2013年03月22日

骨董手ぬぐい。古手ぬぐい。収集中。


皆様お久しぶりです。
平成二十五年です。
今年も元気に手ぬぐいを追いかけていこうと思っております。

記念その他のカテゴリー(http://nippontenugui.seesaa.net/category/1957938-1.html)で紹介してきていますが、各地の骨董市、私は特に大阪四天王寺の大師会や京都東寺の弘法市、毎年開催してくださっている西宮甲東園にある古物商ひじり屋(http://www.hijiriya.com/)さんでの手ぬぐい展、骨董品屋やリサイクルショップなどなどで見つけた古い手ぬぐいがだいぶんたまりました。
きっちり数えていないのでわからないのですが、相当数の手ぬぐいが山積みになっています。

古い手ぬぐいを初めて手にしたのは、友人が修行先のお寺にあったものをいただいてきてくれたとき→【企業モノ】国鉄 JNR 金沢鉄道管理局【石川】(http://nippontenugui.seesaa.net/article/33219640.html)から始まりました。それから古い手ぬぐいの魅力にハマり、ぽつぽつと骨董市で集めていました。ひじり屋さんでの手ぬぐい展開催でさらにたくさんの手ぬぐいに出会えるようになってからはあれよあれよという間にどっさりと古い手ぬぐいを持つようになりました。

古い手ぬぐいの魅力はなんといってもそのデザイン!
色々なものに出会って作られた時期を推定していくと昭和30年代〜50年代にかけてのものが多く、この時代は配り物や粗品で手ぬぐいが大活躍してたんやなぁと感じさせられます。

農業のお供の手ぬぐいだけに農協の配り物が多く存在していて私は大好きですが、銀行や新聞社、生命保険会社などのおカタいところが作ったものにも強く惹かれます。
各企業の作った記念品や地方公共団体のものなどなどの手ぬぐいは当時本当にたくさん作られていたことが集めていくうちによくわかるようになりました。

現在、記念品で作る手ぬぐいの多くはプリント物ですが、当時のものはほとんどがしっかりと注染で作られています。
ゆえに風合いも抜群!
40年も50年も前に作られたとは思えないほど綺麗なものもたくさんあります。
が……いつ破れたり穴があいてしまったりするんじゃないかとびくびくしております。
大事に保存していきたいところですが、どれだけもってくれることやらまだまだわかりません。

とにもかくにも写真に収めておこうと一枚ずつ撮影してはinstagramへアップを続けています。
今回はアップを続けてそろそろ50枚に達するところまできましたのでいったんこちらへまとめて記事にすることにしました。




--------------------------------------------


001karupis.JPG
第65回全国高校野球選手権記念大会 カルピスソーダ 昭和58年(1983年)
水玉柄がカルピスをアピール!カルピスのマークが入ってたら嬉しいですがじゅうぶん。涼しげなカルピスカラーで球児の汗を吸い取ってたのでしょうか?

002miyata.JPG
ミヤタの自転車/十文字町で検索すると秋田県に下二桁40で屋号も合致する自転車屋さんがヒットしますが…
世界のMIYATA!ミヤタ自転車の登場です。サイクリストにファンも多いかと思います。デザインも素敵。

003kyotonoukyou.JPG
京都市洛南農業協同組合/農協創立15周年記念 稲穂+農協マーク!!創立はいつやったんかな。
出ました農協マーク。日本手ぬぐいの一番美しい姿は畑にいるおばあちゃんの頭にかぶられているかおじいちゃんの腰からぶら下げられた姿だと私は思ってやみません。


004ichijimanoukyou.JPG
しあわせの輪をひろげる交通安全/市島町農業協同組合 可愛さ全開農協手ぬぐい!氷上郡市島町→現丹波市。
こういう平和な絵柄が昭和時代に作られたと思われる手ぬぐいのいいところ。あったかい感じがしますね。


005jnrkokutetsu.JPG
国鉄!JNR金沢鉄道管理局/列車の妨害はやめましょう はいっ!
「【企業モノ】国鉄 JNR 金沢鉄道管理局【石川】」(http://nippontenugui.seesaa.net/article/33219640.html)ずいぶん前に紹介していますが、やはり古い手ぬぐいを好きになったきっかけになった一枚なので重要な一枚です。あの国鉄さんが作った手ぬぐいですしな。


