2008年03月03日

信州 善光寺 【長野】

 
073_01.JPG   073_02.JPG


074_01.JPG

074_02.JPG


075_01.JPG

『信州 善光寺』

 東部
 錦朝楼
 芳虎

 向榮堂梓

 牛にひかれて
 善光寺参り

 参拝記念



入手場所:善光寺社務所(上・中)・門前のお土産屋さん(下)
入手年:2007年



善光寺参りはこのときが二度目でした。7〜8年も前のことですが、宿坊のひとつでもある教授院YH(ユースホステル)<YHのサイトはこちら→http://www.jyh.or.jp/>に宿泊して、朝早くからお参りをしました。そのときに見たえらいお坊さんが参拝の方の頭をお数珠で撫でている姿がいまだに忘れられません。お朝時、というそうです。
長野といえば善光寺!ということで、東北へのツーリングの帰り道に寄ってみました。


さて手拭いです。前回のときは意識していなかったのですが、、社務所で善光寺純正品手拭いが2枚売られていました。
一枚目の手拭いはあずき色で善光寺の特徴の大きな屋根が染められていてお寺さん手拭いではうっとりするほど優秀な一枚だと思います。

二枚目の手拭いは、「牛に引かれて善光寺参り」、布を干していたおばあさんから布を角にひっかけて走って去ってゆく牛を追いかけていったら善光寺に着き・・・というお話の絵を染めて描いてあります。詳しくは善光寺さんのサイトにも書かれています。この「布」ってひょっとして手拭いだったり、、しないでしょうかね。

三枚目の手拭いは、お土産屋さんで見つけたものですが、同じく「牛に引かれて善光寺参り」を題材に描かれています。こちらはプリントでした。

三枚とも素敵だったので同時に三枚掲載してみました。


信州善光寺HP→(http://www.zenkoji.jp/
門前長野の情報サイト・善光寺ライフ→(http://www.zenkoji-life.jp/
長野県公式観光ウェブサイト→(http://www.nagano-tabi.net/


所在地→長野県長野市
地図→


45780008.jpg

たくさんの草鞋がつけられています。[AGAT-18K撮影]


45780010.jpg

善光寺。参拝の方がたくさんいました[AGAT-18K撮影]


45780013.jpg

大きな屋根が素敵です。[AGAT-18K撮影]



45780015.jpg

昇り龍王の松。のんびりと境内を散策しました。[AGAT-18K撮影]



<仏閣寺院/観光>
(073/074/075)
 



posted by なこんぶ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

伊那市「平成の大検地」 【長野】

 
055_01.jpg

055_02.jpg

『伊那市「平成の大検地」』2006

 朝陽の尾根から
 夕日の尾根へ
 あまたの山谷乗り越えて
 実りし平成大合併
 生まれし伊那市の
 晴れ姿
 おめさま
 たちにも
 見て
 ほしい
 鬼が
 出るか
 蛇が
 出るか
 はたまた
 夢の花園か
 力を合わせ
 歩こじゃないか
 明日の行方に胸踊らせる
 我ら市境検地隊

 伊那市「平成の大検地」2006



入手場所:伊那市長谷・道の駅「南アルプスむら長谷」にて
入手年:2007年




東北まで走っていってみようツーリングに先月末行ってきました。以前にも北海道へ向けて東北を走ったことがありましたが、今回は時間的制約もありまして北関東〜南東北をメインに行ってきました。

東海地方を抜けて長野県入りして北上し諏訪湖方面へ。その途中で伊那市に寄りました。旧長谷村にある道の駅「南アルプスむら長谷」で今回の旅初手拭いに遭遇いたしました。
平成の大検地として市境を歩いて調べたときに記念に作られた手拭いのようです。小さく描かれた人とお馬さんの絵が可愛いです。
平成の大合併でいろんなところで合併があり、旅をしていてちょっとややこしいと感じているのですが、、合併モノ手拭いとは珍しい一枚ではないでしょうか。

伊那市に入ってすぐ、分杭峠は中央構造線の真上にある「ゼロ磁場」という珍しいスポットがあります。「気場」のパワーにあふれた場所だそうです。少し歩いてみましたが・・・私にはよくわからないままでした。

高遠城址の桜が有名なようで機会があればまた訪れてみたいです。近くにあった高遠温泉に入りましたがとてもよかったです。温泉の近くの街並みもいい雰囲気でゆっくり歩いてみたいと感じました。またいつか名君保科正之公に会いに高遠城址へ!



