2007年10月19日

花も会津の白虎隊 【福島】


062_01.jpg

062_02.jpg

062_03.jpg

『花も会津の白虎隊』

 安達藤三郎 十七才
 有賀織之助 十六才
 池上新太郎 十六才
 石田和助  十六才
 石山虎之助 十七才
 伊東悌次郎 十六才
 伊藤俊彦  十六才
 井深茂太郎 十六才
 篠田儀三郎 十七才
 鈴木源吉  十七才
 津川喜代美 十六才
 
 津田捨蔵  十七才
 永瀬雄次  十六才
 西川勝太郎 十六才
 野村駒四郎 十七才
 林八十治  十六才
 間瀬源七郎 十七才
 簗瀬勝三郎 十七才
 簗瀬武治  十六才

 飯沼貞吉  十六才
 自刃後に蘇生


 島田 磐也 作詩

 一、戦雲晦く 陽は落ちて
   孤城に月の 影悲し
   誰が吹く笛か 識らねども
   今宵名残りの 白虎隊

 二、紅顔可憐の 少年が
   死をもて守る この保塞
   滝沢村の 血の雨に
   濡らす白刃も 白虎隊

 詩吟
 南鶴ヶ城を望めば
  砲煙あがる
 痛哭涙を飲んで
  且彷徨す
 宗社亡びぬ
  我が事終る 
 十有九人 
  屠腹して僵る

 三、飯盛山の 山頂に
   秋吹く風は 寒けれど
   忠烈今も 香に残す
   花も会津の 白虎隊


 白虎隊十九士



入手場所:鶴ヶ城となり鶴ヶ城会館お土産屋さんにて
入手年:2007年



白虎隊のことは不勉強でよく知りませんでした。帰ってきてから色々と読んで勉強しています。一日二日の訪問では知りたくてもなかなか難しいと感じました。ゆっくりと色々と見学しながら会津若松を歩いてみたいと思いますが、なかなか遠くてこんどはいつ行けることやらです。

戊辰戦争で自刃した白虎隊隊士の名前と会津藩の会津三つ葉葵の家紋、花の白虎隊という歌が入った手拭いです。会津・白虎隊をダイレクトに感じる手拭いだと思います。



◎参考手拭い→『会津"什の掟"白虎隊 【福島】



会津若松市HP→(http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/index.htm
会津若松市観光公社HP→(http://www.tsurugajo.com/
極上の会津プロジェクト協議会HP→(http://www.aizu-furusato.com/gokujo/index.php
白虎隊記念館HP→(http://www.h3.dion.ne.jp/~byakko/
喜多方観光協会HP→(http://www.kitakata-kanko.jp/




所在地→福島県会津若松市
地図→



72170001.jpg

鶴ヶ城。[AGAT-18K撮影]



72170003.jpg

鶴ヶ城の石垣。いい雰囲気です。[AGAT-18K撮影]



72170005.jpg

会津若松。ボンネットバス「ピカリン号」。走りながら発見して撮影。[AGAT-18K撮影]


72170007.jpg

通りかかった会津信用組合の蔵。とても素敵です。[AGAT-18K撮影]



72170011.jpg

喜多方の蔵。夕闇迫る中走りました。[AGAT-18K撮影]



<観光/歴史>
(062)
 
≪2007年夏・東北へ手拭い探しの旅シリーズ≫

 
posted by なこんぶ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。