006tetteikouzan.JPG
昭和五十九年度全国鉱山保安表彰記念「徹底保安」通商産業大臣小此木彦三郎 中曽根内閣のとき。経済産業省ちゃうで通産省やで!
こういったお偉い方の揮毫の入った手ぬぐいというのは色々と存在しています。渋くて好きですこういう一枚も。


007keisatsu.JPG
第二回青少年防犯駅傳競技大会/主催泉南地区防犯協議会/後援泉南地区警察署 "旭日章"桜の代紋入りや!
警察関係の手ぬぐいっていうのが熱いです。しかしほんまあんまりお世話になりたくありません・・・。お世話にならずに生きていけますよう。この手ぬぐいに祈ります。


008portpia.JPG
PORTOPIA’81 紙齢30000号神戸新聞 (ポートピア’81神戸ポートアイランド博覧会(昭和56年))
神戸新聞社が作った博覧会の手ぬぐい!ポートピアってありましたなぁ。行ってませんが懐かしいです。どんな感じやったんでしょうね。


009expo1970.JPG
みんなが読んでるサンケイ新聞/万国博覧会/太陽の塔 EXPO’70 昭和45年(1970)
出ました!万国博覧会!!エキスポ70。これは万博好きな方にはたまらない一枚ちゃいますやろか。産経新聞が作ってくれたのですね。


010himejisyakai.JPG
みんなの力で明るい社会/姫路市社会福祉協議会共同募金会支部
赤い羽根が入った明るい一枚。シンプルでわかりやすいデザインで好きです。


011shinosakaekiden.JPG
第十八回大阪中学校駅傳競争/新大阪新聞社 一昨日第63回が開催されてた模様。1967(昭和42)年?
たしか骨董市で集め始めたころに手に入れた記憶があります。こんなに古い手ぬぐいなのに普通に使い倒してましたがまだまだ使えそうです。一生懸命な感じが伝わってくる良き一枚です。


012kobekyusyoku.JPG
神戸市学校給食協会/五周年記念 1957(昭和32)年 ぴよぴよ〜。
良いですね〜。デザインも現在に通じるような可愛い一枚です。なんといっても愛を感じる絵柄がとても素敵だと思います。


013kobematsuri.JPG
第3回神戸まつり/神戸市民祭協会/ワコール/そごう/資生堂 1973(昭和48)年
もう40年も前の神戸まつりの手ぬぐいとは思えないほどポップで可愛らしい一枚。これを頭に巻いて神戸まつりに行ってみたいものですわ。


014akachan.JPG
第21回赤ちゃん審査会/宝仙寺社会部 1954(昭和29)年 賞!赤子の絵がなんともいえない可愛さ!
今回掲載の古い手ぬぐいの中では一番古いと思われる一枚。
赤ちゃん審査会ってどんなんですやろ・・・健康優良児コンテストみたいなものでしょうか。このときの赤ちゃんが今では還暦目前!歴史の重みを感じる手ぬぐいです。


015settsu.JPG
必勝/摂津市職員大運動会 珍しい黄色+職の字が旧字体やわ。
自治体関係のトップバッターは摂津市。私の住む北摂地域に関わる手ぬぐいを4枚連続で載せていきます。


016ibarakiyouchien.JPG
茨木市立茨木幼稚園/昭和58年度秋季運動会
昔は小学校や幼稚園でも手ぬぐい作って配ってたりしたんやろなぁと羨ましくなる一枚。一生懸命走る幼稚園児の姿が可愛いです。


017takatsuki.JPG
昭和46年度/市税前納感謝 高槻市 手拭いくれるんやったら税金前払いするわ!
なんて書きましたけど前払いできるくらいならとりあえず手ぬぐい買います。ごめんなさい。いやでもこんなええ手ぬぐいくれてたなんて高槻市役所ってばやりますな!!


