2012年01月18日

門司港レトロ 関門海峡【福岡】

 
223_moji01.JPG

223_moji02.JPG

223_moji03.JPG

『門司港レトロ』




単車で色んなところへ旅するようになってから数え切れないほどお世話になってきたフェリー航路。単車と船に乗って現地入りして旅したり、旅先で船に乗って移動したり。たくさんの船に乗っているうちに船が大好きになりました。
長距離フェリーから短いフェリー航路まで色々な船がこの数年で運休してしまったり廃止になってしまっていっています。一昨年は明石海峡を渡るたこフェリーが運休してしまいとても悲しい気持ちになりました。
これ以上フェリー航路なくなるのは悲しいしいややなぁなんて思っていました。

そんなとき飛び込んできたニュースが。
下関と小倉を結ぶ「関門海峡フェリー」が2011年11月末で運休(廃止)するとのこと。
これまでに乗ったことはなかったんですが存在は知っていていつか乗ってみたいなぁと思っていたのです。

関門海峡フェリーに乗りにいこう!!
今ならまだ間に合うで!

そういったわけで船に乗りに船に乗っていくことにしました。


大阪南港から名門大洋フェリーに乗船して新門司港へ。名門大洋フェリーにはたぶん7回目の乗船ですが今回初めて単車と一緒ではなくて徒歩での乗船でした。明石海峡大橋を越え、瀬戸大橋を越える頃には夢の中。新門司港で国鉄門司駅行きのお迎えバスに。いつも単車だったのでバスに乗るのが初めてで「名門大洋フェリー」の文字&かもめのキャラクターが描かれたバスに乗るだけで嬉しがってしまいました。

国鉄門司駅から門司港駅までちょこっとだけ電車に乗って門司港へ。


たくさんのレトロな建物が建ち並んでいる町並みを散策しながらレンタサイクルターミナルへ向かっていると、ちょうどその日はマラソン大会の日でした。

自転車貸してください!

どこまで行くの?
えっ!?関門海峡フェリー?

受付のおっちゃんが驚かれました。これまでそんなことしようとする人いてなかったんでしょうかね・・・

普通の自転車を借りようと思ってたのですが、電動チャリンコしか置いてないとのことで電動アシスト自転車を借りてみました。電池満タンにしてあるから!って笑顔で送り出してくれたおっちゃん。
無事に帰ってこれますように。。


そんなこんなで自転車でスタート。関門海峡を下関側へ関門人道トンネルを通って渡りました。
ココ、いっぺん来てみたかってんなぁ。福岡県、山口県、福岡県、山口県、県境を行ったりきたり反復横飛び、っていうアホなことがしてみたかったんです!

下関側に渡って関門海峡を眺めながら下関の町をぬけ、橋をちょこっと渡るだけで行ける彦島へ。
どきどきしながら船がやってくるのを待ちました。

フェリーふく彦、ふくの姿が描かれていてとても可愛いくて立派な船です。わくわくしながら乗船しました。

たった13分の短い時間でも関門海峡フェリーに乗れて本当に良かった。たくさんの人のたくさんの気持ちを乗せてずっと関門海峡をいったりきたりしてたんやね。。



小倉側に渡って小倉に宿をとり夜の小倉の街を堪能して、次の日またせっせと自転車を漕いで北上して門司港へ帰りました。


もったいないからほとんど切って走っていた電動アシスト自転車の電源。
返したときには電池満タン表示!
・・・なにやってるんでしょう。

自転車で走り回った門司の町並み。レンタサイクル借りて走ってみるのとても楽しいのでオススメですわ!


今回の旅の思い出に、同行した相方が今回の手ぬぐいを買ってプレゼントしてくれました。ありがとう。
いつもこんなにオサレな手ぬぐい買わへんもんなぁ〜。

個人的にはもう少し大きな文字で「門司港」の文字を入れてほしいななんて思います。建物の特徴でじゅうぶん門司の手ぬぐいってわかるとは思いますができましたら・・・。オサレ手ぬぐいにはそういうベタなことしちゃいけないのかしら・・・?

