2010年08月11日

ゲゲゲの鬼太郎&目玉おやじ ねずみ男 水木しげるロード 境港 【鳥取】

 
193_kitaro01.JPG   193_kitaro02.JPG


194_nezumi01.JPG   194_nezumi02.JPG

『鬼太郎&目玉おやじ』
『ねずみ男』

 水木プロ




何度か単車で旅している山陰地方。今回の旅で必ず行こうと思っていたのが境港でした。山陰地方の地図を見るとわかりますが、幹線道路の国道9号線から北上しなくてはいけない位置にあるので通り過ぎてしまい、これまで訪れたことがありませんでした。

現在NHKの朝のドラマでゲゲゲの女房が放送されていて話題の水木しげるさんの妖怪たちの像がたくさんあるという水木しげるロードへ行ってみようと思いました。

前回掲載の松江城を訪れたあと、一路美保関へ。海の脇を走る道中の雰囲気もとても良く美保神社へお参りをしたりしながらたどりついた美保関灯台、とても素敵でした。バイク乗りって端っこが好き、っていうヒトが多いのですが私も端っこが大好きです。

美保関灯台をのんびりと眺めてから、大きな境水道大橋を渡っていよいよ境港へ!と思ったら、目の前を通り過ぎていったのが隠岐島へ渡るフェリー、隠岐汽船でした。
鬼太郎の描かれた大きな船体が進んでいく姿を見るのはとても興奮しました。隠岐島もいつか行ってみたいなぁ!!いつか絶対この船に乗りたい!なんて心に誓いつつ、境水道大橋を渡って境港へ。

港町なんやなぁってとても感じる風景を眺めながら街に入っていったらすんなりと水木しげるロードに到着しました。

小汚いバイク姿でごめんなさいよ、と思いつつバイクを停めて散策してみるととにかく妖怪の銅像でいっぱい!色々と妖怪を見られて面白いところです。


さて、今回の鬼太郎の手ぬぐいとねずみ男の手ぬぐい。
お土産屋さんで違う手ぬぐいもいくつか目にしたのですが、細かい描写と色合いが抜群、その上きちんと染物で作ってくれてはるのでコレは使い込んだらええ雰囲気になるで〜と思いこちらの2枚を選びました。


kitaro003.JPG  nezumi003.JPG

夏の夜のキャンプにこの鬼太郎と目玉おやじ、ねずみ男を連れて行きたいです。

ここからさらに東へ100キロほど鳥取砂丘にある柳茶屋キャンプ場で一泊して帰る予定にしていたのであまり時間がなく、ゆっくり散策できなかったのが残念でした。またいつかのんびりと港町な境港の町をゆっくりと歩いてみたいと思っています。




入手場所:水木しげるロードのお土産屋さんにて
入手年:2009年




境港市観光協会HP→(http://www.sakaiminato.net/
隠岐汽船HP→(http://www.oki-kisen.co.jp/
松江観光協会美保関支部HP→(http://www.mihonoseki-kankou.jp/
しまね観光ナビHP→(http://www.kankou-shimane.com/




所在地→鳥取県境港市(水木しげるロード)
地図↓








193_sakaiminato01.JPG
美保関側より、境港港から発着する隠岐汽船のフェリーしらしまを発見。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





193_sakaiminato05.JPG
鬼太郎の描かれたフェリー。ちょっと遠くてわかりにくいですが。いつか行ってみたいです隠岐島。




193_sakaiminato03.JPG
ねずみ男のゆるんだ感じがいいですね〜。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]






193_sakaiminato04.JPG
鬼太郎と目玉おやじ。橋の両側にねずみ男と対になって置かれています。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]






193_sakaiminato06.JPG
水に浮かんでぐるぐるうごく目玉。ぐるぐる〜





193_sakaiminato07.JPG
妖怪神社なる神社が水木しげるロードに。





193_sakaiminato08.JPG
鬼太郎と目玉おやじを近くで。手の上にお賽銭みたいになぜか小銭が。





193_sakaiminato02.JPG
境港から境水道大橋を渡って東へ行くと山陰最古1898年に建てられた石造灯台である美保関灯台があります。美保関灯台を訪れてから境港へ向かいました。橋を渡って美保関へもぜひ![旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]