018suita.JPG
供米完遂 昭和28年産米/吹田市 万博以前は田んぼが広がってたんやろうなと想像できる。
農協手ぬぐいに通じるものを感じますが、大阪市に近く現在ではかなり街化している吹田市がこういった手ぬぐいを作っていたということに歴史を感じます。吹田市に田んぼなんて今あるのかな?と思いますが吹田在住の方によると少し残っているところもあるそうです。


019cleaning.JPG
兵庫県クリーニング協同組合/此のマークの組合加盟店へ 協の字が旧字体?略字?や。
いいですね〜〜!これはクリーニング屋さんの店先に飾ってあったりしたのかなぁ?って想像できるのですが。この手ぬぐい掲げてくれていたら間違いなくそちらのお店にクリーニングに出しますわ。


020ichinoukyou02.JPG
農協は町の金庫だ笑顔で貯金/市島町農業協同組合 出ました農協マーク!たまらん!
農協マークファンとしてはたまらない一枚。こういう手ぬぐいが日本各地の農家の納屋あたりにたくさん放置されたまんまなんやろなぁって考えるとたまりません。く、くださいとは言いませんので新しい手ぬぐいと交換してもらいながら全国行脚でもしたいところです。


021ogoto.JPG
わしが庭さはびわ湖と比叡雄琴温泉夢の町/雄琴温泉 OGOTO 温泉マーク入り!
現在はおピンクな雰囲気が漂いまくっている雄琴温泉ですが、昔はけっこうな観光地やったのかなぁ?と想像できる一枚。折りたたむとハッピの形になるタイプのデザインです。白い部分には貴方の思い出を染めてください、なんて意味があったりするのかな〜なんて思いました。


022otemoyan.JPG
肥後民謡おてもやん/阿蘇登山記念 阿蘇山噴火中!手拭いかぶってるで!
相当古いと思われる観光土産手ぬぐい。現在では売られていないこういう類の観光土産手ぬぐいはたくさん存在していたのではと思います。もっともっと昔に手ぬぐいを集められていたら・・・ってこういう手ぬぐいを発見するたびに考えてしまいます。今同じものを作ってくれても若人には可愛らしく見えて売れるのでは??


023majan.JPG
投了栄/荘家/散家/一翻五翻!麻雀点数表+麻雀牌 ギャンブラーな一枚やな〜。
マージャン手ぬぐい。これはかなりレア。こんな一枚まで作られてたとは!!と興奮しちゃいました。これで点数計算バッチリ。雀荘にコレを飾ってほしいですなぁ。


024sapporosogo.JPG
札幌そごう9月1日オープン。閉店して12年。建物は残ってるんやな〜。昭和53年(1978)
この手ぬぐいを撮影しながら色々と調べてみました。もうだいぶ前に閉店してしまった百貨店のオープン記念というのに泣けます。友達がココでバイトをしてた!というのを聞いて感慨深いものがございました。


025cisco.JPG
CISCO エースコイン スーパーチョコレート シスコ製菓株式会社/大阪辯 大阪弁番付 昭和30年代に作られたと推定。
現在でもシスコ製菓さんは名前が変わって日清シスコとして存続されています。会社名の変遷をたどって昭和30年代に作られたものと推定しました。エースコインってお菓子今でもありますな。昔の貨幣をかたどったクッキー。あれ好きですわ!あのまんまの姿で新たに手ぬぐい作りませんか?日清シスコさん。


026naniwaosaka.JPG
蒙御免大阪辯/ #大阪弁 番付 西方横綱がみつい 東方横綱じゅんさいな 大阪市マーク入り。
下記に載せている京都弁のと同時に毎月25日開催の北野天満宮天神市にて入手。これも相当古そうです。


027kyotokotoba.JPG
蒙御免京ことば/京都弁 番付 西方横綱すぼっこな 東方横綱しらんえ 大文字入り!
なぜか札幌のサンデパートというとこの呉服屋さんで売られていたもののよう。巻かれていた紙の裏に書かれていました。時代を超えて逆輸入?ってことで。


028katsurahama.JPG
土佐みやげ/みませ見せましょ浦戸をあけて月の名所は桂浜/たまらない渋さがにじみ出てる一枚。
これもいつ頃作られたものなのか・・・。桂浜といえば「土佐 坂本龍馬【高知】」(http://nippontenugui.seesaa.net/article/42475844.html)この一枚を十数年前に手に入れてから愛用し続け、現在でも売られていることを確認しましたが。こんなに渋い観光土産手ぬぐいを作られていたとは。ぜひとも復活させていただきたい一枚です。