実用としてももちろん、飾るのに素敵な門司港もだん手ぬぐい。
大事にしようと思います。





門司港〜関門人道トンネル〜下関〜彦島・関門海峡フェリー乗り場までのルート↓


大きな地図で見る



moji012.JPG

JOYiNT門司港ターミナルで借りた電動レンタサイクル、2日間に渡って相棒として大活躍でした。国鉄門司駅前にある赤レンガを背に。





入手場所:福岡県北九州市門司区のお土産屋さんにて
入手年:2011年秋



北九州市観光協会HP→(http://www.kcta.or.jp/
北九州市門司区役所HP→(http://www.city.kitakyushu.lg.jp/moji/index.html
関門海峡navi<関門海峡観光推進協議会>HP→(http://www.kanmon.gr.jp/index.html
門司港レトロ・観光情報サイトHP→(http://www.retro-mojiko.jp/
タウンモービルネットワーク九州<JOYiNT門司港レンタサイクル>HP→(http://www.npo-ktmn.com/business/joint.html




所在地→福岡県北九州市門司区(レンタサイクル・JOYiNT門司港ターミナル)
地図↓











moji001.JPG
久しぶりに乗船した名門大洋フェリー。フェリーふくおか。初めて単車での乗船でなく徒歩乗船しました。[PENTAX Optio w90撮影]





moji009.JPG
国鉄門司港駅。まさに「国鉄」って言うほうがぴったりくるような風貌の駅舎。ホームも改札も良い雰囲気でした。国鉄横須賀駅をなんとなく思い出しましたよ。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]




moji003.JPG
門司港レトロの建物、国際友好記念図書館。手ぬぐいにも描かれてますなぁ〜。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





moji004.JPG
レンタサイクルターミナルのすぐ横に保存されている西鉄北九州線の路面電車。廃線になってしもたらしいです。残念。。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





moji005.JPG
関門海峡!ひっきりなしに通っていく船たち。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





moji002.JPG
楽しみにしていた関門人道トンネル。自転車は押して通りました。歩いてみたら長かった。渡りきって山口県側から。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





moji006.JPG
小倉からせっせと自転車を漕いで北上中に通りかかった門司製糖の赤レンガ工場。現役!ってところがたまりません。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





moji007.JPG
こちらも北上中に発見。ニッカウヰスキー門司工場の倉庫。元日本製粉門司工場だそうです。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





moji013.JPG
門司港に帰ってまいりました。門司港名物はね橋が上がるところをじっくりと観察。[PENTAX Optio w90撮影]





moji014.JPG
手ぬぐいにも登場している旧大阪商船、1917年(大正6年)建設。たくさんの古い建造物を眺められて門司港は見てまわるのがとても楽しいところです。[PENTAX Optio w90撮影]





moji008.JPG
初点平成9年という新しいデザイン灯台。チャリンコならではの機動力で港突堤の先っぽまで行ってみました。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]





moji011.JPG
2011年11月末で休航となった関門海峡フェリーのフェリーふく彦。13分の小さな船旅。可愛いふくの描かれた船の勇姿をしっかりと目に焼き付けてきました。[旧ソ連製カメラAGAT18K撮影]








<観光>
(223)
 
 


posted by なこんぶ at 23:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

知覧特攻平和会館 【鹿児島】

 
098_01.JPG

098_02.JPG


知覧特攻平和会館拝見記念

生もなく
死もなくすでに
我れもなし
泣かざらめやも
ますらおの道





入手場所:知覧特攻平和会館にて
入手年:2008年


10年ほど前、初めての九州ツーリングのときに寄ってみた知覧町の特攻平和会館。まだ若い特攻隊員の写真がたくさんあったり、手紙があったり、なんともいえない気持ちになりました。
今回10年ぶりの薩摩半島へのツーリングのときに再び寄ってみました。やはりなんともいえない気分になり平和について考えさせられました。