193_sakaiminato09.JPG
相棒KLXが鬼太郎にご挨拶。久しぶりの山陰地方へのツーリング、とても楽しかったです。






<観光>
(193/194)
 



posted by なこんぶ at 00:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

ぐるっと松江 堀川めぐり 松江城 【島根】

 
192_horikawamatsue01.JPG


192_horikawamatsue02.JPG


『ぐるっと松江 堀川めぐり


www.city.matsue.shimane.jp/kankou/jp/yuran/






2009年秋、10数年乗り続けていた愛車KLX号から新しい'09KLX号に代替わりしました。愛車を新しくした記念に能登半島へのツーリング時、途中で参拝した白山ヒメ神社にて見つけてしまったのが「全国一の宮巡り」ご朱印帳でした。全国各地に約100もある一の宮のご朱印を集めるなんて!旅の相棒が新しくなったことですし、のんびりぼちぼちと新たな旅の目的にしてみるのもいいかなぁと始めてみることにしました。

SBSH9241.JPG


そんなわけで能登半島へのツーリングから帰ってきてから、ご朱印帳を抱えてまた旅に出て向かってみたのは山陰地方。
但馬国一の宮、粟鹿神社・出石神社→因幡国一の宮、宇倍神社→伯耆一の宮、倭文神社→出雲国一の宮、熊野大社・出雲大社→石見国一の宮、物部神社と順番に巡っていきました。
あの出雲大社さんももちろん出雲国一の宮で、1999年と2006年の参拝以来3回目の参拝へ。

◎参考参拝記念手ぬぐい→『出雲大社【島根】』(http://nippontenugui.seesaa.net/article/25111785.html
↑こちらの手ぬぐいとは違う柄の手ぬぐいが今回も健在でお土産屋さんに売られていました。またまたお土産に一枚買ってしまいました。


一の宮巡りを始めてみたのには、一の宮さんてゆうたら有名な神社ばかりなのでひょっとすると手ぬぐい作ってはるかもしれへんのを探すこともできるなぁ〜という旅テヌグイスト的な理由も。

でも・・・・・このときの一の宮巡りで見つけられた手ぬぐいは一枚もなし!ちょっとしょんぼりでした。でもまたドコかで出会えるかもしれない参拝記念手拭いを楽しみにこれからゆっくり巡っていこうと思っています。



さて、今回の松江城の堀川めぐり手ぬぐい。
以前に西宮の古物商「ひじり屋」さんで催されていた〜にほんの手ぬぐい・あんなんこんなん展〜にて見つけたことのある手ぬぐいでした。
以前に松江に訪れたときには見つけられていなかったので、こんなええ手ぬぐいあったんや!と興奮したものです。

でももうすでに作って(売って)ないかもしれへんなぁと思っていたら、今回旅する少し前に松江にツーリングに行っていた手ぬぐい友達Nさんが、松江城んとこに堀川めぐりの手ぬぐい売ってたで!と買って帰ってきたのでした。
よっしゃー!!松江城行くでー!と気合いもじゅうぶん、出雲大社へのお参りした次の日松江城へ行ってみました。

現存する天守をもつ松江城に登ってみたことがなかったので登ってみたり、堀川周辺を散策してみたりしたあと、堀川めぐりの大手前発着場へ行ってみると手ぬぐいが。さびしいひとりツーリングでしたので申し訳ないんですが遊覧船には乗っていません。でもすごく良い雰囲気なのですよ、堀川めぐり。
いつか相方と一緒に乗ってみたいなぁと思いました。


私が持っている手ぬぐいの中でHPアドレスの表記された手ぬぐいというのはこの一枚だけで、作られたのは比較的新しいのかなと推測できます。でも実際に書かれているアドレスを入力しても堀川めぐりの案内が表示されません。松江市のHPの中で変更されてしまったようです。

そびえる松江城と堀川めぐりの遊覧船の姿が立体的に描かれたこの一枚、松江でのお土産手ぬぐいとしてとても優秀だと思います!だんだん!!