032taihokawayu.JPG
昭和の大横綱 大鵬幸喜/北海道川上郡弟子屈町川湯温泉にて。
「川湯温泉 大鵬 弟子屈町 【北海道】」(http://nippontenugui.seesaa.net/article/234220320.html)以前にこちらの記事で紹介していますが、大鵬さんがお亡くなりになられた日に再度撮影して載せました。現地で手に入れた正真正銘骨董レベル手ぬぐいです。大事に持っておこうと思っています。現在でも川湯温泉のお土産屋の片隅で数枚眠っていると思いますのでファンの方はいまならまだ間に合います!ぜひ川湯温泉へ。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

これより銀行手ぬぐいシリーズです。
ほんまに昭和時代は銀行さんがたくさん手ぬぐいを作ってくれていました。どうかどうか復活してほしいと願ってやみません!景気がよくなったら期待できるやろかなぁ・・・?

029sumitomobank.JPG
住友銀行/現三井住友銀行 2001年にさくら銀行になる以前やから昭和やないかも。けどこの黄ばみは明らかに…
シンプルですな、住友さん。だが、そこがいい!


030sanwabank.JPG
三和銀行/現三菱東京UFJ銀行 2002年東海銀行と合併してUFJ銀行に。いまだに三和銀行って呼んでるで!
私、銀行といえば三和銀行やと思っていたちびっこ時代を過ごしていました。お母ちゃんにくっついていくダイエーの隣にある三和銀行。銀行で用事を済ませたあとお母ちゃんの気がむけばダイエーの中のドムドムに連れていってくれる・・・そんな昭和の思い出。初めて作ったキャッシュカードは三和銀行のスヌーピーカードでした。


031tokaibank.JPG
東海銀行/現三菱東京UFJ銀行 2002年三和銀行と合併してUFJ銀行に。三和銀行手ぬぐいとお揃いにして合体!
東海銀行といえば愛知出身の友達が仕送りが東海銀行の口座だと言ってたことを思い出します。当時、三和銀行でおろすんは手数料タダっていうてたような記憶があるけど勘違いでしょか。波打つマーク、東海銀行らしいですな。


041kobebank.JPG
神戸銀行/昭和48年(1973) 太陽銀行と合併、太陽神戸銀行へ。
これまたシンプル。平和の象徴鳩さんの絵柄入りです。40年も前の手ぬぐい、よく残っていてくれました!


042fukutokubank.JPG
福徳相互銀行 /コンニチワ!フクトクデス! 平成元年(1989)福徳銀行へ→平成10年(1998)なにわ銀行と合併なみはや銀行へ。
相互銀行が普通銀行に全て替わっているのが平成元年のようです。ですので相互銀行手ぬぐいはすべて昭和時代のものということに。福徳銀行って記憶にあります。こんなに可愛い手ぬぐい作ってはったんですな。


043shigasogobank.JPG
びわ湖畔の 滋賀相互銀行 よき隣人/浮見堂 瀬田唐橋 石山寺 平成元年(1989)びわこ銀行へ→平成22年(2010)関西アーバン銀行に合併。
滋賀、琵琶湖の特徴を捉えた観光土産手ぬぐいさながらの美しさ。このままお土産屋さんで売れそうです。滋賀さんにはよくお世話になっておりますもので。大事にしますわ。


044hokuyosogobank.JPG
北洋相互銀行 / 平成元年(1989)北洋銀行へ このお花ははまなす?
北のキャンプ場つながりのお友達からいただいた一枚。帯広やったかな?の骨董市かフリマで見つけてくれたらしいです。嬉しい一枚です。こんな熱い一枚なかなか手に入れられませんわ。


047kyotosogobank.JPG
京都相互銀行/京の味、感謝をこめて40年 平成元年に京都共栄銀行へ。計算上では1981年製ですが…
珍しくプリント物の一枚。京の都の美味しいものが細かい描写で描かれております。なにやらおなかがすいてくる一枚です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ここからは新聞社の手ぬぐいシリーズ。
四大大手新聞の中でダントツの可愛らしさを誇るサンケイさんの3枚なんかはたまりませんが、シンプルに名前だけ、っていうのも渋くて良いものです。


