門司港へ。名門大洋フェリーにはたぶん7回目の乗船ですが今回初めて単車と一緒ではなくて徒歩での乗船でした。明石海峡大橋を越え、瀬戸大橋を越える頃には夢の中。新門司港で国鉄門司駅行きのお迎えバスに。いつも単車だったのでバスに乗るのが初めてで「名門大洋フェリー」の文字&かもめのキャラクターが描かれたバスに乗るだけで嬉しがってしまいました。

国鉄門司駅から門司港駅までちょこっとだけ電車に乗って門司港へ。


たくさんのレトロな建物が建ち並んでいる町並みを散策しながらレンタサイクルターミナルへ向かっていると、ちょうどその日はマラソン大会の日でした。

自転車貸してください!

どこまで行くの?
えっ!?関門海峡フェリー?

受付のおっちゃんが驚かれました。これまでそんなことしようとする人いてなかったんでしょうかね・・・

普通の自転車を借りようと思ってたのですが、電動チャリンコしか置いてないとのことで電動アシスト自転車を借りてみました。電池満タンにしてあるから!って笑顔で送り出してくれたおっちゃん。
無事に帰ってこれますように。。


そんなこんなで自転車でスタート。関門海峡を下関側へ関門人道トンネルを通って渡りました。
ココ、いっぺん来てみたかってんなぁ。福岡県、山口県、福岡県、山口県、県境を行ったりきたり反復横飛び、っていうアホなことがしてみたかったんです!

下関側に渡って関門海峡を眺めながら下関の町をぬけ、橋をちょこっと渡るだけで行ける彦島へ。
どきどきしながら船がやってくるのを待ちました。

フェリーふく彦、ふくの姿が描かれていてとても可愛いくて立派な船です。わくわくしながら乗船しました。

たった13分の短い時間でも関門海峡フェリーに乗れて本当に良かった。たくさんの人のたくさんの気持ちを乗せてずっと関門海峡をいったりきたりしてたんやね。。



小倉側に渡って小倉に宿をとり夜の小倉の街を堪能して、次の日またせっせと自転車を漕いで北上して門司港へ帰りました。


もったいないからほとんど切って走っていた電動アシスト自転車の電源。
返したときには電池満タン表示!
・・・なにやってるんでしょう。

自転車で走り回った門司の町並み。レンタサイクル借りて走ってみるのとても楽しいのでオススメですわ!


今回の旅の思い出に、同行した相方が今回の手ぬぐいを買ってプレゼントしてくれました。ありがとう。
いつもこんなにオサレな手ぬぐい買わへんもんなぁ〜。

個人的にはもう少し大きな文字で「門司港」の文字を入れてほしいななんて思います。建物の特徴でじゅうぶん門司の手ぬぐいってわかるとは思いますができましたら・・・。オサレ手ぬぐいにはそういうベタなことしちゃいけないのかしら・・・?

実用としてももちろん、飾るのに素敵な門司港もだん手ぬぐい。
大事にしようと思います。





門司港〜関門人道トンネル〜下関〜彦島・関門海峡フェリー乗り場までのルート↓


大きな地図で見る



moji012.JPG

JOYiNT門司港ターミナルで借りた電動レンタサイクル、2日間に渡って相棒として大活躍でした。国鉄門司駅前にある赤レンガを背に。





入手場所:福岡県北九州市門司区のお土産屋さんにて
入手年:2011年秋



北九州市観光協会HP→(http://www.kcta.or.jp/
北九州市門司区役所HP→(http://www.city.kitakyushu.lg.jp/moji/index.html
関門海峡navi<関門海峡観光推進協議会>HP→(http://www.kanmon.gr.jp/index.html
門司港レトロ・観光情報サイトHP→(http://www.retro-mojiko.jp/
タウンモービルネットワーク九州<JOYiNT門司港レンタサイクル>HP→(http://www.npo-ktmn.com/business/joint.html




所在地→福岡県北九州市門司区(レンタサイクル・JOYiNT門司港ターミナル)
地図↓











moji001.JPG
久しぶりに乗船した名門大洋フェリー。フェリーふくおか。初めて単車での乗船でなく徒歩乗船しました。[PENTAX Optio w90撮影]





moji009.JPG
国鉄門司港駅。まさに「国鉄」って言うほうがぴったりくるような風貌の駅舎。ホームも改札も良い雰囲気でした。国鉄横須賀駅をなんとなく思い出しましたよ。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]




moji003.JPG
門司港レトロの建物、国際友好記念図書館。手ぬぐいにも描かれてますなぁ〜。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





moji004.JPG
レンタサイクルターミナルのすぐ横に保存されている西鉄北九州線の路面電車。廃線になってしもたらしいです。残念。。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





moji005.JPG
関門海峡!ひっきりなしに通っていく船たち。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





moji002.JPG
楽しみにしていた関門人道トンネル。自転車は押して通りました。歩いてみたら長かった。渡りきって山口県側から。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