入手場所:松江城堀川めぐり大手前広場発着場にて
入手年:2009年




松江市HP→(http://www.city.matsue.shimane.jp/
堀川遊覧船管理事務所HP→(http://www.matsue-horikawameguri.jp/
松江城HP→(http://www.matsue-tourism.or.jp/m_castle/
松江観光協会「だんだん」HP→(http://www.kankou-matsue.jp/
しまね観光ナビHP→(http://www.kankou-shimane.com/ja/



所在地→島根県松江市殿町(大手前発着場)
地図↓








192_matsue01.JPG
松江城はどんなお城かなぁとわくわくしつつ石垣を眺めながら天守へ。[AGAT18K撮影]





192_matsue02.JPG
現存する天守の松江城(千鳥城)。[AGAT18K撮影]





192_matsue03.JPG
天守から宍道湖を眺めて。[AGAT18K撮影]





192_matsue04.JPG
堀川めぐりの遊覧船。[AGAT18K撮影]





192_matsue05.JPG
堀川めぐりの大手前発着場にて。[AGAT18K撮影]





192_matsue06.JPG
そびえる松江城。素敵でした![AGAT18K撮影]








<観光>
(192)
 


posted by なこんぶ at 00:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

高杉晋作 萩 長州 【山口】

 
099_01.JPG

099_02.JPG

『東行 高杉晋作』


 内憂外患 迫吾州
 正是 存亡危急秋
 唯為邦君 為家国
 焦心砕骨 又何愁
 
 東行 高杉晋作




入手場所:松下村塾・松陰神社近くのお土産屋さんにて
入手年:2007年



萩へ7〜8年ぶりに行ってみました。前回に行ったときには歴史についてあまりよくわかっていなくて武家屋敷が色々とあるなぁという印象でした。
この数年、旅に出る予習復習に色々と本や小説を読むようになりました。その中でとても面白かったのが「高杉晋作−わが風雲の詩」古川薫(著)という小説です。その本を読んでからまた長州・萩に行きたくなりました。

静かな佇まいの萩の町はどっしりとしたお家が多くて、その中に点在して保存されている武家屋敷を見ながら歩くのはとても気持ちが良かったです。松陰神社も松下村塾もいい雰囲気でした。

一枚くらいどこかで手ぬぐいを見つけられないかと探していたら、松陰神社の鳥居脇のお土産屋さんで発見したのがこの高杉晋作手ぬぐいでした。
高杉晋作の漢詩と丸に四つ割菱の家紋、そして刀を携えた高杉晋作の絵が入ってもう完璧であります!見つけたときは嬉しくてしょうがなかったです。

のんびりと続けてきたこちらのブログ、とうとう次回は記念すべき100枚目掲載となります。大事にとっておいた秘蔵の一枚、高杉晋作手ぬぐいを99枚目記念にしました。




松陰神社HP→(http://www.haginet.ne.jp/users/hiji-chomoku/
萩市観光協会HP→(http://www.hagishi.com/




所在地→山口県萩市
地図→



83350048.JPG
松下村塾が松陰神社のとなりに。[AGAT18K撮影]




83350051.JPG
ここで高杉晋作も伊藤博文も久坂玄瑞もお勉強したのであります。[AGAT18K撮影]




83350052.JPG
松陰神社。吉田松陰を奉っています。[AGAT18K撮影]




10640001.JPG
萩の町は静かで武家屋敷がたくさん残っていてお散歩するのにとても素敵なところです。[AGAT18K撮影]



83350054.JPG
高杉晋作や桂小五郎(木戸孝允)の生家の近くにて。[AGAT18K撮影]



10640004.JPG
またゆっくり歩いてみたい萩の町でした。[AGAT18K撮影]






<神社/観光/歴史>
(099)
 