033sankei01.JPG
産経新聞 /主張するサンケイ 1部で2部の役割 1=2/サンケイシリーズその1
サンケイさんは可愛い手ぬぐいをいくつも作っていらっしゃいます。第一弾はコレ。


034sankei02.JPG
産経新聞 /みんな読んでるサンケイ新聞/サンケイシリーズその2
これもまた可愛い一枚。おっさんパイプなんて吸うてオサレですやん。


035sankei03.JPG
産経新聞 /みんな読んでるサンケイ新聞/サンケイシリーズその3
これが一番古そうに感じるのですが。昭和の臭いが漂いまくる可愛い絵柄がたまりません。


036yomiuri.JPG
読売新聞 /讀賣新聞/新聞社の手ぬぐい復活を熱く願う。
シンプルです。ダイレクトです。これがいいんですが。読売さんは巨人の手ぬぐいなんかがあるようですがまだ手に入れられてません。


037asahi.JPG
朝日新聞 /朝日の稲穂バージョン。まさに朝日!っていうのも存在します。
まさに朝日っていうバージョンの手ぬぐいも持っていますがまたの機会に紹介したいと思います。


038mainichi .JPG
毎日新聞/毎日さんも登場。
これまたシンプル。しかしこれほど新聞社の手ぬぐいが見つかるということはやはり昔は契約したら配ってたりしたのでしょうかね。そうやとしたら、いっぱい新聞とらなあかん状態になってましたな・・・。


039kyotonp.JPG
京都新聞/京都新聞社/京都さんも頑張ったはりますえー。
上記の毎日新聞にそっくりの姿。あんたらきょうだいか!って突っ込みたくなります。
京都だけにこうなんというか和な感じの・・・も作ってたりしたんでしょか。いや、これもビシっとして好きですよ!京都新聞さん。


040kobenp.JPG
神戸新聞/ポートタワーと港、神戸らしゅうございますな。
さすが神戸!オサレですわ。もうこれでもか!ってくらいオサレ。ポートピアのときの手ぬぐいもありますので神戸新聞さんは他にも作ってたんやないかなぁと想像しています。




045guronsan.JPG
中外製薬 / だんぜん元気が出る薬グロンサン 現在はライオンが作ってんねやな〜
こういった企業物、製薬会社の物も見つかります。グロンサンいうたら5時から男、ですな!


046sanstar.JPG
クールソフト サンスター シオノギ 新発売記念/ペンギンさんや!昭和33年(1958)発売の歯磨きらしい。サンスターと塩野義製薬は業務提携してたんやって。
サンスター?シオノギ?え?どういうことと思いましたら、サンスターが作ってシオノギが売っていたらしいのです。50年も前の手ぬぐい!なのにこの可愛らしさ、素晴らしいと思いませんか。



今回はとりあえずココまで。
計47枚の手ぬぐい。どれもこれも貴重な一枚です。大事にしたいと思っていますが、どれだけ保ってくれることやら心配ではあります。1954年の赤ちゃん手ぬぐいはもうほぼ60歳。60年前に作られた手ぬぐいと思うと感慨深いのを通り越してとにかく凄いのひとこと。

日本の庶民の文化、日本手ぬぐいが未来永劫作られ続けて皆さんに愛用されていくことを祈りつつ、今回の締めといたします。

ではまた撮りためましたら記事にいたします。
ご覧いただいてありがとうございました。



<骨董手ぬぐい・古手ぬぐい>

↓ポチっとな、していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

blogram投票ボタン

にほんブログ村 旅行ブログ 名物・お土産へにほんブログ村 コレクションブログ その他珍しいコレクションへにほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
 


posted by なこんぶ at 23:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 古手ぬぐい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