薩摩半島は先っぽに長崎鼻、指宿の砂蒸し温泉、池田湖、開聞岳と色々と見所があって走っていて気持ちが良いです。
特に開聞岳は眺めていてやっぱり素敵なお山だなぁと思いました。

特攻平和会館で手ぬぐいが売られていたので手に入れてきました。特攻隊員にお母さんと呼ばれた鳥Mトメさんの富屋食堂さんの手ぬぐいというのも近くのお店で見つけました。またの機会に紹介したいと思います。




南九州市HP(知覧特攻平和会館)→(http://www.city.minamikyushu.lg.jp/cgi-bin/hpViewContent.cgi?pID=20070920195935&pLang=ja



所在地→鹿児島県南九州市知覧町
地図→


75890015.JPG
特攻平和記念館前にて。[AGAT18K撮影]




75890016.JPG
3月の終わり頃でちょうど桜が咲いていました。[AGAT18K撮影]




75890017.JPG
知覧町は知覧茶で有名です。[AGAT18K撮影]




75890018.JPG
お茶畑。美味しいお茶に育ってくださいね。[AGAT18K撮影]



75890019.JPG
長崎鼻から眺める開聞岳。[AGAT18K撮影]



75890021.JPG
長崎鼻の灯台。[AGAT18K撮影]




<観光>
(098)
 
posted by なこんぶ at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

明るい農村 かめ壺芋焼酎 霧島町蒸留所【鹿児島】

 
089_01.JPG

明るい農村

かめ壺芋焼酎


入手場所:霧島町蒸留所にて
入手年:2008年



3月に鹿児島ツーリングに行ってから、またまた先月末鹿児島県を旅してきました。恩師が鹿児島県は霧島に移り住まわれたのを機会に、旅というか居候をさせていただきに行ってまいりました。
錦江湾が目の前に広がって霧島連山がそびえていて、有名な霧島神宮もあって観光にもってこいのところです。

10年ほど前に初めて九州ツーリング、霧島神宮前のユースホステルに宿をとって夕方の霧島神宮を参拝したとき、静かでとても社殿が美しくて感動したのをよく覚えています。そのとき以来、霧島神宮ファンになりました。5年ほど前にも参拝させてもらったので、今回は3回目の参拝に行ってきました。

国分(旧国分市)方面から霧島神宮に向かって県道を北上していくと、途中にあるのがこちらの「霧島町蒸留所」。合併で霧島町の名前がなくなるのでこの名前に変えたそうです。
そしてこちらの焼酎の銘柄が、あの「明るい農村」です!
なんて素敵なネーミングだろうと前から思っていました。

恩師とともに霧島神宮へ向かいつつ、こちらの蒸留所へ行ってみました。大きい貯蔵庫が並んでいて、貯蔵庫を見るだけですごいなーと関心しつつ、甘〜い香りが漂う中、蒸留所の方に説明を受けて焼酎の作り方をお勉強。ほとんどお酒の飲めない私ですが、少しだけ試飲させてもらいました(クルマで連れていってもらいましたのでOK)。


そして、手ぬぐいです!
蒸留所の方がダンボールから出してきてくださいましたよ!

手ぬぐいですか・・・?

って、手ぬぐい目的で来るヒトなんていなかったんでしょうね。不思議そうにされてしまいました。笑

ドカーンと緑で染め抜かれた「明るい農村」の文字!
お値段も250円強。素晴らしいです。

インパクトの強さでは熱く濃い一枚です。熱い一枚を作ってくれて嬉しいです、霧島町蒸留所さん!!