※旧伊那市・旧高遠町・旧長谷村が合併して新「伊那市」となっています。

伊那市HP→(http://www.inacity.jp/
伊那市観光協会高遠支部HP→(http://takato-inacity.jp/
INA CITY観光ガイドHP→(http://ina-kankou.city.ina.nagano.jp/
分杭峠・脅威のパワースポットHP→(http://bungui.fineup.net/


所在地→長野県伊那市(旧長谷村)
地図→


40320031.jpg
国道152号線・分杭峠。標高1424m。なかなか走りがいのある国道でした。ここから伊那市になります。[AGAT-18K撮影]

40320032.jpg
分杭峠から伊那市方面を望む。[AGAT-18K撮影]

40320035.jpg
道の駅・南アルプスむら長谷。今回の旅の相棒Wちゃん。[AGAT-18K撮影]


 
<観光>
(055)
 
≪2007年夏・東北へ手拭い探しの旅シリーズ≫

 
posted by なこんぶ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

木曽節 木曽のおんたけ【長野】

IMGP7677s.jpg


『木曽節』

 木曽のナァー
 なかのりさん
 木曽のおんたけ
 ナンチャラホーイ



入手場所:中仙道馬籠宿内お土産もの屋さん
入手年:2005年


中仙道・妻籠宿馬籠宿を散策したときに馬籠宿にて発見しました。御岳(御嶽山)には行ったことはありません。
「なかのりさん」とは、木材を木曽川で運ぶ際に、木材を組んだ小さな筏の真ん中に乗った人とのことらしいです。先頭を「舳(へ)乗り」後ろを「艫(とも)乗り」真ん中を「中乗り」といった、と調べると書いてありました。

数年前にこの歌が作られた木曽福島町を通ったときに愛車が壊れて立ち往生したことがありましたが、町の小さな自転車屋さん+バイク屋さんのお爺さんに助けてもらったことがありました。また訪ねて行ってみたいと思っています。


木曽福島町観光ガイドHP→(http://www.town-kiso.com/kanko-kyo/fukushima/index.html


◎参考手拭い→「中仙道 妻籠宿
◎参考手拭い→「中仙道 馬籠宿



所在地→長野県木曽町(旧木曽福島町)・手ぬぐい購入場所 岐阜県中津川市
地図→


<観光>
(021)


posted by なこんぶ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

中仙道 妻籠宿【長野】

 
 
IMGP0424.jpg


『中仙道 妻籠宿』

 木曽路は
 すべて
 山の中である

 藤村



入手先:妻籠宿内お土産物屋さん
入手年:2005年



前々から気になっていた中山道、妻籠・馬籠宿。友人に誘われたのをきっかけに行ってみました。早朝から観光客がまったく歩いていない中を散歩。往時のままに残された街並はとても穏やかで素敵な佇まいでした。
手ぬぐいが存在するのかどうか、お土産屋さんが営業をしている時間に再び探し歩いてみました。何軒かにたずねてみても、昔はあったんだけどねぇ、、という答えが返ってくるばかり。ないのかもしれない、と思いながら街並が途切れる手前の店でやっと発見いたしました。
馬籠宿でもまた別の手ぬぐいも見つけることができました。


妻籠宿の雰囲気がよく出た手ぬぐいだと思います。まさにこの手ぬぐい通りの風景です。ゆかりの島崎藤村の夜明け前の冒頭の一文が入っています。


所在地:長野県木曽群南木曾町
地図→
 

<観光> 
(005)
 
posted by なこんぶ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。