2007年06月11日

壬生 大念佛 【京都】

 
047_01.jpg

『壬生 大念佛』

 壬生
 大念佛



入手場所:壬生寺阿弥陀堂内売店
入手年:2006年


新撰組にゆかりの壬生寺。屯所跡も北隣にあります。お参りしてみてわかりましたが、壬生狂言が有名なようで大念佛会というそうです。近代的な建物も多いお寺さんでなかなか不思議な感じもします。
寺内にある水掛地蔵さんにお参りしていたら、毎日のようにお参りにきているというおじいさんに声をかけられました。とてもご利益があるお地蔵さんなんや、とにっこりと素敵な笑顔をされたことが印象に残っています。毎日一生懸命拝んでいたらおじいさんのような素敵な笑顔になるのかななんて思ったりました。

壬生狂言の手拭い、紺で染め抜いてドンと大きく大念佛と書かれ、インパクトのある一枚です。お寺のものでこの渋さは素晴らしいのではないでしょうか。



壬生寺HP→(http://www.kyoto.zaq.ne.jp/mibu/


所在地→京都市中京区坊城仏光寺北入ル
地図→


<仏閣寺院/観光>
(047)
 

posted by なこんぶ at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントさせていただきます。
コハルと申します(ちなみに男です。。)
たまたま、お昼に仕事の合間にこのブログを発見して身体の中を稲妻が走り抜けるのを感じました。

大好きな手拭いと大好きな神社仏閣があると。
特に赤手拭稲荷は大興奮です。自分も大阪に住んでいて、神社、仏閣で朱印をいただくのが趣味なんですが、そこに手拭いがあればもう何もいうことはないくらい大好きで色々と買っちゃいます。

早速、週末行ってきます。

まだ、仕事中なんで、全ての手拭いを見れてないのが残念ですが、この興奮を言葉に記したくてコメントを残しました。

変なテンションかつ、乱筆乱文で申し訳ございません。

また、遊びにこさせていただきます。
Posted by コハル at 2007年06月13日 21:24
コハルさん初めまして!
コメントくださってありがとうございます。

稲妻が走り抜けるほどのものを感じてくださったようで、なんだか照れます。

赤手拭神社の名前をたまたま発見したとき私も激しく興奮してしまいました。実際訪れてみると本当にちいさなお社で変わったふうもないのですが、やはり手水のところにかかった赤い手拭いの列にはさすが手拭い神社!とひとりで突っ込んでしまいました。
ぜひ実際に行かれてみてください。そして赤い手拭いを社務所でどうぞ。ちょっともったいなくて使えないかもしれませんが。。

興奮したコメントをいただいて本当に嬉しいです。地味に続けてきたブログですのでこうしてコメントをくださるととても嬉しいです。

これからも御朱印と手拭いを集めに神社仏閣にせっせとまいりましょうね。どうか道中お気をつけて。

また遊びにきてくだださいね。ありがとうございました。
Posted by なこんぶ at 2007年06月14日 01:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。