祇園祭山鉾手ぬぐいE 平成二十三年 長刀鉾〜四条傘鉾〜黒主山〜木賊山〜芦刈山〜油天神山

 
naginata2011.JPG

長刀鉾。
お稚児さんが描かれた一枚。


sijyoukasa2011.JPG

四条傘鉾。
以前に手に入れた水色が綺麗な一枚も素敵ですがこちらもなかなか素敵です。


kuronushi011.JPG

黒主山。
一挙に掲載した一昨年の記事に登場している浴衣のオネエサン・手ぬぐい友達クロコちゃんのお気に入り。
額に入れて飾っていていいなーと思っていました。別に作られている黒字に赤で「黒」と書かれた黒い手ぬぐいは山鉾手ぬぐいとしては異色でインパクト大ですが、この手ぬぐいも桜が散りばめられて山鉾そのままの姿でとても美しいです。


tokusa2011_01.JPG tokusa2011_02.JPG

木賊山。
うさぎの描かれた手ぬぐいが代表格かと思いますが、こちらの木賊山さんは手ぬぐいに力入れてはんな〜〜って思います。他にも数種類作られていてどれにしようか迷ってしまいます。今回載せた二枚以外にも猫の描かれた一枚もあって猫好きさんなら要チェックです。


ashikari2011.JPG

芦刈山。
こちらの芦刈山さんもいくつか手ぬぐいを作っておられます。以前に載せた手ぬぐいに続いて昨年はこちらを。可愛らしい一枚やなぁと思います。個人的にはこちらの山鉾の方はとても感じがよくて好印象。また違う手ぬぐい買いに行きますね!


aburatenjin2011.JPG

油天神山。
こちらも以前手に入れたものとは違う手ぬぐい。祇園祭らしさがよく出ている一枚。天神さんらしい型も入っていて素敵です。額に入れて飾りたい!




コンチキチン。

『手ぬぐい、どうどすか〜?』


さて今年もやってまいりました。手ぬぐいの祭典祇園祭!
勝負は山鉾巡行の日ではなく宵々々山〜宵々山〜宵山、この三日間がてぬぐいすと的に熱いのでございます。

まる3年以上かけて全山鉾(売り物の手ぬぐいを作っていない北観音山を除く)の手ぬぐいを集めて掲載して2年。昨年からはのんびりと新作を探しつつ宵山の山鉾を見て歩いてきました。
昨年は山鉾巡行の日が休日だったおかげで久しぶりに動いている山鉾を晴天に恵まれた中で見ることもできました。

一昨年に凄い勢いで手ぬぐいを一気にコンプリートするという荒業をやってのけた友達が、祇園祭は手ぬぐいフェステイバル=「てぬフェス」と言ってましたが・・・昨年一緒に巡って次から次へと見つかる新作の手ぬぐいを見て、こうつぶやきました。「祇園祭はてぬフェスちゃうわ。手ぬぐい地獄や!!」
これを聞いて大笑い。確かに!!
せやけど幸せな地獄やと思うワタクシ。こんな地獄になら喜んで!

そうなのです、毎年新たに手ぬぐいを作られる山鉾さんもちらほらあるので毎年行ってチェックしてみないとわからへんのです。それがまた祇園祭の手ぬぐいへの気持ちを熱くさせるわけなのでございます。

そんなこんなで昨年の祇園祭の宵山も楽しく巡らせてもらいました。
また今年行って新たな手ぬぐいと出会いたいなぁと思っております。

さぁ!祇園祭へ。


「オレの夏は祇園祭で始まる。」

阪急電車に揺られてほな行きまひょか。



◇手ぬぐい記事まとめ↓

祇園祭山鉾手ぬぐい@ 長刀鉾〜孟宗山〜木賊山〜油天神山〜函谷鉾〜霰天神山〜四条傘鉾〜太子山→(http://nippontenugui.seesaa.net/article/155551746.html

祇園祭山鉾手ぬぐいA 菊水鉾〜伯牙山〜山伏山〜郭巨山〜鶏鉾〜白楽天山〜綾傘鉾〜蟷螂山http://nippontenugui.seesaa.net/article/155641597.html

祇園祭山鉾手ぬぐいB 月鉾〜芦刈山〜保昌山〜放下鉾〜岩戸山〜船鉾http://nippontenugui.seesaa.net/article/155734059.html

祇園祭山鉾手ぬぐいC 橋弁慶山〜役行者山〜八幡山〜黒主山〜鈴鹿山〜浄妙山〜鯉山〜南観音山http://nippontenugui.seesaa.net/article/155830826.html