そしてつい興奮して明るい農村前掛けも買ってしまいました。もちろん、明るい農村芋焼酎も。お酒を飲めない私なので中身は帰ってから酒飲みな友人の胃袋へものすごい早さで吸収されていきました。


九州にはたくさんの焼酎醸造所があるのでまた機会があれば他のところにも行ってみたいなと思います。
そして霧島観光の際にはぜひこちらの霧島町蒸留所へ!
こぢんまりと、まさに明るい農村の中で焼酎を造られています。




霧島町蒸留所HP→(http://www.imoshochu.com/kirishima/
霧島市総合観光案内HP→(http://www.city-kirishima.jp/modules/page057/index.php?id=1
霧島観光.comHP→(http://kirishimakankou.com/
霧島神宮HP→(http://www.kirishimajingu.or.jp/


所在地→鹿児島県霧島市霧島田口
地図→



SBSH0396.JPG

明るい農村。霧島町蒸留所。


SBSH0392.JPG

たくさんの焼酎。農家の嫁、っていう銘柄があったり。試飲させてくれます。


93700009.JPG

霧島町蒸留所の貯蔵タンク。[AGAT-18K撮影]



93700013.JPG

霧島神宮の門前にやってまいりました。近くの観光案内所に足湯があります。[AGAT-18K撮影]



93700015.JPG

霧島神宮。やっぱり素敵です。[AGAT-18K撮影]



93700030.JPG

天降川。霧島川と合流します。鹿児島神宮の初午祭のお馬さんの銅像。[AGAT-18K撮影]




93700021.JPG

明るい農村。霧島連山を望む。[AGAT-18K撮影]





<企業/観光>
(089)
 

posted by なこんぶ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

亀山社中 坂本龍馬 【長崎】

 
086_01.JPG

086_02.JPG

086_03.JPG


087_01.JPG

087_02.JPG 


『龍馬がゆく道。』


中島信行
池内蔵太
佐々木栄
近藤長次郎
陸奥宗光
黒木小太郎
山本復輔
白峰駿馬
小曽根英四郎
橋本久太郎
佐柳高次

石田英吉
野村維章
菅野覚兵衛
新宮馬之助
坂本龍馬
沢村惣之丞
腰越次郎
長岡謙吉
渡辺剛八
三上太郎
高松太郎


長崎伊良林 亀山社中

亀山社中ば活かす会




入手場所:亀山社中資料展示場にて
入手年:2008年



縁があってか友人が移り住んでいたのを機会に、一昨年から今年にかけて計4回訪れた長崎。毎回数日をかけてぶらぶらさるくしました。
日本中の色々なところに旅してきましたが、長崎は飛びぬけて熱くオススメしたい場所です。一日二日ではとうてい味わい尽くせません。
いろいろな有名な観光地がありますが、路面電車の長崎電気軌道さん(乗車一回100円の素晴らしさ!)に乗って街中を歩けば、わくわくしっぱなしです。

歩いてみて特に良かったのは、長崎港・唐人屋敷、お寺の連なる寺町、思案橋と丸山町、東山手〜南山手の居留地、そして稲佐山からの夜景、と、ほとんど全部のようですが、全部が素晴らしい!
坂と階段の街なので要体力ですが、これもまた良い思い出になると思います。


そして坂本龍馬が日本で初めて作ったカンパニー、亀山社中。
てくてくと寺町から坂と階段を登ってゆくと亀山社中跡に着きます。
残念ながら私が初めてゆっくりとさるいてみた2006年3月末の直前に一般公開を終了されてしまいました。ほんとにギリギリで社中跡を見学することができなかったのでガッカリしましたが。。

すぐ近くに「亀山社中ば活かす会」が亀山社中資料展示場を開設されています。土日のみの開設で、なかなかご縁がなく4回目の長崎訪問でやっと展示場へ行くことができました。
坂本龍馬、亀山社中、海援隊のファンの観光客の方がたくさんいらしていました。

そちらで売られているのがこの社中隊士名前入りの手ぬぐいと紅白紅(中白)の手ぬぐいです。他にも龍馬の絵の入ったものと龍馬の手紙を染め抜いた手ぬぐいが売られています。
手ぬぐい好きにはたまりません。素敵な手ぬぐいを作ってくださって嬉しいかぎりです!