≪旅てぬぐいすと【99枚目掲載記念】高杉晋作手ぬぐい≫
 
 
posted by なこんぶ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

最上稲荷 (備中高松稲荷) 【岡山】

 
079_01.jpg 

079_02.jpg

079_03.jpg

『備中高松稲荷』

 こんこん
 来々と
 先客万来
 商売繁盛

 先祖は
 きつねのお使で
 開運招福

 備中高松稲荷
 参拝記念




入手場所:最上稲荷門前のお土産屋さんにて
入手年:2007年


九州への旅の帰りに通りかかって寄ってみました、最上稲荷さん。こちらの近くには吉備津神社がありどちらに寄ろうかと思ったら、同行していた友達がこちらに行ってみようと言うので行くことにしました。これが大正解。
諸説あるようですが日本三大稲荷といわれているうちのひとつ、豊川稲荷さんのように、神社ではなくこちらも寺院のようです。正しくは「最上稲荷教総本山妙教寺」というそうです。

こちらのなにがいいかと申しますと、門前の参道のお土産屋さん。残念ながらシャッターの降りているところも目立ちましたが、まさに昭和。昭和な雰囲気満載です。駐車場などは参道の手前にありますので、お土産屋さん通りを通って最上稲荷さんに向かうわけですが、この参道だけでもじゅうぶん楽しめます。

手拭いはお土産屋さんのひとつでぶら下げられて売られています。なんとなくですが相当放置されていたような雰囲気を漂わせていていました。お稲荷さんが神社なのか寺院なのかという謎を相変わらず抱えたまま、赤い鳥居がどーんと入った参拝記念手拭い。渋いです。



◎参考手ぬぐい↓
日本三大稲荷
豊川稲荷 【愛知】
祐徳稲荷神社【佐賀】



最上稲荷HP→(http://www.inari.ne.jp/


所在地→岡山県岡山市高松稲荷
地図→



04290038.jpg

最上稲荷さん。なかなか近代的なのです。[AGAT-18K撮影]



04290037.jpg

昭和な雰囲気てんこもりのお土産屋さんの連なる参道。[AGAT-18K撮影]



04290039.jpg

最近は見かけなくなりました「郵便番号は正しくはっきりと」看板。[AGAT-18K撮影]




<日本三大稲荷/仏閣寺院>
(079)
 
posted by なこんぶ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

錦帯橋 岩国 【山口】

 
076_01.JPG

076_02.JPG


『錦帯橋』

 浮橋の
 神代の橋や
 かかりけん
 橋柱なき
 岩国の橋

 錦帯橋


入手場所:錦帯橋たもとの屋台のお土産やさん
入手年:2007年


中学校の修学旅行で訪れて以来、もう20年ほどぶりに行ってみました、岩国にある錦帯橋。とっても大きくてドカーンとした橋の雰囲気と山の上にちょこんと見える岩国城の風景が素晴らしいです。

岩国といえば、私個人的には好きなスカバンドの「The Little Elephant」(http://www.little-elephant.jp/)の活動地!ということが浮かびます。岩国ではこのリトルエレファントの音楽をゴキゲンで聴きつつ走らせていただきました。とてもオススメの気持ちのよいスカバンドですよ。

手ぬぐいは橋のたもとにいくつかあるテント張りのお土産屋さんのひとつで見つけました。錦帯橋に岩国城と、お土産手ぬぐいの王道をゆく素敵な手ぬぐいに仕上がっています。見たまま、そのまま!というのがとても良いですね。嬉しすぎてこの手ぬぐい掲げて同じ風景の中、記念写真を撮ってしまったくらいでした。



岩国の観光.comHP→(http://www.iwakuni-kanko.com/index.html
岩国市観光協会公式HP→(http://www.iwakuni-kanko.jp/
錦帯橋の四季HP→(http://www.kintaikyo.jp/



所在地→山口県岩国市
地図→



83350035.jpg

錦帯橋。おっきいです。[AGAT-18K撮影]


83350037.jpg

錦帯橋の下から。[AGAT-18K撮影]


IMGP2818.jpg

錦帯橋と岩国城。手ぬぐいそのままです。



<観光>
(076)


posted by なこんぶ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。