祇園祭山鉾手ぬぐいD 平成二十二年 南観音山〜月鉾〜船鉾http://nippontenugui.seesaa.net/article/213586418.html


京都・祇園祭ボランティア21事務局HP→(http://www.gionmatsuri.jp/
京都新聞祇園祭特集→(http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gion/gion.html
財団法人京都市観光協会HP→(http://www.kyokanko.or.jp/



gion2011_01.JPG
綾傘鉾。実家へ買って帰るちまきはこちらで買いました。[AGAT18K撮影]


gion2011_02.JPG
山鉾巡行。御池通と柳馬場通のあたりにて。[AGAT18K撮影]


gion2011_03.JPG
次から次にやってくる山鉾。とても綺麗です。[AGAT18K撮影]


gion2011_04.JPG
大好きな船鉾。動いてる姿もかっこいいなぁ![AGAT18K撮影]


gion2011_06.JPG
黒い手ぬぐいを作っている黒主山。今回掲載の手ぬぐいの姿そのままです。[AGAT18K撮影]


gion2011_07.JPG
暑くて熱い山鉾巡行。また見たいです。[AGAT18K撮影]


gion2011_08.JPG
山鉾の大きさが隣のビルと比較するとよくわかります。[AGAT18K撮影]



gion2011_001.JPG
長刀鉾の手ぬぐい販売の様子。たぶん一番人気の山鉾やと思います。最終日の宵山に行くと手ぬぐいが売り切れてしまっているかも。以前売り切れていて泣きましたわ。[PENTAX Optio w90撮影]


gion2011_002.JPG
山鉾の装飾を見て歩くだけでも楽しいものです。美しいですな〜。[PENTAX Optio w90撮影]


gion2011_003.JPG
烏丸通あたりで遭遇できました。浄妙山。手ぬぐいがめっちゃカッコいい!この山鉾そのままの手ぬぐいです。[PENTAX Optio w90撮影]


gion2011_004.JPG
山鉾巡行の日、夜の四条通りで遭遇したお馬さん。山鉾巡行の日は、六角堂にお参りして六曜社の珈琲&ドーナツ食べて六波羅蜜寺にお参りして、夜はBAR「ろくでなし」へ。そんな「ロク」でもない?一日を過ごしました。楽しい一日でした。[PENTAX Optio w90撮影]



◎おまけ◎
---------------------------------

四条通の鴨川を東へ行ったあたりで祇園祭手ぬぐい展という催しが開かれていたので行ってみました。
いや〜〜〜!素晴らしい。
好きな方がいらっしゃるのですね。見たことのない手ぬぐいも色々見られて嬉しかったです。

gionten2011_01.JPG


gionten2011_02.JPG


gionten2011_03.JPG


gionten2011_04.JPG

復活するらしい大船鉾の手ぬぐいも飾られていました!!
わくわくします!




naginata2011_02.JPG


aburatenjin2011_02.JPG


平成二十三年の祇園祭もとても楽しませてもらいました。
これからも大好きなひとと一緒に行けたらいいなと思っています。

ありがとうございました。



<観光/祭/祇園祭>
(224/225/226/227/228/229/230)
 

にほんブログ村 旅行ブログ 名物・お土産へにほんブログ村 コレクションブログ その他珍しいコレクションへにほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
 
posted by なこんぶ at 23:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 祇園祭山鉾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

日本の手ぬぐいあんなんこんなん展2012<西宮市甲東園古物商ひじり屋さん>

ご無沙汰いたしております。
なんとか元気に手ぬぐいを探す旅にも出られておりました。また追って掲載していくつもりです。

さて、やってまいりました!この季節が。
手ぬぐい好きには手ぬぐい大活躍のこの季節が嬉しいものです。
この時期になると催される古い手ぬぐいの祭典、西宮市の阪急甲東園駅近くにある古物商「ひじり屋」さんの【日本の手ぬぐいあんなんこんなん展】今年で5回目の開催でございます!


iphone/image-20120708234157.png

わくわくそわそわ。
早く行きたいけど行けなくてどきどきしながらやっと6日の金曜日に行ってまいりました。
…でもたどり着いたのは閉店30分前。
すごい勢いで手ぬぐいチェック。毎度のことながらマイ手ぬぐいで汗を拭きつつ。