亀山社中跡自体をあまり大々的に宣伝されてはいないようで、せっかくの坂本龍馬と亀山社中をもっと押し出してほしいなぁと思ったりしました。


余談になりますが、毎年作られている長崎くんちの各町の手ぬぐいが町中を歩いていると店先に飾られているところをちょくちょく見かけました。長崎を歩くときはお店をのぞいてみると色々とくんち手ぬぐいを発見できて楽しいと思います。



◎参考手拭い→『土佐 坂本龍馬【高知】



亀山社中ば活かす会HP→(http://www32.ocn.ne.jp/~himekami_kyusyu/kameyama/
長崎を歩こう・長崎さるくHP→(http://www.saruku.info/
あっ!と ながさき(長崎市・観光宿泊ガイド)HP→(http://www.at-nagasaki.jp/



所在地→長崎県長崎市伊良林
地図→


27720029.jpg

中島川。眼鏡橋の少し上流の合流地点。[AGAT-18K撮影]



27720033.jpg

龍馬通り。よし行くぞ やる気十分輝く未来。[AGAT-18K撮影]



IMGP8566.JPG

亀山社中跡地。



27720035.jpg

龍馬のぶーつ。長崎には猫さんがいっぱい歩いています。[AGAT-18K撮影]



75890053.JPG

浦上車庫前。長崎電気軌道。とても可愛い路面電車が走っています。[AGAT-18K撮影]



10640043.JPG

夕暮れどきの眼鏡橋。[AGAT-18K撮影]





<観光/歴史>
(086/087)
 
posted by なこんぶ at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

敬天愛人 西郷隆盛 【鹿児島】

 
080_01.jpg

080_02.jpg

『西郷隆盛』

 敬天愛人

 鹿児島観光記念



入手場所:鹿児島県薩摩半島長崎鼻のお土産屋さんにて
入手年:2008年


初めて鹿児島を訪れてみたのは約10年前のことでした。初めての九州ツーリングで九州を縦断してたどり着いて鹿児島港から屋久島・種子島に渡ったりと今でもとても思い出深く覚えています。その時以来、桜島を訪れたことはあったのですが、鹿児島市内を散策したりしたことがありませんでした。
鹿児島在住の友人を頼って今年の春に再びツーリングに行ってまいりました。10年ぶりの大隈半島・佐多岬や桜島・鹿児島市内散策、薩摩半島・長崎鼻などなど鹿児島県内を走って見てまわりました。

こちらの手拭いは長崎鼻のお土産屋さんで見つけました。以前に手に入れた手拭いよりも素朴でとてもいい感じです。西郷さんの連れている犬がよく見るとナニコレ?って思ってしまうのがこれまたいい感じです。

鹿児島市内にある「維新ふるさと館」で西郷隆盛さんについて書かれた資料を見ていたら、大久保利通さんは洋風な嗜好なのに、西郷さんは生活品→「手ぬぐい」なんて書かれていてなんだか嬉しくなってしまいました。


SBSH0372.jpg


◎参考手ぬぐい→『ぼっけもん鹿児島 桜島山【鹿児島】


鹿児島県観光連盟HP(おじゃったもんせ旬の鹿児島へ)→(http://www.kagoshima-kankou.com/
鹿児島県観光交流局観光課HP→(http://www3.pref.kagoshima.jp/kankou/



所在地→鹿児島県指宿市長崎鼻
地図→



30840050.jpg

西郷隆盛銅像。[AGAT-18K撮影]


30840044.jpg

桜の咲く照国神社。[AGAT-18K撮影]


30840052.jpg

鶴丸城跡石垣。[AGAT-18K撮影]



75890003.jpg

鹿児島港から桜島を眺めて。[AGAT-18K撮影]


75890007.jpg

出港準備中のマルエーフェリーと桜島。[AGAT-18K撮影]



<観光>
(080)
 

posted by なこんぶ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。