moji006.JPG
小倉からせっせと自転車を漕いで北上中に通りかかった門司製糖の赤レンガ工場。現役!ってところがたまりません。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





moji007.JPG
こちらも北上中に発見。ニッカウヰスキー門司工場の倉庫。元日本製粉門司工場だそうです。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





moji013.JPG
門司港に帰ってまいりました。門司港名物はね橋が上がるところをじっくりと観察。[PENTAX Optio w90撮影]





moji014.JPG
手ぬぐいにも登場している旧大阪商船、1917年(大正6年)建設。たくさんの古い建造物を眺められて門司港は見てまわるのがとても楽しいところです。[PENTAX Optio w90撮影]





moji008.JPG
初点平成9年という新しいデザイン灯台。チャリンコならではの機動力で港突堤の先っぽまで行ってみました。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





moji011.JPG
2011年11月末で休航となった関門海峡フェリーのフェリーふく彦。13分の小さな船旅。可愛いふくの描かれた船の勇姿をしっかりと目に焼き付けてきました。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]








<観光>
(223)
 
 
posted by なこんぶ at 23:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なこんぶさんにはレトロな物をかぎわける嗅覚にかなり優れているな〜と思いながらいつも拝見しております。天から授かった素敵な贈り物ですね(^.^)
Posted by honour at 2012年01月19日 06:34
今回はオサレ手ぬぐいですか!でも、その辺に売っている物と違い、流石いい味出していますね!

確かに文字は大きい方がいいかも。でも、オサレ手ぬぐいなのでその辺は控えめになんでしょうね。

妻が「今年は3人で京都行くぞぉ」と言っていました。祇園祭の事かな?ワクワク

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします!
Posted by 原色亭 局長 at 2012年01月23日 17:30
文字情報は最低限の方が僕は好きですね、絵描きが「本物」なら絵だけでほとんど伝わると思ってますので←ちょっと厳しい意見かしら?

誰が観ても何となくそれと判る、詳細や屁理屈なんか知らなくても楽しめる、そんな一枚柄が好きです。

これなら額で飾っても鑑賞に堪えるでしょう。
Posted by じゅんいち at 2012年01月26日 19:53
honourさん。

いつもありがとうございます。
レトロなものが好きなのはなんででしょうねぇ。
わくわくするんですよ。
以前お話してくれはった「温故知新」を大切にこれからも色々見ていきたいなぁと思っています。
今年もこつこつと手ぬぐいのことは頑張っていこうと思ってますのでどうぞ宜しくお願いします。
Posted by なこんぶ at 2012年01月27日 00:11
原色亭局長さん。

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いしますね!

そうなんです、今回はオサレ手ぬぐいなのです。珍しいですやんね。他にも数種類あったんですが門司らしいなぁと思ってこの一枚を選びました。

おっと!今年は祇園さんに来はりますか〜〜。
ぜひいらしてください。お会いできたらいいなぁ〜。楽しみに待っています。
Posted by なこんぶ at 2012年01月27日 00:19
じゅんいちさん。

いまは特にこういう手ぬぐいが人気があるんだなぁと思うのですが、私は最初に興味持ったきっかけになった手ぬぐいが文字だけの般若心経手ぬぐいから入っているのと旅先で出会える手ぬぐいが文字が入っている手ぬぐいがほとんどやったと思うのでわかりやすく文字の入ったのが好きなのですよ。
まぁ、門司だけに文字を・・・ってはい、すいません。

今回の手ぬぐいは額に入れて飾るのんにいいですね。私は普通に洗濯して首に巻いちゃいそうですが。。

いずれにせよ旅の思い出の染み付いた手ぬぐいはどれも大切な一枚だと思っています。
Posted by なこんぶ at 2012年01月27日 00:25
初めまして。
偶然、素晴らしいサイトに辿り着きました。
ここまで全国の手ぬぐいを実際に現地で入手されており、そのこだわりに感服いたしました!

僭越ですが、つい最近こんな手ぬぐいを作りましたので、ご紹介させてください。
http://inkyo.gunmablog.net/e237779.html

大変厚かましく、失礼いたしました。
Posted by 迷道院高崎 at 2012年06月17日 21:54
迷道院高さん。
コメントありがとうございます!お返事が大変遅くなってしまいまして申し訳ありません。

とても素敵な可愛い手ぬぐいを作られたんですね〜〜!
少し前に上州高崎から前橋に母と行かせてもらいました。前橋から赤城山に登ってとても綺麗でいいところで、母と良い思い出ができてよかったなぁと思っています。
でも訪ねたときにはお土産の手ぬぐいが見つからなかったんです・・・。ですからとても嬉しい情報です。ありがとうございます。
次回訪れたときにはぜひとも作られた手ぬぐいを手に入れたいです!そしてここで紹介してみたいです!!

ゆっくり更新でぼちぼちではありますが、これからも旅して集めた手ぬぐいを掲載していきますのでまた遊びにきてくださいね。

コメントくださって本当にありがとうございました。
これからも頑張ります。
Posted by at 2012年07月09日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/246957146

この記事へのトラックバック