なんとか数枚の手ぬぐいを選び出しました。
昨年は見なかった手ぬぐいが続々見つかって大興奮。
いまはもう作られてへんやろうなぁと思う観光地のお土産もの、この神社のんは売ってるものやろか?なにかの記念で作って配ったものかなと想像したり。
巡ったときにはすでになかった西国巡礼三十三ヶ所札所のもの。区切り打ちで続行中の四国遍路八十八ヶ所のもの。おっ!ここのお寺さん作ってんねや!とわかった関西各地のお寺さんのもの。
もちろん昭和の香り漂う各企業の記念品なども今年もてんこもりです。

選びに選んだ数枚の手ぬぐいの一部を紹介します。


image-20120708230250.png
第三十四回大阪さくら祭り 主催新大阪新聞社。全国民踊大会。
OBPのツインタワーに挟まれて大阪城が描かれているナイスな一枚!大阪城が描かれてる手ぬぐいには初めて出会いました。


image-20120708230814.png
東海道五十三次大尾 京都 広重。三条大橋ですわ!
お土産ものかなぁ、売られてるの見たことないねんけど、比較的新しそうです。綺麗でよろしいですなぁ〜。



image-20120708231024.png
昭和四十七年新春 三越。干支のねずみ年の絵が入っています。この手ぬぐいが作られて40年!!
百貨店さんはこうして記念手ぬぐい作ってるところ多かったんやろうなぁと想像いたします。
こういう文化を残してくれたらいいのにな、と切に願うところです。


image-20120708231051.png
みんな読んでるサンケイ新聞。
とにかくイラストが可愛い!この可愛さはイマドキの若者にも通ずるはず。
大好物の新聞社や銀行の手ぬぐいやっぱりええですなぁ。


image-20120708231106.png
片倉の肥料、片倉チッカリン株式会社。現在も現役の会社です(→http://www.chikkarin.co.jp/
お野菜の絵が可愛いですなぁ〜。肥料だけに農家さんに配ってはったんやと思うのですが、この手ぬぐいかぶっているおばあちゃんが畑にるのを見たらわたくしは嬉しくて泣くでしょう。


image-20120708231122.png
かぎりなく与えて求めぬ太陽を 己が心に学べもろ人。解脱会。
うわっものすごう右な手ぬぐいやでこれ!って興奮いたしました。が、調べてみましたら、宗教法人+剣道の道場のもののようです。剣道では手ぬぐいのことを面タオルと呼ぶそうですが、面タオルとして使ってはったものなのかなぁと思いました。
手ぬぐいに右も左も上も下?もないと思ってますが、こういうの熱くて好きです。


iphone/image-20120708234216.png

iphone/image-20120708234237.png

iphone/image-20120708234254.png

iphone/image-20120708234312.png

iphone/image-20120708234334.png

そんなこんなで楽しませてもらった今年の「日本の手ぬぐいあんなんこんなん展」。
時間がなくてゆっくりチェックできていませんのでもう一回行こうかなと思っています。

古い手ぬぐいって本当に魅力的です。
日本が誇る庶民の文化、古手ぬぐいの世界にどっぷりはまりに行きませんか?

今年もありがとう!!ひじり屋さん。


大きな地図で見る

兵庫県西宮市上大市1丁目8−16 古物商ひじり屋→http://www.hijiriya.com/

今年は7月15日(日)まで開催とのことです。


過去の開催の模様を紹介している記事はコチラです↓

vol.4(2011年)→「ひじり屋」古布に遊ぶ〜日本の手ぬぐい・あんなんこんなん展vol.4 2011
vol.3(2010年)→古布に遊ぶ〜日本の手ぬぐい・あんなんこんなん展2010
vol.2(2009年)→「古布に遊ぶ」-日本の手ぬぐい あんなんこんなん展-
vol.1(2008年)→古手拭いとの出会い



<古手ぬぐい展のご案内>


にほんブログ村 旅行ブログ 名物・お土産へにほんブログ村 コレクションブログ その他珍しいコレクションへにほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ


posted by なこんぶ at 23:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 記念・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。